あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:18
子供の科学は読んでなかっ..
by kem2017 at 16:39
> オヤジさん オヤジ..
by supernova1987a at 07:38
あぷらなーとさんも、子供..
by オヤジ at 06:19
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:59
藤井旭先生の「星雲星団ガ..
by kem2017 at 21:40
> にゃあさん 設..
by supernova1987a at 02:22
> HIROPONさん ..
by supernova1987a at 23:13
もっと気軽に遊べるソフト..
by にゃあ at 23:01
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 22:58
以前の記事
お気に入りブログ

晴れない夜は基本の復習①

★台風一過の秋空・・とはならず
今回の休日は曇りでした。新たなテスト撮影ができないので、基本に立ち返って色々勉強し直すことにします。
さて、ASI1600MC-COOLのノイズ特性は極めて優秀です。
・・・が、前愛機ASI174MC-COOLとどの程度違うのでしょうか。
実際の天体撮影画像で比較してみます。

条件(撮影日)が異なるので直接比較はできませんが、基本的データは次の通り

撮影月:ASI174MC-COOL:2016年5月 ASI1600MC-COOL:2016年8月
望遠鏡:VMC260L+レデューサVMC+LPS-P2 (両者共通)
冷却温度:ASI174MC-COOL:-15℃ ASI1600MC-COOL:-10℃
ゲイン:ASI174MC-COOL:300 ASI1600MC-COOL:400
露出:15秒 (両者共通)
撮影対象:亜鈴状星雲M27(両者共通)
画像処理:レベル調整のみ(ダーク減算も無し)


★ASI174MC-COOLの撮って出し(ノートリ)
f0346040_23252376.jpg
いや、これでも驚異的な写りだと思うんですよ。市街地ニワトリのたった15秒で・・・。
冷却の威力でホットピクセルはほとんど消滅しているのも特筆すべき点です。
ただ残念なことに、画面全体に見られる強烈な『横しまノイズ』と画面右下の盛大なアンプノイズが痛いですね。
また、メーカーサイトの分光特性資料から予測していたことですが、緑に対して赤の感度が低いのが分かります。

★ASI1600MC-COOLの撮って出し(ノートリ)
f0346040_23344439.jpg
対して、ASI1600MC-COOLだと撮って出しでコレです!
ホットピクセル無し・シマシマノイズ無し・アンプノイズ無しの三拍子が揃っています。画素数とかフォーマットが云々以前に基本的な性能が雲泥の差。
しかも、明らかにHα線に対する感度がASI174MC-COOLよりも(緑に対して相対的に)高く感じます。

★ASI174MC-COOLの撮って出し(トリミング)
f0346040_23391719.jpg
中央部をピクセル等倍で切り出した物です。中心星の青い色や星雲内の色の変化など良く写っていますが、ノイズが・・・。


★ASI1600MC-COOLの撮って出し(トリミング+縮小)
f0346040_23393786.jpg
ピクセルサイズが174と異なりますので画像を縮小して切り出した物です。
色特性としては、ちょうどIR改造のD5000と似たような感じでしょうか。とにかく赤い星雲が良く出ます。
変なノイズが一切無いところも素敵です。

★それでも・・・・・
このようにASI1600MC-COOLは驚異的に低ノイズなのですが、それでも淡い天体を炙り出そうとすると、嫌なシマシマノイズが出ます。
・・・というか、出ないカメラってあるのか?というのが正直なところなのですが、とにかく何か工夫がしたいところですね。
試行錯誤するための準備として、今一度ベイヤーデータについて考えてみることにします。
・・・ううむ。色んな原理の理解のため、13年ぶりにEXCELのVBAコード触ってみることにします。
ああ、丸10年以上コーディング(プログラミング)から遠ざかっていたので、もう何も覚えていないでしょうね・・・・。少しは復習しておくんだった。




by supernova1987a | 2016-09-06 01:48 | 天体写真 | Comments(2)
Commented by けむけむ at 2016-09-06 03:14 x
なぬぬ。ベイヤーをExcelVBAで開いちゃいますか。
ベイヤーってどんな構造かのかも知りませんが、ちょっと興味ありのすけです。
どう考えてもバイナリですよねぇ... Fitsヘッダとかもあるんだろうなぁ... バリナリダンプする気力もないので静観させて頂きます (^o^;
Commented by supernova1987a at 2016-09-06 04:42
> けむけむさん
ええと。たぶん、当分「凄いこと」はできません。まずはEXCELで通常画像をベイヤーデータに変換するということから開始です。やりたいことは遙か彼方ですが、まずはリハビリがてらVBAで遊んでみます。
名前
URL
削除用パスワード
<< 晴れない夜は基本の復習② 満天の星空目指してリベンジ③ >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク