あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
レンズもないカメラを映画..
by にゃあ at 11:07
> オヤジさん 本..
by supernova1987a at 10:34
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 10:20
難しーぃ! 知ってたの..
by オヤジ at 06:24
実験もスゴいけど、D50..
by kem2017 at 04:43
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 01:57
台風一過、こちらも見えて..
by kem2017 at 04:06
> にゃあさん い..
by supernova1987a at 02:36
備えあれば憂いなしですね..
by にゃあ at 01:43
> オヤジさん 玉..
by supernova1987a at 23:28
以前の記事
お気に入りブログ

遠征用の新兵器③

★条件は悪いですが

なんとか晴れ間が見えてきたので、2~3等星しか見えない上に薄雲がかかっていますが、「新兵器」CAPRI102EDのファーストライトを行いました♪
f0346040_20251764.jpg

★素のCAPRI102ED

補正レンズ無しの直焦点では、主として像面湾曲のために像が乱れるのは承知の上で、APS-Cでどの程度の流れなのかをテスト撮影してみました。写野は、はくちょう座のデネブ周辺です。撮影は「いつもの」IR改造ニコンD5000とLPS-V2フィルタを併用して、ISO3200でアトラクスのノータッチガイド20秒一発撮りで行いました。
f0346040_04385863.jpg
おおっ?
思ったより良い像ですね。うるさいことを言わなければ、このままでもいけそうな感じです。
周辺四隅の像の流れが分かるように、上記の画像に四隅のピクセル等倍トリミング画像を貼り付けてみましょう。
f0346040_04443390.jpg
ああ、さすがに周辺部は流れていますね。でも比較的素直な流れ方です。像面湾曲の典型といった印象ですね。

★笠井0.8倍汎用レデューサ

本命の笠井ED屈折用0.8×汎用レデューサを試してみます。

f0346040_04471929.jpg
レデューサの効果で、写野が広くなるとともに像も明るくなりました。
周辺部はどうでしょう?

f0346040_04483484.jpg
うーん。微妙ですねえ。素の直焦点よりは流れが改善されているように感じますが、まだ不十分です。
それになんとなく対角方向に対して非対称の流れが生じているのが気にかかります。スケアリングが狂っている可能性もありますね。

★笠井0.6倍汎用レデューサ

フルサイズでは周辺減光がひどすぎて使えなかった0.6倍レデューサですが、APS-Cではどうでしょうか?

f0346040_04515222.jpg
あ!意外に「まとも」な像ですね。それに、さすがは0.6倍。すごく明るく写ります。
f0346040_04532471.jpg
周辺部は、0.8倍レデューサの時とは逆に、対角方向ではなく円周方向への像の流れが出てしまいました。

★笠井汎用フラットナー

「大本命」のED屈折用汎用フラットナーをテストしてみましょう。

f0346040_04580907.jpg
結構良い感じです。周辺部を拡大してみます。

f0346040_04590593.jpg
おお!
ほぼパーフェクトですね。周辺まで星像が丸くなっています。カプリは10cmのF7アポですから、おそらくフラットナーの想定スペックに近いのでしょうね。

・・・・・でも、1点だけ非常に残念な現象が・・・・

1枚目の画像を見ても分かるように、
f0346040_05043460.jpg
輝星のそばに、かなり明瞭な緑色のゴーストが発生してしまうのです。補正性能が良いだけに惜しいです。

★BORG1.08倍マルチフラットナー

例の『高いヤツ』です。補正レンズをスライドさせることができますので、カプリに合わせて700mm用の指標にセットして撮影してみました。

f0346040_05094408.jpg
レンズ位置を調整すればもっと像を追い込めそうですが、とても良好な像だと思います。

f0346040_05111052.jpg
変なゴーストも発生していません。さすがですねえ。

★BORG0.85倍レデューサ

ミニBORGなどに使うと抜群の補正性能を誇るBORGのAPS-C用レデューサですが・・・・

f0346040_05133074.jpg
一見良さそうに見えて、周辺部が流れすぎです。

f0346040_05142042.jpg
やはり、BORGに最適化されているのでしょうね。

はあ・・・それにしても短時間のうちに各種補正レンズを「取っ替え引っ替え」しての比較撮影は疲れました。
マイクロフォーカス接眼部のスムーズな動作に救われた感じです。やっぱ、この接眼部良いですね。
「あの問題」を除けば・・・・・。

 ★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2015-09-17 06:30 | 天体望遠鏡 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 遠征用の新兵器④ 遠征用の新兵器② >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク