あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> Gさん おお!SI..
by supernova1987a at 10:10
ありがとうございました。..
by G at 09:23
> にゃあさん 先..
by supernova1987a at 00:49
> らっぱさん は..
by supernova1987a at 00:39
> にゃあさん 焦..
by supernova1987a at 00:32
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:23
何気に読み過ごしたのです..
by にゃあ at 09:07
>焦点内外像がちゃんと「..
by らっぱ at 18:50
焦点内外像って、どこで言..
by にゃあ at 17:46
> あの・・・み、皆さん..
by kem2017 at 17:25
以前の記事
お気に入りブログ

食わず嫌いの(?)カラフルタウン

★「みんな大好きカラフルタウン」とはいうものの

小学5年生のころから天体観測を初めてウン十年。
その間、何度か完全に天文から離れる時期もありましたが、3年前からまた天文に復帰。
しかし、まあここ10数年の間に天体写真も様変わりしました。フィルムメインから冷却CCDメインに移行した後、今はデジタル一眼全盛ですものね。(もちろん冷却CMOSも流行っていますが)

ところで、近年の天体写真で驚いたことが3つあります。

 A:惑星は動画で撮って大量スタック+レジスタックス
 B:星景写真は短時間露光+比較明コンポジット
 C:星雲の写真は『分子雲』の描写が人気

どれもフィルム時代には考えられなかった概念を用いて驚異的な絵を写し出す名手の方が大勢いらっしゃいます。
だからこそ、昔天文少年だったおっさんの心を熱くするのですが・・・・。

そんな中、私がまだ『手を出していない』(出せない)のがCでして、特にさそり座付近のいわゆる「カラフルタウン」と言われる領域は、赤・青・黄の星雲とモクモクと伸びる暗黒星雲(今風にいうと分子雲)が「ウソだろ!」というくらい鮮明に撮られた作品を目にしてしまうと、やる気と言うよりは「こんなん、どう頑張っても無理やん!」と諦めてしまいがちでした。

恐らく、機材の良し悪し以前に、透明度抜群の観測地への遠征体力と数時間におよぶ露光を行う根気と最新の画像処理技術をフル動員しないと写りそうにもないと感じられるからです。


★先日の(悪条件下での)プチ遠征では・・・

久々に持ち出したスカイメモNSにD810A+ニコン85mmF1.4Dを載っけて、「カラフルタウン」なるものの片鱗でも捉えられればと目論んでいたのですが、あいにく透明度が悪く、意気消沈
画像処理する気力もなく、30秒露光×60コマのデータが死蔵されつつありました。

だって、『撮って出し』だと、こんなん↓ですもん。どう考えても無理っぽい。

f0346040_13054578.jpg
 ※D810A+ニコン85mmF1.4D ISO1600・F4・30秒露光 スカイメモNSノータッチガイド


★あいにく天候が回復しそうにないので

GWの7連休は「最低でも5回は遠征して素材をザクザク撮ってくるぞ」と目論んでいたものの、その後天候が回復せず、やることが無いので、しぶしぶ「画像処理の練習」をしてみることにしました。


①先ほどの「撮って出し」をトーン修正してみます。
f0346040_13100378.jpg
 ※左:撮って出し 右:修正後

ああ、なるほどねぇ。
たしかに「カラフルタウン」らしき領域が見えますね。強引に炙り出したのでD810Aでもノイズボロボロですが。


②60コマの画像をコンポジットしてみます

f0346040_13134341.jpg
 ※左:1コマ画像 右:60コマコンポジット後

うんうん。ノイズは滑らかになりました。分子雲らしきモヤモヤも見えてきました。

・・・・と、ここまでは楽勝なのです。ステライメージ6.5なら恒星を位置合わせ基準にした加算平均コンポジットでもあっという間に完了ですので。また、レベル調整やデジタル現像も使い慣れているのでサクッと終わります。

ただ、これより先が未知の領域です。そもそもダークもフラットも撮ってませんし、「マスク処理」だって今までたった1度しか触ったことが無いんですよねぇ。しかし、『食わず嫌い』は良くないので・・・・


③マスク処理に一歩踏み込んでみます

f0346040_13220217.jpg
 左:マスク処理無し 右:マスク処理など諸々を実行後

この手の処理はど素人なので、正直、吐きそうなほど試行錯誤しました。①~②までの時間を1とすると③は20~30くらいかかりました(涙)。

周辺減光や周辺部の色むらが酷いことになっているので全体をお見せすることは出来ませんが、なるほど「マスク処理使わないと先に進めないわけだ」ということが納得できるくらいには「カラフルタウンらしきもの」が写せたと思います♪
たぶん、このあたりが今回の写真素材と現有の処理ツールの限界かなあ。これを超えるためには、「透明度の高い空」で「たっぷりと露光」して「レイヤー処理」に持ち込まないとダメなんでしょうねぇ。

しかし・・・これはまた先の長いお話だなぁ(ため息)


by supernova1987a | 2017-05-06 23:45 | 天体写真 | Comments(12)
Commented by kem2017 at 2017-05-07 07:49
モヤモヤしたものの処理は面倒臭そうですねぇ...
Commented by にゃあ at 2017-05-07 10:38 x
奇遇にも同じくカラフルタウンを処理していたのですが、まったくうまく行きませんでした。このエントリーを読んでたった今、膝を打ちました。星マスクですね?あぷらなーとさんのようにうまくいくか分かりませんが、マスクに挑戦してみます!
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 10:53
> kem2017さん

コレばかりは相当な修行が必要なようです。
元画像では視認できないレベルのみ濃淡を強調するわけですから、撮影現場では正否が不明ですものねぇ。新月期に撮れるだけガバガバ撮り貯めておき、満月期にジックリ調理ですかねぇ。
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 11:12
> にゃあさん

星マスク、ステライメージならば一発で作ってくれるので、色々と実験してみてください。やってることは「いったん星を消しておいて背景の濃淡を極端に強調し、最後に星を貼り付ける」ことに相当しますので、フラット補正がバシッとキマっていることは大前提だと感じました。
私は遠からずフォトショか何かのレイヤー処理を復活させるつもりです。私も昔はレイヤー処理だけでコンポジットやアンシャープマスクをしてた身ですので。
Commented by G at 2017-05-07 14:43 x
こんにちは。さすがですね。コンポジットした後のマスク処理
で随分浮かび上がってきているのではないでしょうか。
自分もこの付近撮って処理はしてみましたが、WEB上に挙げられ
た達人の画像を見るにつけ、皆さんどんな処理をされているの
かビギナーの自分には不思議で仕方ありません。
ただ自分もあぷらなーとさんと同じく、やはりフラットがちゃ
んと決まっていないと強調処理しても炙り出すのは無理だろう
なあと思っています。しかしこのフラット撮影がなかなか手強
いときているものですからハードル高し、です。

Commented by にゃあ at 2017-05-07 15:30 x
横からですが、Gさんが撮影されたカラフルタウン、本当にカラフルに色が出てますよ。素晴らしいです!私はあの色が出せずに四苦八苦しております。
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 17:09
> Gさん

いやいや、いつかはGさんのような『カラフルな』カラフルタウンを撮影してみたいと憧れている次第・・・・。しかし、そろそろ真面目にフラットの研究をしてみないといけませんね。なにしろ、当方いまだかつて一度もフラット補正をした経験が無いものでして・・・。
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 17:14
> にゃあさん

本当に、あの色には憧れますよねぇ。
さて、禁断のフォトショ(あの月額制のヤツ)とうとうポチってしまいました。昔、「LE」や「エレメンツ」ではレイヤー処理を頻繁にしていましたが、「本物」は初体験。はてさてレイヤー処理の『感覚』が蘇りますかどうか・・・・・。
Commented by G at 2017-05-07 18:45 x
にゃあさん>お褒めにあずかり恐縮です。あの時はまあ偶然そこそこ仕上がったのですが再び処理すると再現できずその辺がトウシロですよ。
あぷらなーとさん>あれ?今までPSCCお使いではなかったですか。てっきり使いこなしておられると思っていましたが。
これで弁慶に薙刀ですねぇ。
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 19:34
> Gさん

ははは。天文に完全復帰して3年間、お恥ずかしながらレイヤー処理は『封印』してました。
というわけで画像処理はもっぱらステライメージとシルキーピクスに頼っていましたが、そろそろレイヤー処理を再開したくて、本日PSCCを申し込みました♪
やりたいこと、山積みです。
Commented by にゃあ at 2017-05-07 20:10 x
あぷらなーとさん、いよいよぽちられましたか! まさに弁慶に薙刀ですね。私はレイヤーをまともに使いこなせてないのでにゃあには小判です……
Commented by supernova1987a at 2017-05-07 22:24
> にゃあさん

ようやく、「フォトショ使い」の仲間入りです。
少しいじってみましたが、微妙に『懐かしい』操作メニューでした。そういえば、シューメーカーレビー彗星が木星に衝突した時の写真は、大学の研究室でマック(クアドラ800)+フォトショップ3.0(だったと思う)で悪戦苦闘して画像処理していたような記憶があります。

恐らく使いこなせないほどの機能があるでしょうから、のんびり慣れていきます♪
名前
URL
削除用パスワード
<< 冷却CMOSカメラでミルククラ... ビームスプリットシステムの本領発揮? >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク