あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> オヤジさん コ..
by supernova1987a at 12:24
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 12:14
確かに、怪しそうな化学実..
by オヤジ at 07:56
天気悪くても十分楽しんで..
by kem2017 at 05:44
> にゃあさん げ..
by supernova1987a at 02:10
暗い部屋で怪しい白い粉を..
by にゃあ at 01:28
> オヤジさん ど..
by supernova1987a at 23:31
近所のお友達(赤道儀を交..
by オヤジ at 15:31
> オヤジさん ま..
by supernova1987a at 10:53
お忙しいのに、記事を書い..
by オヤジ at 07:02
以前の記事
お気に入りブログ

カテゴリ:デジカメ( 8 )

D810Aで撮る桜

★ようやくD810A用の現像ソフトを入手しました

いままで、ステライメージ6.5を使っていたのでD810AのRAWデータを扱えませんでした。
仕方なくキャプチャーNX-DでTIFFに落としてから処理していたのですが、やはりベイヤーデータをそのまま扱いたいものです。また、どうもキャプチャーNX-Dの操作性に慣れないので、現像ソフトを2種類ほど入手しました。

①ステライメージ7
 ステライメージ6.5からのバージョンアップです。
 色々な新機能が付加されて相当にパワーアップされています。当然D810AのRAWデータも処理できます。
 ただし、コンポジット時の挙動がどうも意図したとおり(ステライメージ6のように)いかないので、仕様なのか勘違いなのか調べ中。

②シルキーピクス7pro
 ニコンの純正ソフトキャプチャNX-Dがシルキーピクスベースらしいというのは有名なお話ですが(というか、一目でバレバレですよね?)どうも馴染めません。
 それならいっそのこと・・・というわけで本家のシルキーピクスを入手しました。
 シルキーを使うのは久しぶり(フジのS2-proを愛用していたときにフリー版をよく使ってました)ですが、なかなか良いですね。

★D810Aを天体だけに使うのはもったいないので

 IR改造デジカメとD810Aが根本的に異なるのは一般撮影「にも」使える点でしょうね。カラーバランスが変なときがあるなど、色々とウワサは聞きますが、やってみましょう。ようやく春が来たと実感させるポカポカとした陽気。休日に実家に帰省してみると、桜(ソメイヨシノではなくて、サクランボができるオウトウの方)が満開でした。
 早速、D810Aにマイクロニッコールの60mmを装着して、マクロスピードライトの2灯ライティングで桜を狙ってみましょう♪

★D810A+シルキーピクスで桜を撮る
f0346040_17333418.jpg
 ※ニコンD810A+AF-S60mmF2.8 絞りF40 2灯ライティング ISO200 1/250 
シルキーピクスでRAW現像しましたが、ほんのり色づいた紅色も再現できて、なかなか良い感じ♪
ちなみに、昼間の撮影ですがF40でシンクロしたので、まるで夜桜ですね。

★D810A+ステライメージで桜を撮る
今度は、ステライメージ7の動作チェックも兼ねて、先ほどの写真をRAWデータのままステライメージで処理してみました。ねらいは「バリバリにシャープな白黒写真」です。ベイヤーデータのまま2×2ビニングをかけ、RGBデータを4画素混合させてモノクロデータにします。デモザイク処理でソフトになるのを避けるためデモザイクせずにL画像とし、トーンやシャープネスを修正してみました。
f0346040_17400862.jpg
※撮影データは同上。画像処理のみ別行程。

うん。これはこれで「アリ」ですね♪
硬調に仕上げたので少々造花っぽく(?)なりましたが、抜群にシャープで花びらの陰影が面白く描写できたと自画自賛。

いやはや、おもしろい!
・・・今は時間が無いけれど、色々撮ってみたいなあ・・・



by supernova1987a | 2016-03-08 06:01 | デジカメ | Comments(2)

ニコンデジタル一眼ノイズ比較③


前回の続きです

★今回のテスト結果は

ISO3200・30秒露光時のダークノイズ比較では

<ダークノイズが少ない順に>

<別格>
 ①D700  2008年発売・フルサイズ1210万画素
<十分使える>
 ⑤D90   2008年発売・APS-C1230万画素 
 ③D7000 2010年発売・APS-C1620万画素
 ④D5000 2009年発売・APS-C1230万画素
<ちょっと無理>
 ②D3100 2010年発売・APS-C1420万画素
 ⑥D300  2007年発売・APS-C1230万画素
 ⑦D40   2006年発売・APS-C610万画素

となりました。
ちなみに朱書きのところが、私の予想(丸数字)と異なった機種です。

★困りました

予想に反して、D90の成績が良すぎました。
それになによりD3100の成績があまりにも悪すぎます。
いずれにしても、8月に向けての追加改造候補は
D90とD5000に絞られました。

★D90のメリット
 ◎バッテリーが大容量です。いざとなれば縦位置グリップつけてエネループも使えます。
 ◎すでに改造したD40に内蔵しているFFタイプのLPS-P2フィルタが転用できます。

★D500のメリット
 ◎バリアングルモニタなので、実際の天体撮影がとても快適です。
 ◎すでにIR改造済みの1機に加えてあと2機保有しています(アホですねえ)。
  画像処理のバッチ処理が統一できて楽そうです。

・・・・・しばらく悩むことにします。

★ちなみに「別格」のD700は・・・

実はD700は、天体写真に使う限り「じゃじゃ馬」です。
確かに高感度時のノイズは少ないのですが、「偽色」が出まくるのです。(有名な話ですが)
ちなみに望遠鏡を用いた直焦点撮影では(星像が肥大するため)問題になりませんが、通常のレンズを用いてシャープに写しすぎると「偽色バリバリ」の画像を吐き出して、もう救いようが無くなっちゃいます。

たとえば、この↓画像なのですが
f0346040_01533595.jpg
 ※ニコンD700+シグマ50mmF1.4→絞りF2.8 ISO800 60秒露光

画面右上のNGC7000(北アメリカ星雲)付近を等倍トリミングしてみると
f0346040_01561079.jpg
ぎゃあ!!
まるで、クリスマスか何かのイルミネーションばりに星に変な色が付いてしまっています
天体写真を撮られない方はそれほど不自然に感じないかもしれませんが、星ってこんな色してません!
特に「ギンギンの緑」の星なんて・・・・・・。
はじめてD700で星座を撮ったときの落胆度合いときたら、もう・・・・・。

さて、ただでさえ(無改造でも)偽色まみれな訳ですから、この上ローパスフィルタ(※)を外してしまったら、さらに悲惨なことになりそう。
・・・というわけで、最初からD700はIR改造候補からは外れていたというわけです。
・・・ホントよく写る、良いカメラなんですけどねぇ。
(※偽色やモアレを防止する目的で内蔵されているのがローパスフィルタです。天体用にIRフィルタ除去改造を施すとローパスフィルタも外れちゃいます)

注:)あまりシャープでないレンズ(望遠鏡のようにガイドエラーやシンチレーションの影響を受けるものも含め)では
D700でも偽色出ません。たとえば、D700をビクセンR200SSに接続した場合↓では
f0346040_02304827.jpg
なんの問題もありません。とても良い感じです。
f0346040_02313571.jpg
ピクセル等倍トリミングしても、偽色は見られません。
・・・なんででしょうねぇ??


えっ?
そこで、ニコンD810A(新発売の天体写真撮影専用モデル)ですか?
・・・よ、40万円もするので、私にはとても無理です。
中古のD5000が20台買えちゃいます(涙)。


by supernova1987a | 2015-06-13 06:24 | デジカメ | Comments(0)

ニコンデジタル一眼ノイズ比較②


前回からの続きです♪

★等倍拡大してみましょう

ISO3200・30秒露光+ノイズリダクションOFFでの比較写真ですが、画像全体を見ても分かりづらいので、等倍トリミングしてみます。

★D5000
f0346040_00570693.jpg
 やや赤いノイズが多めに乗っていますが、実用になる範囲です。

★D3100
f0346040_00572254.jpg
 期待とは異なり、ボロボロのノイズです。

★D7000
f0346040_00573682.jpg
 D5000と良い勝負です。画素数が多いのに立派です♪

★D90
f0346040_00575051.jpg
 ほとんどD5000と同じようなノイズの出方。実は兄弟機??

★D300
f0346040_00580191.jpg
 これでも、前機種のD200に比べると圧倒的低ノイズを誇っていました。時の流れを感じます(涙)。

★D700
f0346040_00581324.jpg
 ダークノイズの「お手本」のような感じ。ステライメージのダークフレーム減算やキャプチャーNX2のアストロノイズリダクションできれいに消えそうです。

★D40
f0346040_00582539.jpg
 発売当時は、これでも立派でしたが・・・。


 ★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2015-06-11 06:52 | デジカメ | Comments(0)

ニコンデジタル一眼ノイズ比較①

★夏のスケジュールを組んでみると・・・

今年の8月の出勤予定を組んでみると、
なんと
新月期を含む5連休が取れちゃうことが発覚!

わあ!天体観測の大チャンス到来です♪
天候と月齢にやられたGWのリベンジ果たせそう!

★というわけで・・・・

そうなると、もう1台IR改造デジカメが欲しくなりますねぇ。
もちろん、新規で1台買う予算はないので手持ちのカメラを改造することになります。
では、どいつを改造しようか?

いや、実は今使っている改造D5000が大変好感触だったので、勢い余って中古のD5000を買い増ししちゃったのですが、念のため、本当に他の機種よりも「使えそう」かどうかをテストしておかないと不安なわけでして・・・。

★今回のテストは下記の通り

予算の関係で、大半が中古で手に入れた機種ばかりですが、天の邪鬼な(?)あぷらなーとは、オールニコンです。
(※一般的には、天体写真撮影に向いているのは、ニコンよりもキヤノンとされています。)

 ニコンD5000・・・本命
 ニコンD7000
 ニコンD90
 ニコンD3100
 ニコンD300
 ニコンD700・・・フルサイズなので改造する気はありませんが
 ニコンD40・・・すでに改造済みですが比較用として

このうち、私がよく使うISO1600~3200の30秒露光でダークノイズが少ないものが採用です。

●自分なりの先入観での「予想」は、
<ダークノイズが少ない順に>
 ①D700  2008年発売・フルサイズ1210万画素
 ②D3100 2010年発売・APS-C1420万画素 
 ③D7000 2010年発売・APS-C1620万画素
 ④D5000 2009年発売・APS-C1230万画素
 ⑤D90   2008年発売・APS-C1230万画素
 ⑥D300  2007年発売・APS-C1230万画素
 ⑦D40   2006年発売・APS-C610万画素

★では、実際に比較撮影スタートです

 気温25度の室内で、夜間、ボディキャップを閉めたまま30秒露光を行いダークノイズを比較します。ISOは3200(D40はHi-1)ファイル形式はRAWで、ノイズリダクションは全て切ります。
天体写真は強めの画像処理を加えるので、今回も撮影したRAWを補正なしで現像し、レベル調整で階調を「0~1024」に切り詰めてみます。

★本命のD5000
f0346040_00105091.jpg
 やっぱ、なかなか良いですね。・・・これ、隠れた名機かも、です♪

★対抗馬のD3100
f0346040_00143064.jpg
 ああっ、これはいけません。全体的にランダムなノイズが載っている上に、横シマが多数出てしまってます。
 比較的新しい機種で、画素数もそれなりなので、正直、大変期待していたのですが、エントリー機なのでそれなりの設計なのでしょうかね?
 

★これが良ければ悩むD7000
f0346040_00172478.jpg
 ああ、D5000よりもちょっぴり良さそうです。D3100よりも画素数が多いのに、D3100とは比較にならないほど低ノイズです・・・が、日中写真の主力機なので、もったいなくて改造に出す勇気が・・・。

★密かに期待のD90
f0346040_00191480.jpg
 おお、これも良いですね♪ 改造候補です。

★まさかのD300
f0346040_00203485.jpg
 ああ、やっぱり。ノイズまみれ+横シマまみれで、使い物になりません。さすがに古すぎましたかね。一見D90と同様の素子スペックなのに、D90はどんなマジックを使っているのでしょうね?

★別格のD700
f0346040_00253459.jpg
かつて、D3と並んで「高感度番長」の名を欲しいままにした機種だけに、別格ですね。さすがフルサイズ。

★かつての名機D40
f0346040_00263730.jpg
 いかに600万画素のCCD機と言えども、元々ISO感度設定メニューが1600までしか無い機種ですので、拡張Hi-1ではボロボロですね。
・・・砂嵐みたい。

 ★★★以下続きます★★★

by supernova1987a | 2015-06-09 06:44 | デジカメ | Comments(0)

ニコン新旧マクロレンズ比較④

★実際の使用感では・・・

 新タイプ(Gタイプ)のニコン60mmマイクロは、旧タイプに比べて下記の弱点があることが分かりました。
  ①前ボケが汚い (後ボケはきれい)
  ②無限遠撮影時の周辺減光が大きい (近接時は優秀)
  ③前ボケの赤い色ズレが結構大きい (キャプチャーNX2の軸上色収差補正で低減可)


ところで、新旧を比較した際、最も大きな差は、そのフォーカシング機構でしょうね。
新タイプは超音波モーターを搭載していますのでAF・MFともに快適であることはもちろんのこと
それ以上に、IF(内焦式)設計である点が秀逸です。

★実際のシンクロ(ストロボ)撮影では・・・

 焦点深度を稼ぐために絞りを結構絞り込むことが多いのですが、その際、光量不足を補うためにマクロ専用ストロボを愛用しています。
※SU-800コントローラとSB-R200×2機のセットを使用しています。
f0346040_17495874.jpg
 
 その際、レンズの先に装着するスピードライト(ストロボ)は結構な重量なので、筒先がニョキニョキ伸びるタイプのマクロレンズでは、剛性が不安になります。
 ちなみに、下記の写真のように
f0346040_17415192.jpg
旧タイプの60mmマイクロはニョキニョキ伸びるタイプで、新タイプの60mmマイクロは筒先が伸びないIFタイプです。

★恐るべし純正
 普通なら、IFでない点からストロボ併用のマクロ撮影時には旧タイプ60mmマイクロは使えなかったはずなのですが、
なんと、マクロスピードライトのアクセサリとして、旧タイプマイクロ60mm専用のアダプタ(UR-5)があるのです!
通常のレンズのように筒先のフィルター枠に装着するのではなく、ピントリングの先の余白(?)を利用してスピードライトを装着するというアイディア商品。
f0346040_17553390.jpg
これを用いると、ストロボ固定枠と独立してレンズの筒先が動くようになるため、強度に不安はなくなります。
・・・・純正のこだわりってスゴイですね。

★まとめます♪

新旧のニコン60mmマイクロの比較では
 <絞り開放時の先鋭度>
  新:○ 旧:△
 <後ボケ描写>
  新:○ 旧:×
 <前ボケ描写>
  新:× 旧:△
 <フレア>
  新:○ 旧:△
 <軸上色収差>
  新:× 旧:△
 <無限遠周辺光量>
  新:× 旧:○
 <近接時周辺光量>
  新:○ 旧:○
 <シンクロ撮影>
  新:○ 旧:○
 <近年のデジカメとの操作性相性>
  AFカップリングモーター非内蔵デジカメ(D5000とかD3100とか)
  新:○ 旧:×
 <昔のフィルムカメラとの操作性相性>
  電子絞り制御機能無しの一眼レフ(FM2とか、F801とか)
  新:× 旧:○

といったところでしょうか。
性格が異なるため、どちらも捨てきれません♪

注:)あくまで筆者の個人的な感想であり、正確なテストとは言えません。


PS
どうでもいいことですが、ニコンのマクロスピードライトを装着したカメラの姿って、なんとなく
『2代目デスラー艦』みたいに見えませんか?(あ、歳がバレますね・・・)
f0346040_18122634.jpg

by supernova1987a | 2014-12-21 06:09 | デジカメ | Comments(0)

ニコン新旧マクロレンズ比較③

★前ボケはどうでしょう??

f0346040_16260258.jpg
 それほど大きな差でもないのですが、前ボケになると
今度は逆に旧タイプの方が軟らかいボケのように感じられます。
 また、旧タイプのような、見慣れたパープルフリンジっぽい色ズレとは異なり、ややキツめの赤い色ズレが目立ちます。

★そういえば、同じF値ではあるものの・・・

 新旧どちらもフルサイズ対応の等倍マクロレンズですが、周辺光量を比較してみましょう。

<旧タイプ60mmマイクロ>
f0346040_16313384.jpg
 ※ニコンD610+旧60mmF2.8マイクロ絞り開放 (焦点を無限遠にして、ライトボックスを撮影)
 さすがにフィルム時代の銘レンズ。なかなか豊富な周辺光量です。がんばれば、天体写真にも使えそう♪

<新タイプ60mmマイクロ>
f0346040_16344072.jpg
 ※ニコンD610新60mmF2.8Gマイクロ絞り開放 (焦点を無限遠にして、ライトボックスを撮影)
 あらっ!、これはいけません。完全に四隅が暗く落ち込んでしまってます。
 ちなみにコントラストなどは一切いじくらず、現像ソフト(キャプチャーNX2)の各種補正機能を全て切った状態での比較です。

★簡単に光量を測ってみましょう♪
 ステライメージ6.5で光量分布グラフを描いてみます。

 <焦点位置無限遠での光量比較>

f0346040_16482181.jpg
  ※縦軸のスケールは、RGB各色8bitで処理した、0~255の光量
  ※横軸は画像の対角線上の測定位置

やはり、新タイプは相当に周辺光量が不足していることが分かりますね。


★でも、どうして??


 ところが、変です。実際に実写している時には、それほどまでの周辺減光を感じたことがありません。
 そもそも、近接撮影専用に設計されているマクロレンズを無限遠で評価すること自体がナンセンスですね。

 では、焦点を最近接位置にした場合の光量を比較してみましょうか・・・。

 <焦点位置最近接での光量比較>

f0346040_16565065.jpg
 ※同様の撮影をピントリングを最短距離に固定して実施した際の光量グラフ

・・・・おおお。新タイプ60mmマイクロ、すげぇ!!
旧タイプでは無限遠と最近接とでほとんど周辺光量が変わっていませんが、新タイプはまるで別物のように周辺光量が改善されています!
実写時に周辺光量が気にならない要因は、どうやらこの辺りにあったようです。

要するに、新タイプの60mmマイクロは近接撮影時の周辺光量を優先して設計されている、ということでしょうね♪
そもそもマクロレンズなのですから、当然といえば当然ですが、なんだか感動しました。



あと1回だけ、このネタ続きます♪





by supernova1987a | 2014-12-19 01:22 | デジカメ | Comments(0)

ニコン新旧マクロレンズ比較②

★わかりやすい対象でテスト撮影してみましょう♪

<旧タイプ60mmマイクロ>

f0346040_15180180.jpg
 ※ニコンD7000 ニコン60mmマイクロF2.8絞り開放

<新タイプ60mmマイクロ>

f0346040_15181368.jpg
 ※ニコンD7000 ニコン60mmマイクロGF2.8絞り開放

★要所を比較すると・・・

 ●合焦部分のシャープさは、新タイプの方がやや鮮明
 ●旧タイプは全体的にややフレアーっぽい描写
 ●背景のボケには大きな差がある
f0346040_15354150.jpg
①新タイプは
 ボケの輪郭が比較的なめらかでいわゆる「軟らかいボケ」
②旧タイプは
 2線ボケ傾向が強い、いわゆる「硬いボケ」
好みは人それぞれでしょうが、私にとっては新タイプの方が断然好きです。

★実際の撮影でも・・・・
この後ボケの描写の違いにより、実写時にも、前回のような差が生まれます。
f0346040_16140584.jpg
★というわけで・・・

前回の記事の2枚の写真は
 Aが旧タイプ
 Bが新タイプ

でした♪

★ところが、新タイプの弱点も明らかになりまして・・・

以下、つづきます♪


by supernova1987a | 2014-12-18 00:16 | デジカメ | Comments(0)

ニコン新旧マクロレンズ比較①

なかなか写真を撮りに出かけられないので、しばらく機材ネタです。


★マクロレンズは大好き


撮影に出かけるときに絶対に外せないのがマクロレンズ。
普通の被写体も、拡大するとなぜか良い感じに写るのがいいですね。

以前の記事でも書いたようにニコンの60mmマクロレンズは2種類あり併売されています。
私は、なぜか2本とも持っているのですが、それぞれの個性について書いてみましょう♪

★『旧』60mmマイクロ
ニコンの旧60mmマイクロ(厳密にはDタイプ化けする前の機種ですのでさらに古いですが)
60mmF2.8で等倍撮影まで可能。約25年前に購入して、1回のメーカー修理を経て、いまだに現役です。
f0346040_14501258.jpg
メカメカしい外観も個人的に嫌いではありません。
絞りリングが存在したり、超音波モーター非搭載であったりと古さは否めませんが、愛着のあるレンズです。
初めて使ったときにはそのシャープさと便利さに驚いたものです。

★『新』60mmマイクロ

ニコンの『新』60mmマイクロ。
やはり60mmF2.8で等倍撮影まで可能。5年ほど前に購入したものです。
f0346040_14573172.jpg
「今風」のスマートな外観。
絞りリングを廃したGタイプで、超音波モーター搭載のIF式でナノクリスタルコート使用。非球面レンズとEDレンズも搭載・・・と至れり尽くせりのレンズです。

★なんで同じようなスペックなのに??

新タイプを買ったときに旧タイプは手放すか悩んだのですが、
この2本のレンズ、色々と性格が異なり、実は甲乙つけがたいのです。

さて、次の2枚の写真はほぼ同条件で撮影したものなのですが、どちらがどちらのレンズで撮影したものか分かりますか??

<写真A>
f0346040_15123931.jpg

<写真B>
f0346040_15124558.jpg
・・・・レンズに興味の無い方にはどうでもいい話なのですが、しばらく続きます♪


by supernova1987a | 2014-12-16 00:41 | デジカメ | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク