あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:18
子供の科学は読んでなかっ..
by kem2017 at 16:39
> オヤジさん オヤジ..
by supernova1987a at 07:38
あぷらなーとさんも、子供..
by オヤジ at 06:19
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:59
藤井旭先生の「星雲星団ガ..
by kem2017 at 21:40
> にゃあさん 設..
by supernova1987a at 02:22
> HIROPONさん ..
by supernova1987a at 23:13
もっと気軽に遊べるソフト..
by にゃあ at 23:01
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 22:58
以前の記事
お気に入りブログ

遠征用の新機材①

★天文少年時代の夢は

高橋のFC-100、ビクセンのFL102S、ペンタックスの105EDHF・・・・
などなど、フローライトやEDレンズを使った10cm級のアポクロマート屈折望遠鏡を手に入れるのが夢でした。
・・・が、いずれも鏡筒だけで20~30万円と非常に高価だったので、手が出ませんでした。
同じ金額を投じれば大口径の反射望遠鏡が手に入るのですから、なおさらです。

★現在でも日本製は高価なのですが・・・

黎明期から普及が進むにつれて飛躍的に価格破壊が進む電子機器と異なり、基本的には古典的な設計が継承されている望遠鏡は時代が変わっても、そうそう安くはなってくれません。
ただし、海外製の望遠鏡は『異常に』安価なものもあり、大変気になっていたわけです。

★リスク覚悟で・・・

海外製の望遠鏡は大変安いものの性能のバラツキや外見上の仕上げの粗さなどが目立つという「噂」もあり、怖かったのですが、遠征用に手軽に持ち出せる機種が欲しかったので、意を決して入手しました。

f0346040_19051369.jpg
笠井トレーディングさんで扱っている、CAPRI-102EDの特別仕様機です。
口径102mm・F7の2枚玉EDアポクロマートです。
立派なアルミケースや鏡筒バンド、アリ型レールなどが付属していることを考えると、日本製よりもかなり格安と言えます。
f0346040_19125876.jpg
さすがに10cmの対物レンズは大きいですね。見ていると吸い込まれそうです。
幸いレンズにキズやコーティングむらは見られませんでした。まずは一安心。

f0346040_20251764.jpg
標準でついているクレイフォード接眼部は使いにくそうだったので、DXマイクロフォーカス接眼部装備の特別仕様機にしました。
この接眼部は、2インチアイピースアダプタを外すと、なんとM57メスネジが現れるがミソでして・・・・

f0346040_20302849.jpg
・・・そう! BORGの各種パーツが全て使えてしまうのです!
延長筒も!回転装置も!レデューサも!フラットナーも!ヘリコイドも!
・・・・すばらしい♪

思ったよりも鏡筒の造りがしっかりとしていて、レンズの状態も良かったので、
f0346040_20373061.jpg
鏡筒と接眼部の境目が「刃こぼれしたみたい」にガタガタになっていたり、キャリングケースの取っ手がグラグラしているのもご愛敬♪。
また鏡筒に数センチのキズ状のものがありましたが、丹念に拭き取ると消えました。キズではなくしつこい汚れだったようです。

このあたりは(双眼装置の購入の時にも書きましたが)神経質になってはいけないところですね。笠井トレーディングさんのHPにも明記されていることですし、日本製よりも安いんですから(笑)。

★期待のマイクロフォーカス接眼部はどうだ??

実はこれまで、手持ちの接眼部はラックピニオンとヘリコイドばっかりで、クレイフォード系の接眼部には全く縁がありませんでした。
・・・ギア無しのフリクションで支えているイメージがあって、なんかスリップしそうですもん。
今回がクレイフォードの初挑戦。ドキドキしながら操作してみました。

・・・んん?・・なんだ、こりゃ?

粗動ハンドルがスムーズに回せません!なんというか、動き始めに何とも言えないイヤな重さがあって、そのあと急に軽くなったかと思うと、今後は止めるときに変な抵抗がかかる感触・・・・そう、まるで中にフライホイールが入っているのではないかと思うほど「慣性モーメント」を感じるのです。

・・・これは使い物にならないか?

ところが、ショックを受けたのもつかの間、微動ハンドルを操作した途端に印象が変わりました。

・・・・軽っ!!むちゃくちゃスムーズ!!

これが俗に言う「フェザータッチ」というものでしょうか? ガタなど全くなく、とてもスムーズにピント合わせができます。
とても良い感じです。

・・・・ああ、なるほど!
先ほどの感触は、大ギアと小ギアがかみ合っているときに大ギアを回して小ギアを高速回転させるときの感触に似ていました。
おそらく微動ハンドルと粗動ハンドルを接続する減速ギアの挙動だったわけですね。

★その他、問題点など

EQ6PROにプレートを積み、その上にCAPRIを載せて動作チェックをしてみました。

 ①微動は非常に使いやすいが、粗動の感触は最悪
 ②接眼部のピント固定ネジを締めると傾く
 ③付属のアリ型プレートをビクセンのアリミゾ台座に接続すると、少しの振動で鏡筒がグラグラする。

ちょっと触って判明した問題点は、上記の3点くらいですね。
 ①については、微動が非常に優秀なので我慢できますし、粗動用にヘリコイドをかます手もありますので問題なし♪
 ③については、手持ちのロスマンディ規格の中型アリ型プレートとアリ溝台座に交換するとピタリと治りました。解決♪
 ②については・・・・どうしようかなあ?なんかスケアリングとか狂いそうだなあ・・・。

総じて「ある程度分かっている人」向きの機種であって、初心者さんにはお勧めできないですね、色んな意味で・・・。
あ、初心者の方は、いきなり10cmアポとか買わないか・・・(笑)

★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2015-09-15 06:29 | 天体望遠鏡 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 遠征用の新兵器② 最近の検索ワードと雑感 >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク