あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
大事にならず良かったです..
by G at 16:36
> にゃあさん え..
by supernova1987a at 09:14
> オヤジさん 光..
by supernova1987a at 09:09
これがスプリッターの実力..
by にゃあ at 01:30
凄いですね! 撮影時間..
by オヤジ at 00:11
> けむけむさん ..
by supernova1987a at 22:04
星雲撮影おめでとうござい..
by けむけむ at 17:47
> Gさん 「su..
by supernova1987a at 14:11
> にゃあさん 不..
by supernova1987a at 14:05
> オヤジさん ほ..
by supernova1987a at 14:00
以前の記事
お気に入りブログ

月に始まり月に終わる?

★生まれて初めて撮った天体写真は・・・
 記憶が確かなら、小学5年生の頃、C35EF(いわゆるピッカリコニカ)でミザールのメシエデラックス型6cm屈折望遠鏡を覗かせて撮影した三日月の写真が、生まれて初めて撮った天体写真でした。いわゆるコリメート撮影法ですね。
ちなみに「かろうじて」クレーターも写っていて、理科好きの友人達に大いに自慢したものです。
 それから中学高校とミザールのアルテア15(15cmF10カタディオプトリックカセグレン)で月面を色々撮影するものの、なかなかシャープには写せませんでした。シャッターショックによるブレを除くために、大きな黒塗りウチワで『手動シャッター』を行ったり、学校の暗室にこもって引き延ばし機で『手動コンポジット』したり、とにかく色々やりましたが難儀しました。

★最大の敵は2つ・・・
 おそらく、月面写真が難しい理由は2つあると考えます。
 ①いわゆるシーイング(正確にはシンチレーションと透明度の総合評価がシーイングでしたっけ?)
  シーイングが悪いと、大気の揺らぎによって月面が『波打ち』ますので、どうがんばってもボヤけます。
 ②シャッターブレ(特に一眼レフの場合は、ミラーショックの影響が大きい)
  たとえミラーアップしたとしても、若干のショックは残り月面がブレます

★デジタル化が解決の道?
 ①レジスタックスに代表される画像処理ソフトで、シーイングの影響を軽減できます。
 ②電子シャッター搭載のデジカメなら、理論上シャッターショックは皆無です。
・・・ベテランの方々には「当たり前」の事なのでしょうが、私の場合非常にブランクが長かったので、月面に関しては「完全にど素人」の状態に戻っています。それになりより頭が『時代』について行ってません。先日のガッサンデイもなんかスッキリしませんでしたしねぇ。

★予定を変更して「強行軍」
 GWは5連休(5/1~5/5)が取れたのですが、非情にも、夜晴れるのが4/30と5/1だけとの予報
 これはマズイ・・・ということで、4/30の仕事が終わってから強引に実家に移動し、その晩のうちに天体写真を撮ってみました。

 ・・・よし。今夜は「真面目に月面を撮ってみよう」というわけで、機材をセットし撮影開始。

まずは、ASI174MC-COOL230万画素をフルに使って動画を撮影し、画像処理してみます。
ターゲットは、ガッサンデイやグラビウスと並んで私が大好きなクレーター「コペルニクス」です。
f0346040_22465340.jpg

※ASI174MC-COOL+ビクセンVMC260L直焦点(撮像温度-12.5℃)フル解像度で撮影した30秒間の動画をレジスタックスでスタッキング+ウェーブレット処理。ステライメージで最大エントロピー法による画像復元処理。(トリミングあり)

おおっ!なかなか良い感じです♪

なんだ~。真面目にやればシーイング悪くてもボコボコ写るじゃないですか!
ZWOの冷却CMOSカメラ、素敵です♪

続いて、さらに解像度を高めるため、230万画素の中央部30万画素だけをクロップしてフレームレートを稼いでみます。
画素数が著しく低下する点はレジスタックスのDrizzle機能でまかないましょう。
さて、30万画素で動画を撮影してみると、なるほど1秒間に100コマ近い「ものすごいフレームレート」で撮像が進みます。
素の動画を再生してみると、まるで陽炎のように月面が揺らめいているのがリアルに見えます。眼視観測そのままの臨場感です。
さて、2300コマのデータから品質の良い約1000コマをスタックして、最大エントロピー画像復元やウエーブレット処理をかけてみます。
f0346040_22455371.jpg
うひゃー!すごいすごい♪

それにしても、変なノイズが出ることもなく、一発で最大エントロピー画像復元が走ると快感ですね。
さすがは1000コマコンポジット。画像が「恐ろしくなめらか」なので変な収束が起こりません。

なんか、一夜にして月面撮影が好きになってきちゃいました。
たった2回目のチャレンジでこれだけ写るのなら、楽しいですよねぇ♪

・・・ほんと、若かりし頃の苦労はいったい何だったんだろ(涙)。



by supernova1987a | 2016-05-02 23:08 | 天体写真 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< BORG89ED試し撮り GW間近なので・・・ >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク