あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:18
子供の科学は読んでなかっ..
by kem2017 at 16:39
> オヤジさん オヤジ..
by supernova1987a at 07:38
あぷらなーとさんも、子供..
by オヤジ at 06:19
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:59
藤井旭先生の「星雲星団ガ..
by kem2017 at 21:40
> にゃあさん 設..
by supernova1987a at 02:22
> HIROPONさん ..
by supernova1987a at 23:13
もっと気軽に遊べるソフト..
by にゃあ at 23:01
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 22:58
以前の記事
お気に入りブログ

貴重な晴れ間!その①

連休が終わる前日のこと、GPV天気予報を見ていると、夜中に何度か雲が切れそうな気配!
天体写真撮影の大チャンス到来です!!

★もう、イヤと言うほど準備していたので・・・

晴れ間が出た方向によって、撮影対象は決めていました。

☆天頂付近が晴れたら、
 こぎつね座のM27亜鈴状星雲キメ打ちで、ISO3200の20秒露光の無限連写。

☆南天が晴れたら、
 みずがめ座のNGC7293らせん星雲キメ打ちで、ISO3200の20秒露光の無限連写。

いずれにしても、短時間勝負のハズなので、VMC260Lには純正レデューサを付け、K-ASTEC改造アトラクスのノータッチガイド一本槍です。
ちなみに遠征する余裕はないので、香川の実家の庭から「お気軽」撮影です。

★8月14日の深夜24:00頃チャンス到来♪
f0346040_04391524.jpg
※ニコンD610+ニコン24-70mmF2.8-24mm域F3.2 ISO1600 20秒露光 固定撮影

肉眼ではどこに雲が出ていて、どこが晴れ間かよく分からないので、D610に24mmの固定撮影で『偵察』。
ちょうど天頂付近を境に、北半分だけが晴れていることが判明しました。

速攻でM27亜鈴状星雲のキメ打ちに取りかかります。

今回は、ノータッチガイドで短時間露光を繰り返し後から大量コンポジットという点ではいつもと同じ「ずぼら戦法」ですが、せめてピントだけは正確に合わせたかったので、珍しくバーティノフマスクを利用。いや、これ考えた人賢いですよね。ライブビューでこと座のベガをモニターしながらバーティノフマスクを使うと、楽勝。一瞬でピント位置が判明します♪

・・・それにしても、実家周辺の光害のひどさが分かる写真ですね。雲の色がいかにも街明かりを拾っているって感じです。天の川も見えそうにありません。

★いつもの大量コンポジット戦法に備えて連写開始

VMC260Lに純正レデューサを併用して、IR改造D5000のISO3200+20秒露光を無限連写します。

1枚の原画は、こんな感じです。
f0346040_04552696.jpg
※VMC260L+純正レデューサ+ニコンIR改造D5000+LPS-P2フィルタ併用 ISO3200 20秒露光 改造ニューアトラクスノータッチガイド

上の星座写真を見れば明らかなように、条件は良くないのですが、ここのところ、薄曇を通しての撮影だったり、月明かりの中での撮影だったりしていたので、こんな空の条件下でも、テンションが上がります。
100枚ほど連写して、そのうち、雲がかかっていないコマを75コマセレクト。
キャプチャNX2でアストロノイズリダクションをかけてJPEG化したファイルをステライメージ6.5で加算平均コンポジットしてみます。

★ステライメージでコンポジットします
f0346040_05014850.jpg
※上記データにて撮影した75コマをステライメージで加算平均コンポジットし、若干のトリミング

おお~♪ なかなか良い感じです。
よくみると、奇妙な黒い横長のノイズらしき物が多数写ってしまいましたが、まあ、よしとしましょう。
ダークファイルも撮影したので、暇ができたら、ベイヤーデータのままでダーク減算処理をすることにします。

シャープ処理や画像復元処理などは一切していないのですが、なかなかシャープな像が得られました。ネット上でも、VMC260Lを使っている人をほとんど見かけませんが、姉妹機のVMC200Lとは根本的に写真性能が異なるような印象を受けます。とにかく、ビクセンにしては珍しく(失礼♪)純正レデューサとの相性が抜群です。いまさらながら、良い鏡筒だと思います。

★★★以下続きます★★★



by supernova1987a | 2015-08-18 06:30 | 天体写真 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 貴重な晴れ間!その② 餅は餅屋?その③ >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク