あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
オヤジです オヤジAr..
by oyaji_22 at 07:57
> Gさん 私も驚..
by supernova1987a at 04:57
えっ!単体で使えるとは驚..
by G at 08:16
> KENさん こ..
by supernova1987a at 05:46
こんばんは! NikC..
by KEN at 02:10
> にゃあさん ね..
by supernova1987a at 00:38
なんと、単体で動くのです..
by にゃあ at 23:43
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 09:25
>手始めにVisualS..
by kem2017 at 05:39
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 01:40
以前の記事
お気に入りブログ

<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冷却CMOSカメラの感度?

★晴れないので・・・

VMC260Lでのファーストライトを終え、次はサンニッパで撮影しようと目論んでいた、ZWOの冷却CMOSカメラASI174MC-COOLですが、天候に恵まれません。

仕方ないので、おおよそどれくらいの感度があるのかを(ややナンセンスですが)ニコンD810Aと比較してみることにしました。(適当な検証なので、アテにしないでください)

★夜の植物を用いて・・・

サンニッパにD810Aを接続した場合と、ASI174MC-COOLを接続した場合とで、暗闇の植物を撮影して比較しました。

f0346040_21434881.jpg
★D810A ISO3200

f0346040_01345974.jpg
※ニコンAF-S300mmF2.8 絞り開放 D810A ISO3200 8秒露光 トリミング

肉眼ではほとんど何も見えない暗さですが、よく写りますね。ノイズも少なめです。

★ASI174MC-COOL ゲイン300
f0346040_01375124.jpg
※ニコンAF-S300mmF2.8 絞り開放 ASI174MC-COOL ゲイン300 8秒露光 冷却なし トリミング無し

画像処理はベイヤーデータのデモザイクのみに止めていますが、感触としてゲイン300ならISO1600と3200のちょうど中間くらいというところでしょうか。


★レベル調整して比較してみます

D810A ISO3200 8秒 ピクセル等倍
f0346040_01524441.jpg


ASI174MC-COOL ゲイン300 8秒 ピクセル等倍
f0346040_01535240.jpg
ピクセル等倍で比較するとD810Aよりも解像感が高く見えますがシャッターの影響かもしれません。
今回は冷却をOFFにしましたので、ASI174MC-COOLのノイズが目立ちます。また今度冷却の効果を検証してみます。

★とにかく
天体撮影に使えるカメラが3種類揃いました。
ここまでのテスト撮影で、意外にも改造D5000が優れていることを再認識しました。また、冷却CMOSカメラの最大の利点はその画素数の少なさ故の軽快な画像処理に尽きるのかもしれません。コンポジットなどは「一瞬」で終わってしまいますもん。その点、D810Aは「重すぎ」です。(PC作り替えかなあ・・・)
ともあれ、それぞれフォーマットが違うので競合しない訳でして、今後レンズや望遠鏡との組み合わせを色々と研究しないとダメですね。

そろそろ春の銀河が旬です。M81とかM51とかM101とかM104とか、見応えのある銀河がてんこ盛り!

・・・が、これから年度末に掛けて本業が激務化するので、当面は撮影できないかも・・・。


by supernova1987a | 2016-02-18 06:26 | 機材 | Comments(0)

変換リングの代用品

★ネット上で探しまわってました

「とあること」を実現するためのちょうど良いアダプターが見つからなくて探し回ってました。
 欲しかったのは、ニコンマウントをBORG互換のM57に変換するアダプターです。
「その逆」なら当然BORGで入手できますが、
今回やりたいのは、ニコンのレンズにBORGのパーツをつけるというものです。

★まさか?!と思うお値段で・・・

アマゾンでちょうど良いものを見つけました。

NEEWERのマクロエクステンションチューブセット

本来は接写リングなのでしょうが、長さを変えるための延長チューブがなんとM57規格ではないですか!
しかもお値段が、目を疑う1136円。安っ!!

ええ。ダメ元でポチりましたとも。

f0346040_21072785.jpg
 お値段相当の安っぽい箱に入って届きましたが、問題は中身です!

★いったい原価はいくらなんでしょう??

 ばらしてみると、こんな感じでした。
f0346040_21284639.jpg
確かに作りが安っぽくてマウント部にはガタがありますし、妙にねじ山が少ない(外れやすい)とか色々不満はありますが
 ニコンマウントメス→M57オス×1個
 M57メス→M57オス×3個
 M57メス→ニコンマウントオス×1個

の合計5つのリングがセットになって1136円・・・・文句言えませんねぇ。

★たとえば、こんな使い方♪

NEEWERのマクロエクステンションチューブセットの一部に
BORGのパーツと笠井のパーツを組み合わせると・・・・・

f0346040_21373639.jpg
はい。あっという間にニコンマウントからアメリカンサイズのアイピースホルダへの変換パーツが完成♪
こいつを使うと・・・
f0346040_21394504.jpg
サンニッパが望遠鏡に変身!!

★などと、馬鹿なことをやってる場合ではありません

いえ・・・実際に「サンニッパ望遠鏡」よく見えましたけれど、
こんな無謀な使い方は、ほとんどギャグです。

本当は、これ↓がやりたかったのです!
f0346040_21434881.jpg
ニコンの望遠レンズ(Gタイプではなく、絞りリングがあるタイプ限定ですが)に冷却CMOSカメラASI174MC-COOLが接続可能に!
この手の類を実現する変換リングはとてもお高いですので、リーズナブルに実現できて何より♪


※注:NEEWERのマクロエクステンションチューブセットは、対応カメラメーカーによってリングの規格が異なるようです。M57規格はあくまでもニコン用の話ですのでお気をつけください。
※注:絞り連動機構はありませんので、いわゆるGタイプのニコンレンズだと絞りが最大値(F22とか)から動かせません。



by supernova1987a | 2016-02-17 06:58 | 機材 | Comments(2)

冷却CMOSカメラ④

★忘れないうちに整理、整理・・・

四苦八苦して、なんとかファーストライトに成功したZWOの冷却CMOSカメラ
ASI174MC-COOLですが、ようやくオリオン座大星雲M42を撮影した120コマ分すべての画像処理が終わりました。

※共通データは、
 ビクセンVMC260L+レデューサVMC+LPS-P2フィルタ K-ASTEC改造ニューアトラクスノータッチガイド
 ASI174MC-COOL 冷却温度-15℃ ゲイン200 露出15秒 16bitRAW出力
 ほぼ正方形にトリミング 
です

★1コマ撮って出し
f0346040_20233545.jpg
 ※1コマのベイヤーデータをステライメージでデモザイクしただけです

★1コマレタッチ
f0346040_20402324.jpg

※ステライメージでトーンカーブを修正したものです
ぱっと見、きれいですが、ダークノイズまみれです。

★120コマコンポジット
f0346040_20252588.jpg
 ※120コマのデータをベイヤーデータのままでダーク減算した後に加算コンポジットし、レベル修正。大気による色ずれも補正しました。
 非常になめらかになりましたが、ボケボケです。

★レジスタックスにてウエーブレット
f0346040_20273999.jpg
 ※データを一度モノクロに変換してレジスタックスでウエーブレット処理。これをL画像としてLRGB再合成しました。
 ノイズが出るのが怖いのでウエーブレットは軽めに掛けました。空の条件が良ければもっと線の細い処理が可能かと・・・。

★中心部重視の処理なら
f0346040_01052251.jpg
こんな路線もアリですね♪
暗部を持ち上げなければ、ハイライトの処理は楽です。
トラペジウム付近の星雲の『へこみ』がよく分かって、これはこれで面白いと思います。

★・・・疲れました

今回の画像処理は、この辺で終了ですかね?
まあ、とにかく色々と勉強になりました。
実際のところ、これまで使っていたIR改造D5000のベストショットを超えられなかったのですが、撮影時のコンディションが悪かったので仕方ありません。
今度は暗い空の元で撮影してみたいものですねぇ。



by supernova1987a | 2016-02-15 23:10 | 天体写真 | Comments(2)

冷却CMOSカメラ③

★冷却CMOSカメラファーストライト

f0346040_01304405.jpg
アトラクスの『病気』が治ったので、待望の冷却CMOSカメラでのファーストライトです!!


★冷却CMOSカメラで一発撮り

まずは、「いつもの」オリオン座大星雲M42を15秒露光で「撮って出し」です。
f0346040_02584534.jpg
※ZWO ASI-174MC-COOL  + ビクセンVMC260L + レデューサVMC + LPS-P2
K-ASTEC改造ニューアトラクス ノータッチガイド 15秒露光 撮像温度-15℃
 
おおお!!
いい感じです。昔、30万画素の冷却CCDを初めて使ったときのような感動があります。
たった15秒露光の一発撮り・撮って出しですから全然明るさが足りてませんが、トラペジウム周辺のモクモク感が素敵です。
解像感も十分高いですね♪

★60枚コンポジットなど画像処理

今回は、

①SharpCaptureで、RAWデータをベイヤー配列のままモノクロFITSファイルに出力
②ステライメージでベイヤーデータのままダークファイルを減算
③ステライメージでRGBデモザイク処理
④ステライメージで加算平均コンポジット
⑤ステライメージでレベル調整+トーンカーブ修正
⑥輝度データをレジスタックスでウエーブレット処理
⑦LRGB再合成処理
⑧フォトショップエレメントでトーン修正

という流れです。
f0346040_03083686.jpg
※同上データを画像処理

おお!
とてもいい感じです。


懸念していた変なノイズも気になりません。冷却の効果絶大のようです♪

★最後に失敗作を・・・

実は、最初、静止画データではなく
「動画データをはき出させて、レジスタックスでスタック一発で済めば楽だなあ」
などと考えていたのですが、画像処理の融通が利かなくて失敗しました。
ついでに、外気温が0℃近くだったので無精して冷却もせず・・・。

f0346040_03175384.jpg
りょうけん座の子持ち銀河M51ですが、いやはや、ランダムノイズまみれ+ホットピクセルまみれ+アンプノイズまみれ・・・で悲惨です。

・・・・が、腕のディテールなどポテンシャルは感じられます。
いつか、まじめに撮ることにします。



by supernova1987a | 2016-02-11 06:54 | 天体写真 | Comments(4)

冷却CMOSカメラ②

★念願の冷却CMOSカメラが届いたのに・・・

f0346040_01265900.jpg
いざ撮影しようとしたら、愛用の赤道儀 ビクセン ニューアトラクス(K-ASTEC改造版)が「変」です。
赤緯モーターが度々停止して使い物にならなくなっちゃいました。
挙動をよく観察すると、どうも、ある一定の角度赤経方向に赤道議を回すと赤緯モーターが制御不能になっているようです。

自動導入途中に望遠鏡がある方向に向いたとたん、
「グググ、ガラガラガラ、ズガガ、パタン!」
という世にも恐ろしい音を発して赤緯だけモーターが停止します。

一瞬、ギアに何かが挟まったか部品が破損したのかと思い、慌てて赤緯モーターハウジングを開けて挙動を観察しましたが、おかしなところはありません。
f0346040_02362894.jpg
しかし、何度やってもモーターが止まります。
しかも奇妙なことに、クランプをフリーにして手動で赤経方向に赤道議を回しても、なぜか赤緯モーターが止まるのです。

・・・赤緯モータのくせに、なんで赤経方向の運動に左右されるんだ?!

・・・しばらく頭を抱えていましたが、ふと、赤道議のロータリー接点が怪しいのではないかとの仮説に基づき、
接点を清掃することにしました。

f0346040_02385447.jpg
 ※ニューアトラクスの配線は、途中からロータリー接点を介して接続されています。EQ6PROなどのように赤緯体にケーブルを挿さなくて済むところが素敵です・・・・・が。

f0346040_02413924.jpg
※これがロータリー接点。ちなみに私はあまりメカに強くないので、簡単な分解作業でも要所要所でデジカメで写真を撮る癖があります。この接点とか、あとでどっちが右のブラシか分からなくなると「終わり」ですので・・・。

f0346040_02442861.jpg
※接点のブラシを丁寧に掃除し、内部の接点を清掃しました。本来ならメーカー送りで解決なのですが、「改造」しちゃってるが故の弱みですね(笑)。
その後、赤経軸を何回も回転させて馴染ませました。(おまじない程度ですが・・・)

★さて復活なるか?

・・・冷や汗ものでした。
ええ、こんな単純な掃除で、何事もなく正常駆動するようになりました。
うーん。こうしてみるとクラシカルな配線のEQ6PROが、かえって安全に見えてきちゃいますねえ・・・。

さて、いよいよ冷却CMOSカメラ ZWO ASI-174MC-COOLのファーストライトに挑戦です!

以下 続きます。

by supernova1987a | 2016-02-10 06:15 | 天体写真 | Comments(0)

冷却CMOSカメラ①

★『本命の』D810Aと『真逆』の方向性

無事にファーストライトを終えたD810Aですが、今後は色々な被写体を撮影していくつもりです。
ただ、次の点がどうしても苦しいですねぇ。

○画像ファイルがあまりにも巨大
○画像処理がとても大変
○フルサイズに対応した機材が少ない

まあ、仕方ないので、のんびり付き合っていくことにしましょう。

★軽いファイルサイズでドカンと写すには・・・

レデューサ装着のVMC260Lはフルサイズをカバーしていません。
また、素のVMC260LだとD810Aのフォーマットをほぼカバーしますが、よく見るとサジッタル方向(円周方向)に星像が伸びてしまいます。
また、改造D5000でAPS-Cフォーマットに慣れすぎたので、星雲のクローズアップなどでもっと焦点距離がほしくなっちゃいます。
まあ、トリミングすれば済む話なのですが、いかんせんファイルサイズが大きいので処理が大変です。

★そんなわけで、逆方向を行く秘密兵器を・・・
f0346040_01265900.jpg
ZWOから新発売のASI174MC-COOL
いわゆる「冷却CCD」ならぬ「冷却CMOS」です。実は、D810Aよりも先に発注していたのですが、なかなか入荷せずずいぶんと待ちました。ただし初回限定の特価セールのため少々お安くなっていました。(ネット上では、まだユーザーを見かけませんね。『初物』は怖いので皆さん『様子見』でしょうか・・・?)

f0346040_01311725.jpg
フォーマットサイズは1/1.2インチですので、ニコワンよりも少し小さい程度ですね。
同じ焦点距離のレンズ(や望遠鏡)を使った場合、フルサイズと比べておよそ3倍に焦点距離が伸びたような写真が撮れそうです。

画素数は今時珍しく『たった』230万画素ですが、特筆すべき機能が装備されています。
本機種の前身であるASI174MC(ノーマルタイプ)は、月や惑星などを動画で撮影してレジスタックスなどでスタッキング処理するための、いわゆる『惑星カメラ』ですが、今回の新製品は型番に「COOL」とあるとおり、なんと「電子冷却装置」が組み込まれているのです。

一般に、CCDやCMOSには、いわゆるダークノイズと呼ばれるオフセットがあって天体写真の際には大変邪魔になります。このノイズを低減させる最も簡単な方法は撮像素子を冷却することです。熱心な天文家は冷却CCDと呼ばれる天体専用の冷却カメラを使われていますが、いかんせん、とても高価な上に結構巨大なのです。一般的なデジカメがCCDからCMOSに取って代わられたように、いつかCCDではなくCMOSの冷却カメラが安く出ないかなあ、とずっと期待していました。

★VMC260Lへの取り付けで悪戦苦闘

結構悩みました。
 ①VMC260Lにレデューサをつけて使いたい
 ②レデューサからCMOSまでの距離が長くなりすぎるのはまずそう
 ③LPS-P2フィルタも併用したい
・・・これらを満足させるために「あーでもない」「こーでもない」と手持ちのパーツをとっかえひっかえ試行錯誤。
結局、今回もBORGのパーツ群に頼りました。

f0346040_01312424.jpg
 ※かなり複雑な組み合わせです(笑)

★いざ、ファーストライト・・・のハズが

 メジャーなメーカー製のカメラと異なりサポートは最小限。マニュアルすら存在しません。基本的には自己責任で試行錯誤すべき機種ですね。
のっけから、制御用のソフトのインストールでコケました。(FireCaputureが日本語Windowsにインストールできないという、例のヤツですね。)

しばし情報集めにネットをさまよい、起動用のバッチファイルの中身を少し書き換えることで無事インストール成功。・・・見つけた人すごいなあ。
ただし、どうも自分がやりたいことができないソフト(あくまで動画を撮影して画像処理することを前提としたソフトです)だったので、結局、SharpCaptureに乗り換えました。(冷却機能を制御できた上で、静止画のRAWファイルを自動でガンガン吐き出し続けるソフトが欲しかったのです。)

いざ、テスト撮影だー!

と思ったのもつかの間。
ここまできて、まさかのアトラクスが死亡!?

以下続きます。

by supernova1987a | 2016-02-09 06:13 | 機材 | Comments(0)

D810Aによるオリオン座大星雲

1/10に事実上のファーストライトを行ったニコンD810Aですが、
オリオン座大星雲M42の画像処理をやり直してみました。

★先日の画像処理は「やっつけ仕事」だったので・・・

とりあえず、「使い物になる」ことは分かったので、
もう少しだけ、真面目に画像処理して見ました。

※撮影データは、
ビクセンVMC260L直焦点(3000mmF11.4相当)+ニコンD810A +LPS-P2フィルタ
K-ASTEC改造ニューアトラクス赤道儀ノータッチガイド
ISO6400・15秒露出40枚+ISO12800・15秒露出37枚

※画像処理ソフトは
キャプチャーNX-D ステライメージ フォトショップエレメント

です。

★D810A一発撮り画像「撮って出し」
f0346040_00330064.jpg
※ISO12800の15秒露出一発撮りでここまで写りました。光害地であることを考えると悪くありません。

★D810A一発撮り画像「キャプチャーNX-Dで画像処理」
f0346040_00345640.jpg
※ようやくNX-Dの操作にも慣れてきました。上記の画像を処理したものです。
ホットピクセルはアストロノイズリダクションできれいに消せました♪
かなり明瞭に星雲があぶり出せましたが、いかんせんISO12800ですから、ザラザラです。


★D810A画像「77枚コンポジットなど処理後」
f0346040_00385705.jpg
※77枚のコンポジットを行い、ビニング処理とLRGB分解再合成処理を施します。
また、若干のアンシャープマスキングをかけています。
いつもとは異なり、星雲周辺部まであぶり出すことを優先したため、中心部が飛んでしまいましたが、まあ良いでしょう♪

★一発撮りと77枚コンポジットの比較

もともとノイズの少ないD810Aですが、さすがに光害地で強い画像処理をかけてしまうとノイズでボロボロです。
それを救うのがコンポジットですが、「一発撮り」と「77枚コンポジット画像」を比較してみます。

f0346040_01045044.jpg
やはりコンポジットの威力は絶大ですね。
短時間露光のコンポジットでこれだけ写せるとなると、オートガイダーの出番は当面無いかもしれません。
(私が不精者なだけですが・・・)

さて・・・・あとは、
ステライメージを早く7にバージョンアップしてベイヤーデータを直接叩けるようにしないと、ですね。



by supernova1987a | 2016-02-02 06:24 | 天体写真 | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク