あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> にゃあさん 仕..
by supernova1987a at 13:18
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 13:16
こんにちは! ニワトリ..
by KEN at 11:56
やっぱり、これ手品ですよ..
by オヤジ at 06:26
でましたね、ビームスプリ..
by にゃあ at 19:19
素晴らしいM33! 実..
by kem2017 at 18:05
> 天文リフレクションズ..
by supernova1987a at 14:26
> にゃあさん 秤..
by supernova1987a at 14:14
いいがかりをつけてしまっ..
by 天文リフレクションズ編集部 at 18:57
あぷらなーとさん、計算で..
by にゃあ at 13:28
以前の記事
お気に入りブログ

『お仕事用』のプリンタが欲しかったので

開催が迫ってきた『本業』がらみの「実験教室」の資料作りのため、最近はミルククラウンの写真しか撮ってません(泣)
この1ヶ月で・・・・ええと・・・冷却CMOSカメラとデジタル一眼を合わせると、20万コマ以上は撮影したかと・・・・。
天文復帰への道はなかなか険しそうです。

・・・さて
★プリンタのインク代って辛くないですか?

 学生時代に愛用していたインクリボン熱転写式のカラープリンタ エプソンAP850 から始まって、B4インクジェット式のエプソンPM2000とか、マイクロドライ式のアルプスMD2300 とか、思えば色々とプリンタには手を出してきたのですが、近年は10年ほど前に購入したA3ノビサイズのインクジェット キャノンip9910ばかり使ってました。

 この機種、画質の良さはもちろんのこと、10年間でいまだ故障知らずということも驚異的な良いプリンタではあるのですが、いかんせんインク代が馬鹿になりません。純正インクなら1000円前後の(いわゆる7e式の)インクカートリッジが8本も必要な上に、定期的に(メンテナンスのために)インク吐出しているような気配もあって、頻繁にインクが無くなっちゃいます。
 さらにいけないことには、黒インクのカートリッジも他の色と同じ(小容量の)タイプなので、書類系の印刷させるとあっという間にインクが空になります。・・・ええ、この機種で書類印刷するのがナンセンスだというのは分かっちゃいるんですが、そろそろ、なんとかしようかと・・・。

★書類や資料の印刷に特化した機種として・・・

 最近のプリンタのスペックには疎いのですが、数年前に海外のみで発売されていて、驚異的なランニングコストを誇るプリンタがいつの間にか日本でも販売されていることを知りました。
 なんでも、プリンタ本体に巨大なインクタンクが内蔵されていて、そこにドボドボとインクを注いで満タンにしておけば、1年間くらいインク補充が必要ないんだとか!!

 従来のコンシューマ向けプリンタビジネス(本体を安く売って、インクで利益を出す)モデルを完全に無視したとも言えるこのプリンタ、原理的に写真の印刷には向かないとか印刷速度がとても遅いとか、色んな声も聞こえてきますが、たぶんそれらを差し引いてもおつりが来るくらいインク代が安そう。


という訳で・・・

・・・ででん!
f0346040_02145541.jpg
・・・PC量販店の店頭で、ウンウン悩んだ末に購入しちゃいました。



★新兵器の名は、エプソンEP-M570T


 PC量販店の店頭販売で4万円弱のお値段でした。
・・・・が、これ、実は『爆安』です!!

 インクカートリッジの代わりに、インク「ボトル」が付いてくるのですが・・・
f0346040_02174320.jpg
・・・で、でかいっ!!
隣に置いた7eカートリッジが小さく見えます。

・・・で、これを本体横のインク補充扉を開けて
f0346040_02271313.jpg
・・・・『給油口』のフタを開けてドボドボと燃料注入♪

f0346040_02271701.jpg
ボトル1本で、『給油口』下に見える残量窓(目視用!)がフルになります。(正確には少し余る)

・・・これで、メーカー公称値によれば
1回の『給油』で
「A4カラー書類が約7500ページ」(!!)
も印刷できるそうで・・・・・。

純正のインクボトル(この機種用の専用インク名は『ハサミ』と言うらしい。すごいネーミング♪)1本が約900円ですので、そこから単純計算すると、

(900円×4色)÷7500ページ
A4カラー書類1枚印刷するコスト
=0.48円っ!?

しかも(・・・・実は製品を開封してビックリしたのですが)

この純正インクボトルなんですが・・・・

f0346040_02174816.jpg
この4色インクボトルが・・・
まさかの「2セット」も同封されてるんです!

なんとか~!!
(讃岐弁で「な、何だと!?」の意)

えっ?

っていうことは、同包されたインクだけで、A4カラー書類が(メーカー公称値で)・・・い、1万5千枚も印刷できちゃうじゃないですか!

しかも

期間限定で5000円キャッシュバックだと?!

あの・・・これ、ちゃんと商売になってるんでしょうか・・・?
なってるんだとしたら、今までの馬鹿高いインク代って、何だったの???


★★ご注意★★
あくまでこの機種は、コスト重視のカラー書類印刷用プリンタです。
印刷速度や写真印刷の画質などに言及するのは『筋違い』かと思われます。

by supernova1987a | 2017-07-24 02:34 | 機材 | Comments(6)
Commented by kem2017 at 2017-07-24 05:21
こりゃまたスゴそうなプリンタですね
たしかにプリンタのインク代は高い。プリンタってのはインクで儲かるビジネスモデルだと聞いた気もします。

去年の地震でキャノンのプリンタ死んで、エプソンに買い替えたのですが、掃除してたら未使用キャノンインクを発見!うぎゃあと叫びつつ、ネットオークションに出品したら、定価の半額くらいで売れました (^o^;
それでエプソンの非純正インクを買ったのは秘密 (^o^;
Commented by オヤジ at 2017-07-24 05:51 x
定年前に辞職して母の介護補助するようになったら、紙の印刷は年1〜2回。インクジェットは直ぐ詰まり処分。
インク代も、全部交換すると6千円。二回交換すると本体より高くなります。本当、インク高いと思ってました。
今は、コンビニが直ぐ側なので、歩いても2分。
単価は高いですが、年間10枚。葉
Commented by にゃあ at 2017-07-24 21:34 x
醤油でも入っていそうな大きさのボトルですね。インク切れより、使い切れるかどうかを心配しないとです。それにしても切ったシャッターの枚数のところで笑ってしまいました!尋常ではないです(笑)実験室の資料作り頑張ってください!
Commented by supernova1987a at 2017-07-24 21:35
> kem2017さん

エプソンのプリンタを使ったのは久しぶりです。
試し印刷してみましたが意外に写真もそこそこキレイでした。
それにしてもインクが本当に減りません。
これなら大量の資料を印刷しても懐が痛まないと一安心。
・・・・と思ったら、メインのキヤノンプリンタが(ここ10年来初の)オペレーションエラーを吐いて復帰しなくなっちゃいました。さてはインク代が高いとブログ上でディスったので拗ねたのか・・・・。参った。
Commented by supernova1987a at 2017-07-24 21:38
> オヤジさん

なるほど、年に1~2回の印刷なら、わざわざ自宅のプリンタを使うまでもありませんね。
しかもたいていのインクジェットプリンタはしばらく使わないと調子悪くなるんですよねぇ。

逆に私の場合は結構な量を印刷するので、新プリンタの性能とやらに期待・・・です♪
Commented by supernova1987a at 2017-07-24 21:55
> にゃあさん

ミルククラウンの撮影練習は、もう『悪夢』の域に達してまして、最近は夢の中でも「あ!グリセリンの配合比率を間違った」とか「水温が上がりすぎて粘性率が低下した~」とか、うなされてる始末です。おかげで、一眼レフの機種ごとに手動でタイミングをずらし、ベストショットを(3コマ以内で)撮り分けられるようになりました。たぶん、本番では「このカメラのタイムラグは○○m秒なので、水滴がターゲットの△△cm上を通過した瞬間にシャッターを押せ!」とか生徒に指導することになるんだろうなぁ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 真夏の観測準備(のようなもの) 「激安中華ストロボ」で多灯ライ... >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク