あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> Gさん おお!SI..
by supernova1987a at 10:10
ありがとうございました。..
by G at 09:23
> にゃあさん 先..
by supernova1987a at 00:49
> らっぱさん は..
by supernova1987a at 00:39
> にゃあさん 焦..
by supernova1987a at 00:32
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:23
何気に読み過ごしたのです..
by にゃあ at 09:07
>焦点内外像がちゃんと「..
by らっぱ at 18:50
焦点内外像って、どこで言..
by にゃあ at 17:46
> あの・・・み、皆さん..
by kem2017 at 17:25
以前の記事
お気に入りブログ

ASI1600MM-COOLのファーストライト②

★昨日の撮影素材を少し整理

ASI1600MM-COOLのファーストライトがようやく成功したので、素材を少し画像処理しました。
※8/31の撮影から110日のブランクがあった上に、条件もよろしくなかったのであくまでテスト撮影ですが・・・。


★まずは、お馴染みオリオン座大星雲M42

VMC260L+レデューサ+LPS-P2+ASI1600MM-COOLを用いてノータッチガイドした
露光0.5秒×200、1秒×99、2秒×100、4秒×100、8秒×100
の合計599コマをコンポジットして得られたL画像に、
8/31にASI1600MC-COOLで撮影したRGB画像を組み合わせてLRGB合成。

f0346040_12340896.jpg
できるだけストレートな描写を狙ったので、凄みはありませんが、とりあえずMMとMCのLRGB合成撮影法はマスターした・・・かな?


★月面はどうだ?

レデューサ付のVMC260LとASI1600MM-COOL(ROIあり)で16BitモノクロでSER動画保存したものをAutoStackert!でスタック後、ステライメージで最大エントロピー画像復元を加えてみました。

f0346040_12383488.jpg
良くないシーイングの割には、まずまずの画像が得られました。

さて、今後は本格運用を考えないといけませんねぇ。
・・・何を狙おうか・・・??


by supernova1987a | 2016-12-22 06:26 | 天体写真 | Comments(7)
Commented by けむけむ at 2016-12-22 09:12 x
さすが理論が分かってて技術がある人がイイモノを使うと、凄い事になるって見本ですね。鬼に金棒ですねぇ~
猫に小判、けむけむに冷却CMOSです...

微細構造を狙って、銀河や惑星状星雲に走って欲しいなぁ (^o^)
あ、彗星やります?何が写ってるか分かんない系 (^o^;
Commented by にゃあ at 2016-12-22 22:03 x
カメラが違っても望遠鏡が同じなら合体技ができるのでしたよね。モノクロとカラーで違う夜に撮った画像を合体するとは目から鱗でした。モノクロ画像が気になるのですが、やはりシャープなものだったですか?と暗におねだりしてみる(汗)
Commented by supernova1987a at 2016-12-22 23:53
> けむけむさん

ああ、おだてると木に登る質なので、ほどほどに。
え、す、彗星ですか?それも暗いヤツですか?
やりたいですけれど、まだ使い方検証が終わりそうにないので、当分先かも。
なんだか天体写真が趣味なのか機材のキャリブレーションが趣味なのか分かんなくなってきちゃいますが。
Commented by supernova1987a at 2016-12-23 00:04
> にゃあさん
どうやら同じ望遠鏡ってところがミソのようです。
あとは、撮影日が異なろうがカメラが異なろうが、上手く合成できます。
例えば透明度の高いところでモノクロ画像を撮りまくって、ほどほどの条件下でカラー撮影して合体とか、できそうです。

・・・で、MMのシャープさですが、誤解を恐れずに言うと、
MMの解像度が生きるシーイングの晩はほとんど無いかも?
ってところですね。先日のユラユラ電波塔の撮影でMMとMCとであまり差がなかったのと同様です。ただ画像処理が恐ろしくやりやすい事と、えらく短時間で写るなあということは事実です。
そのうち、真面目にまとめます。
Commented by にゃあ at 2016-12-23 01:54 x
電波塔の仮説どおりなのですね。ありがとうございます! レポート楽しみにしています!
Commented by らっぱ at 2016-12-23 18:22 x
>できるだけストレートな描写を狙ったので・・・・
ここが奇を衒ってするしか無い私との大違いですね(^^;)

後はけむけむさんのコメント通り・・・・(手抜き(^^;))

あぷらなーとさんが彗星に興味を持ったら光害地で良く写るフイルターの使用法を検証してください、色々探しても分からないので・・・<m(__)m>
Commented by supernova1987a at 2016-12-24 05:11
>らっぱさん
いえいえ。M42は容易に写る割には奥が深いので、撮る人によって色んな表現ができるところが面白いと思ってます。試行錯誤、楽しみましょう♪

彗星、おもしろそうなのでそのうち参戦するつもりですが、たしかに光害を軽減するのが難しそうですね。色々遊んでみたいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 明けましておめでとうございます ASI1600MM-COOLフ... >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク