あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 01:57
台風一過、こちらも見えて..
by kem2017 at 04:06
> にゃあさん い..
by supernova1987a at 02:36
備えあれば憂いなしですね..
by にゃあ at 01:43
> オヤジさん 玉..
by supernova1987a at 23:28
四国は、オンコースでした..
by オヤジ at 23:19
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:47
> オヤジさん ホ..
by supernova1987a at 23:43
> にゃあさん プ..
by supernova1987a at 23:41
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:23
以前の記事
お気に入りブログ

少し真面目に画像処理

★先日の大失敗写真を・・・

カメラの取り違いという大失敗でボツりかけた写真ですが、もったいないので少し真面目に処理してみました。

★いつもは、たいてい・・・

本来必須のダークフレームを無精して取得していませんでした。
ちなみに、ダークフレームとは、
こんなヤツ↓ですね。
f0346040_00444515.jpg
 ※ニコンD5000 ISO1600 30秒露光 8枚コンポジット トーンカーブ持ち上げ 等倍切り出し

この画面に点在する赤や緑の点々がいわゆる「ホットピクセル」とか「ダークノイズ」と言われるもので、高感度で長時間露光すると、たいてい画面に現れるとてもウザいヤツなのです。
特に天体写真や蛍の撮影でこの点々が出ると非常にやっかいです。

ニコンのカメラの場合は、これを除去する方法が、
 ①撮影時に「長秒時ノイズリダクション」を有効にする
 ②RAW現像時にNX2の「アストロノイズリダクション」を有効にする
 ③別途ダークノイズのみを撮影しておき現像時に減算する
の3つありまして、それぞれ一長一短があります。

ま、一般的には①でしょうが、1コマ露光が終わった後にカメラが自動でークフレームを撮影しますので、どうしても撮影時間が倍かかってしまいます。
(例)30秒露出開始→露出終了→ダーク取得開始→ダーク取得終了(露出と同時間)→カメラが自動でダーク減算→撮影完了
また、過剰なダーク減算により、黒いノイズが残る場合もあります。

本来、天体写真家は③を用いるべきで、被写体とは別に撮影したダークノイズ画像(ダークフレーム)を用意しておき、後から現像時に(正確にはベイヤー配列データをデモザイクする前に)減算させてノイズを消します。

・・・・でも、不精者のあぷらなーとは、(効果は万全ではないものの)クリック一発でたいていのノイズを消してくれる②を多用していました。
とにかくお手軽なのが魅力です。

★今回は「超」悪条件だったので・・・

めずらしくダークフレームを撮影しておいたので、真面目にダーク減算してみることにします。
いえ、別段特別な準備が必要なわけではありません。望遠鏡にふたをしたままシャッターを切っておしまいです。

ステライメージでの画像処理の手順は下記の通り♪

①撮影データ(RAW)とダークフレーム(RAW)を用意します
②ダークフレームをベイヤーデータのまま加算平均コンポジットします
③コンポジットしたダークフレームをベイヤーデータのまま保存します。
④撮影データをベイヤーデータのまま読み込みダークフレームを減算します。
⑤ダーク減算後の撮影データをデモザイク処理でRGB画像に変換します。
⑥変換した画像を保存します。
⑦撮影したデータ全てのコマに④~⑥を施します。
⑧⑦まで処理した画像を加算平均コンポジットします。
⑨レベル・トーンなどを修正します。
⑩だめ押しで、画像をLとRGBに分解し、LRGB再合成します。

★PCと5時間格闘の末・・・

うんうん唸りながら40コマの撮影データに画像処理を施しました。
88コマあるんですが、目が痛くなってきたので挫折。

元データはこんな感じ
f0346040_01273646.jpg
ただでさえカメラを間違えたので感度低い上に、月の明かりとノイズにまみれて、もう悲惨なことに・・・(涙)
「創造の柱」付近をトリミングしてトーン修正しても、この程度↓が限界
f0346040_01295151.jpg
これを真面目に画像処理してみると・・・
f0346040_01303284.jpg
・・・すばらしい。
悪条件の割には良い感じです♪
全体像は、こんな感じになりました。
f0346040_01344617.jpg
 ※ニコンD5000(無改造)+ビクセンVMC260L+レデューサVM+LPS-P2フィルタ
  K-ASTEC改造ニューアトラクス ノータッチガイド ISO3200・30秒露光×40コマコンポジット ダークフレーム減算処理あり

★・・・ああ、もしも・・・

やっぱ、真面目に処理するときれいになりますね(当たり前か・・・)
こうなると、これが、もし
 ・ちゃんとIR改造の方のD5000で
 ・ちゃんと月明かりが無い日で
 ・ちゃんと空が暗いところに遠征していて
 ・ちゃんとオートガイドして
 ・ちゃんと極軸も慎重にセットして
 ・ちゃんとバーティノフマスク使ってピント合わせて
 ・さらにライトフレーム処理もしてたら・・・・・
どんなにスゴイ画像が撮れたんだろう?!
・・・などと、妄想しちゃいます。

5月中旬から練習再開した某校応援部(なぜか私が専属コーチ(汗))のおかげで2週間で8kgほど痩せて筋力も戻ってきたことだし・・・・・。
とりあえず、遠征時に備えて体力強化しておきます。

なにしろ、アトラクスとVMC260Lは総重量約60kgの重量級望遠鏡。
油断すると運搬中にケガしますので(笑)



by supernova1987a | 2015-06-06 07:37 | 天体写真 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ニコンデジタル一眼ノイズ比較① せっかくの晴天下、致命的ミス(涙)② >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク