あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> voyager_ca..
by supernova1987a at 09:54
> オヤジさん ぎ..
by supernova1987a at 09:31
こんにちわ。 最近..
by voyager_camera at 08:35
点線で、グルグル回るのは..
by オヤジ at 07:40
> にゃあさん フィル..
by supernova1987a at 01:41
そういう理屈だったのです..
by にゃあ at 00:14
> moritoさん ..
by supernova1987a at 21:36
こんばんわ 実は...
by morito at 20:55
> voyager_ca..
by supernova1987a at 02:23
> KENさん コンス..
by supernova1987a at 02:14
以前の記事
お気に入りブログ

ツインBORG89EDファーストライト

★モヤモヤしてますが、一応晴れなので

せっかく念願のBORG89EDの「ツイン化」が成功したというのに、全く晴れ間に恵まれていませんでしたが、10/9にようやくGPVが「真っ黒」予報になっていたので、ファーストライトを行うことに。

どうせなら、「初ナローバンド」にも挑戦しようということで、こんな布陣になりました。

f0346040_06294136.jpg
※BORG89EDⅠ号機には、ACクローズアップレンズNO4+LPS-D1フィルタを装着して、ASI1600MC-COOLを。
※BORG89EDⅡ号機には、ACクローズアップレンズNO4+Hα12nmフィルタを装着して、ASI1600MM-COOLを。

なお、準備している内にどんどん露が降りてきたので、対物レンズ付近と冷却CMOSカメラ付近をヒーターで暖めます。



★月明かりとモヤのダブルパンチで・・・

正直、コンディションは良くないですねぇ。
とりあえず、今回のテストターゲットは『パックマン星雲』に定めました。
(モタモタしている内に曇りそうだったので、極軸合わせは目視のみで、追尾もノータッチガイドです)

さて、
ASI1600MC(ゲイン300・30秒露光)の一発撮りでは、こんな感じです。

f0346040_06364251.jpg

2×2ソフトビニングを掛けただけで、ほとんど真っ白けですね。

さて、初挑戦のHαナロー+MM(ゲイン300・30秒露光)の一発撮りの方はどうでしょうか・・・
f0346040_06383135.jpg
えっ!?
全く同じゲイン・同じ露光・同じ画像処理 なんですが、ほとんど「真っ黒け」じゃないですか。
さて、単に暗いだけなのか、余計な光をカットしてくれているのかを見るためにコンポジットしてみます。


★120枚コンポジットしてみると・・・

早速、120コマコンポジットを施してみます。
あまり時間が無いので、ダーク減算と「例の」クールファイル補正のみ行い、フラット補正は省きます。

すると・・・・
f0346040_06405661.jpeg
 ※左:LPS-D1+MC 右:Hα12nm+MM


おお!
Hαナローすげえ!!

星雲がクッキリと写るのはもちろんのこと、恒星像が驚くほどシャープですね。
色収差が無視できるので当然と言えば当然ですが、ナローバンド初体験なので、とにかくビックリ♪



★MCのRチャンネルをMMのHαと交換してみると・・・

f0346040_06531943.jpg
うむ。
なかなか良い感じです♪

多少のモヤや月光があっても、ナローなら「なんとかなる」と言うことですね。
それに、クローズアップレンズを転用した「簡易レデューサ兼フラットナ」が意外に良い仕事してくれて嬉しい限り♪
たった1500円のレンズでこれだけ補正できていれば御の字ですねぇ。

さて、次の機会にはOⅢとSⅡにも挑戦しつつ、フラット補正もやってみたいですねぇ。
あ、今回サボったオートガイドとポールマスターも(笑)


by supernova1987a | 2017-10-10 07:04 | 天体写真 | Comments(6)
Commented by オヤジ at 2017-10-10 11:09 x
PAC3の迎撃システムみたいですよ。恰好いいーぃ!(笑)
Hα12nm+MMですが、120枚とはすごいですね。
基準点をマークするのが単純作業で、50枚以上は、やった事ありません。(汗)
綺麗に、出るもんですね。
位置決めが自動で出来れば、120枚もやりたいのですが。(笑)
流れ的に、仲間の皆さんフィルター使いにシフト、皆さんのblogから目が目が離せません。
Commented by にゃあ at 2017-10-10 12:02 x
Hαナローすげえ!!89EDツインすげえ!!どうしてもナロー側をオーバー気味に撮ってしまうのですが、この作例から構図とピント合わせたら、ゲインと露出はmc同様に設定して大丈夫ということですよね!勉強になります!
Commented by kem2017 at 2017-10-10 19:29
諸々テスト上手く行ったようで、おめでとうございます。
これから、秋のスッキリ空で本格稼働したら、ZWOの顔本にUpできそうですね (^o^)
楽しみ~♪
Commented by supernova1987a at 2017-10-11 23:56
> オヤジさん
屈折望遠鏡は本当に兵器っぽいですね。公園とかで撮影してると通報されそう。
さて、本当はMCとMMのLRGB合成をしてみたかったのですが、月明かりが酷くて2等星しか見えない状況だったのでナローバンドに初挑戦しました。
効果絶大でビックリです。
Commented by supernova1987a at 2017-10-11 23:59
> にゃあさん

絶対的な露量が減るので暗く見えますが、ちゃんと写ってますね。
あくまで「余計な光」をカットした結果ですから、当然と言えば当然ですが。
他にも色んな事を試したくなりました。
Commented by supernova1987a at 2017-10-12 00:02
> kem2017さん
久々のニワトリ成功でテンション上がりまくりです。
次の休みはさらに色々と実験してみます。
しかし、初挑戦のパックマン星雲がこんなに容易く写るとは、ナローバンド恐るべしです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 百均パワーで宇宙線を見る リング『噛み込み地獄』からのサ... >>


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク