あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kojiro-net..
by supernova1987a at 09:48
素晴らしい^nです。 ..
by kojiro-net5 at 08:49
> voyager_ca..
by supernova1987a at 08:00
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 07:25
> にゃあさん い..
by supernova1987a at 07:21
更なる新作霧箱完成おめで..
by voyager_camera at 06:41
台風でも楽しめる趣味です..
by kem2017 at 04:30
なんだか大学の実験室みた..
by にゃあ at 01:51
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 09:31
> voyager_ca..
by supernova1987a at 09:25
以前の記事
お気に入りブログ

ビームスプリッタで撮るオメガ星雲②

★ビームスプリッタで撮影したオメガ星雲は

前回の記事↓で、なんとかLRGB合成に成功したわけですが、


実はまだ未処理の画像があったので、全ての画像を投入して画像処理してみました。

f0346040_15483980.jpg
※前回紹介したように、自作『珍』パーツ:「LRGB同時露光用ビームスプリットシステム」をVMC260Lに装着して、ASI1600MM-COOLのL画像とASI1600MC-COOLのRGB画像を同時露光して、M17オメガ星雲を撮影しました。

撮影は全て、ゲイン400の露光15秒のFITSです。
市街地からのニワトリで、ダークもフラットもオートガイドも無しという超手抜き撮影です。
ただし、LPS-P2フィルタは用いています。また、MMもMCも-15度まで冷却しています。
光路長の関係で純正レデューサは使えないので、クローズアップレンズ利用による自作レデューサを併用しています。

ちなみに
「サチらない程度に露光を切り詰めた場合、そもそも段階露光は不要では?」
との持論の元、短時間露光の多数枚コンポジットにこだわってみました。
目指すのは「一見ナローバンドで多段階露光したかのよう」に見えて、実は何もしていないという画像です。
(べつに、そんなの目指す必要はないのだけれど・・・)

さて、MCで1コマ撮りだとこんな貧弱な画像ですが・・・・
f0346040_23383802.jpg
これ(MCの画像×247コマ MMの画像×275コマ)を下記のように調理してみます。

①:MMのFITS画像をステライメージ7でホットクールピクセル除去フィルタ処理
②:①をステライメージ7で2×2ソフトウェアビニング
③:②をステライメージ6で275枚加算平均コンポジット
④:MCのFITS画像をベイヤーデータのままステライメージ7でホットクール除去
⑤:④をデモザイク前にステライメージ7でビニングしてモノクロ画像にする
⑥:⑤をステライメージ6で247枚加算平均コンポジット
⑦:③と⑥をステライメージでさらに加重平均コンポジット
⑧:⑦の画像を3つに複製し
  A:ステライメージ6で最大エントロピー画像復元(3段階処理)
  B:レジスタックスでウェーブレット処理
  C:NikCollectionでHDR処理
 をそれぞれ行った後、ABCを加重平均コンポジットして「L画像」にする
⑨:⑧の画像にステライメージ6でスターシャープ処理
⑩:④をステライメージ7でデモザイクしてRGB画像にした後ビニングする
⑪:⑩をステライメージ6で247枚加算平均コンポジットして「RGB画像」にする
⑫:⑧のL画像と⑪のRGB画像それぞれについて、ステライメージ6でレベル調整とデジタル現像を行う
⑬:ステライメージ6で⑫をLRGB合成し、Lab色彩調整等々を行う
⑭:シルキーピクスで色調とトーンを微調整

ちなみに、ADCを12bitで駆動したASI1600の画像を、今回のように後から2×2ソフトウェアビニングして、さらに522枚コンポジットすると、
原理的には、
 12+log2(4*522)
 =約23bitのカメラ
 15×582/2
 =4365秒露光することに相当すると解釈しています。
(露出を2で割ったのはビームスプリッタで光を1/2に分割しているから)

これだけ奇妙な処理を施しておきながら、ダーク減算もフラット補正もしないという天邪鬼ぶりが「イタい」ですが、ネタ的には面白いですね・・・・


・・・・すると・・・



・・・ででん!!

f0346040_02403921.jpg
おお! とても良い感じです♪

これなら、まさかニワトリでの15秒露光には見えないでしょう??

と言うわけで、ニワトリでこの程度の画像を得るなら、
 ダークもフラットもオートガイドも段階露光もナローバンドもディザリングも要らない
「かもね」などという、不精者にはありがたい結果が得られました。

・・・あー。しかし、疲れた。

今度時間があるときに、ダークを撮影したら再処理しなきゃ・・・ねぇ。



by supernova1987a | 2017-04-28 06:31 | 天体写真 | Comments(8)
Commented by オヤジ at 2017-04-28 18:45 x
あぷらなーとさんのblogは、何時も驚きの連続です。(笑)
凄いです。!
ちょいと、レベルは下がりますが、L画像+カラー画像、やってみたい気もします。
フィルター交換じゃなくて、カメラをアプリで交換出来るようになればやりたいです。(爆)
ビームスプリッターは、全然、無理無理ですが、ASI1600MM-CoolかASI071MM-Cool(品物が無いか?)が必要になりますけど面白そうですね。
暇人オヤジ、世は大型連休とか、オヤジなんか365連休です。(笑)
Commented by kem2017 at 2017-04-28 19:43
Gain400のザ~ラザラも、数の暴力で合成しちゃうと綺麗ですねぇ (^o^;
IR Pass で撮影すると、すげー暗くなるので、Gain400くらいで撮ってみようかなぁ
Commented by supernova1987a at 2017-04-28 23:56
> オヤジさん

他人と違った事ばかりしてますのでネタ的には面白いと自画自賛してますが、あくまで「亜流」であって、あんまり参考にはならないかも(汗)。

ようやく大型連休に突入しましたので、さらに色々と怪しげなネタを集めてみます♪
Commented by supernova1987a at 2017-04-29 00:04
> kem2017さん

まさに数の暴力は無敵ですね。
なんかコンポジット枚数が400を越えたあたりから、ファイル形式やゲインによる差異が無くなっちゃうように感じてます。

さて、大型連休中に久々の遠征を試みて「ビームスプリッター」を本格運用したいものです♪
Commented by G at 2017-04-29 08:57 x
これはまた、何ですか!街中15秒でこの出来とは。しかも超複雑な処理プロセス、あぷらなーとさんの前ではもう舌を巻いてとっとと逃げるしかありません。
Commented by kojiro-net5 at 2017-04-29 09:51
数の暴力^^v
淡い部分を出すならともかく、高輝度のDSOの細部に主眼をおく場合はこのメソッド有効ですね^^
Commented by supernova1987a at 2017-04-29 18:17
> Gさん

ほんとは、もっと単純な処理でスゴイのが写るかと期待をしていたのですが、現実はなかなかキビしくて、かなりの時間を試行錯誤に費やしてしまいました。空の綺麗なところで撮影すれば、もっと楽に写せるかも知れません。
あ、「その前にダーク減算くらい真面目にやれ」と言われちゃいそうですが・・・。
Commented by supernova1987a at 2017-04-29 18:19
> kojiro-net5さん

そうですね。高輝度部分は露光を欲張ってサチってしまったら一巻の終わりですものね。
もちろん、長時間露光に勝てるとは思ってはいませんが、精密にガイドするのは難儀なもので・・・・。
ともあれ、連休中にはもうすこし「真面目に」撮影してみたいものです。
名前
URL
削除用パスワード
<< ビームスプリッタ効果検証ごっこ ビームスプリットシステムで撮る... >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク