あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> Gさん おお!SI..
by supernova1987a at 10:10
ありがとうございました。..
by G at 09:23
> にゃあさん 先..
by supernova1987a at 00:49
> らっぱさん は..
by supernova1987a at 00:39
> にゃあさん 焦..
by supernova1987a at 00:32
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:23
何気に読み過ごしたのです..
by にゃあ at 09:07
>焦点内外像がちゃんと「..
by らっぱ at 18:50
焦点内外像って、どこで言..
by にゃあ at 17:46
> あの・・・み、皆さん..
by kem2017 at 17:25
以前の記事
お気に入りブログ

短露光コンポジットの効果

某高校の応援部指導のお仕事が再開して1ヶ月半が経過しました。
筋力付けるために肉とか食いまくってますが・・・10kg痩せました。
この調子だとあと3~4kg痩せるかなあ?(笑)
ちなみに昨日は、部員達と一緒に基礎トレと各種マーチ類(応援曲の振り付け練習)やったあと、
部員達が帰った後に、おっさん1人グラウンドに残って45分ほど寂しく自主トレ(涙)
腕立てや空気椅子めいたものをしっかりやって、250mを1~1分半程度のペースで4周ほど走って、型の練習とストレッチ。
現役時代とは比較にならないほど「貧弱な」メニューが、実に苦しい・・・。
ま、いずれにしても、コーチが居残りトレーニングしてる姿は、部員達には見せられませんなー。

・・・・さて、
梅雨まっただ中ですねぇ。晴れませんねぇ
少し晴れ間が出たと思ったら月が明るすぎますねぇ

★天体写真が撮れないときは・・・
少し画像処理の練習をしておきましょうかねぇ。
いえ、定期的に画像処理をしておかないと
どうも『勘』が鈍ってしまうものでして・・・。

★ここ半年の成果は
K-ASTEC改造ニューアトラクス+ビクセンVMC260L直焦点+IR改造ニコンD5000+LPS-P2光害カットフィルタ
の4点セットでの撮影の場合、
市街地で多少の月明かりがあっても、「メジャーな星雲星団なら」オートガイダ無しのノータッチガイドによる短露光コンポジットで「なんとかなりそう」ということ。

そこで、もう一度5月8日に撮影したM27亜鈴状星雲で画像処理の総復習をしてみました。
そろそろ画像処理のワークフロー(レシピ)を固定化したいなあ・・・などと画策しているので。

★今回の「素材」は・・・
IR改造D5000で撮影したM27で
ISO1600の15秒露光24枚と30秒露光52枚です。
真面目にダークフレーム減算して、コンポジットの効果を見てみましょう。

まず30秒露光1枚の元データはこんな感じです。
f0346040_01372883.jpg
ニコンD5000(IR改造)+ビクセンVMC260L直焦点(レデューサなし)+K-ASTEC改造ニューアトラクス+LPS-P2フィルタ
ISO1600 30秒露光 ノータッチガイド ステライメージ6.5でダークフレーム減算+レベル調整

これを、2枚→4枚→8枚→16枚→32枚→64枚とコンポジット枚数を増やして効果を見てみます。
※厳密には追尾ミスなく撮れた30秒露光コマは52枚しかなかったので、15秒露光×24コマのデータを30秒露光×12コマの代用としました。

f0346040_01445457.jpg
※それぞれ所定の枚数の画像データをステライメージ6.5で加算平均コンポジット
(64枚相当は、正確には30秒×52コマ+15秒×24コマの76枚コンポジット)

はじめノイズでボロボロだった画像が、コンポジット枚数を倍々にしていくごとに、どんどん滑らかになっていきます。(理論上はコンポジット枚数をN倍にするとS/N比が√N倍に改善されます。64コマコンポジットならS/N比が8倍良くなると言うことですね♪)
実際には極軸セッティングのズレに起因する追尾エラーと赤道儀のピリオディックモーションに起因する追尾エラーが盛大に発生しているのですが、コンポジット処理中に位置あわせをすることで回避できています。

★64コマ相当コンポジット画像をさらに調整すると
f0346040_01510103.jpg
各色ごとのレベルなどを調整して背景をニュートラルグレーにした後、RGB画像とL画像に分離。
L画像に対して、ごく軽くウエーブレット処理を加えた後にLRGB合成して、できあがり♪

さすがに64コマ(実際は76コマ)のコンポジットは手作業では苦しいので、ステライメージに位置あわせをやらせました。
そのため若干のズレが生じましたが、まあ許容範囲でしょう。
これで、もしも32分間の露光をしたのと同等の画像なのだとしたら、オートガイダ使った一発撮りよりも楽「かも」しれませんね。
(撮影時の追尾エラーリスクを画像処理時の使用コマ選択作業で回避できるという点で)

実は、コネクタが「もげ」てしまったST-iオートガイダの代用品をすでに入手しちゃったのですが、
なんだか予想以上に短露光のコンポジットが良い感じなので、まだ一度も実戦投入していません。
はい。単に面倒くさいだけなのですが・・・・ね(笑)。

赤道儀の追尾エラーで苦労している方、たまにはこんな「ずぼら」な撮影法はいかがですか??


by supernova1987a | 2015-06-30 06:20 | 天体写真 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ミニボーグ用鏡筒刷新 塩江のホタル② >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク