あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
定年前に辞職して母の介護..
by オヤジ at 05:51
こりゃまたスゴそうなプリ..
by kem2017 at 05:21
> Gさん 「ディープ..
by supernova1987a at 10:56
> オヤジさん おお、..
by supernova1987a at 10:51
いやはや、セットで5、6..
by G at 16:18
閃いたんですけど、残念で..
by オヤジ at 11:18
> にゃあさん 最..
by supernova1987a at 10:02
> オヤジさん は..
by supernova1987a at 10:00
そんな名機だったとは! ..
by にゃあ at 08:46
難しいことは、全然だめで..
by オヤジ at 07:41
以前の記事
お気に入りブログ

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

GW間近なので・・・

★年間で最もまとまった時間がとれるのは・・
本業の関係で普段連休が取れない上に、ボランティアでやっている某高校応援部の指導が入ったりするので、なかなか撮影が進みません。
というわけで、1年で最もまとまった時間が取れるのがGWな訳です。今年は5連休が取れる上に、部活もお休み♪

★GWの天体観測の目標は
主砲VMC260Lと副砲CAPRI102EDの両方を使って天体写真を撮りまくろうという作戦です。天体用カメラも今年はIR改造D5000に加えてD810AとASI174MC-Coolが使えることですし、せっかくですからプチ遠征でそこそこ綺麗な空を狙うつもり。

★撮影中は・・・
昔は、半自動ガイドで撮ってたので、撮影中はガイド星から一時も目が離せませんでした。・・・といっても、最近の若い天文ファンだと話が通じないかもしれませんね。ちなみに、私のガイド撮影用語の定義は次の通り。

 ①手動ガイド:赤道議の微動ハンドルを手で回して天体を追尾。
  ※モータードライブの代わりを手でやるわけですね。

 ②自動ガイド:赤道議を恒星時駆動させて追尾。
  ※モータードライブを用いる方法ですね。

 ③半自動ガイド:赤道議の追尾誤差を人間の操作で補正して撮影。
  ※ガイド鏡見ながらモーターのコントローラを手でポチポチし続けるヤツですね。

 ところが、近年は③の操作をオートガイダーに任せる撮影法が「オートガイド」と呼ばれているようなので、②の「自動ガイド」と紛らわしいです。
仕方がないので、②のことは「ノータッチガイド」と表現するようにしています。最近の『正しい定義』はどうなっているんでしょうね?よく分かりません。

・・・GWの撮影では、EQ6PRO(もしくはGPD)でノータッチガイドを、アトラクスは久々のオートガイドをやるつもりなのですが、いずれにしても撮影中は「ほったらかし」で良いわけで、その間のヒマつぶしとして眼視で天体観望できるとうれしいです。

★お気楽天体観望用として・・・
なんだか、色々言い訳してるような気がしますが、ポチっちゃいました。
f0346040_00125698.jpg
実は貯金している間に生産中止になっちゃって、もう二度と入手できないと嘆いていた「白の」BORG89EDです。
KYOEIさんにB品が出てたので、お安く入手できました。最近のBORGは黒鏡筒ばかりになっちゃいましたが、個人的には、屈折望遠鏡は「白がかっこいい」と思うんですよねぇ。・・・夜でも存在がよく分かりますし。やはり「鳥屋さん」は黒鏡筒を好むのでしょうかね?
いずれにしても、貴重な個体を入手できました。

★早速、観望用に組んでみます♪
実は、現在経緯台を持ってないので、手持ちのフリュードビデオマスターⅡを経緯台代わりに使います。
f0346040_00185299.jpg
この三脚、スリックのサイトではもう生産してない旧製品として扱われていますが、KYOEIさんがアウトレットとして定価6万円のところ19980円という『ビックリ価格』で販売されてます。定価を見れば分かるとおり相当に頑丈な三脚で、耐荷重が8Kg(公称)もあります。もちろんその名の通りオイルフリュード式の雲台がついているので、うまくバランスをとればフリーストップ式の経緯台として使えそう♪
f0346040_00274327.jpg
手持ちの80mm鏡筒用のバンドが「まさかの」プラスチック製しかないので、新発売の80mm鏡筒バンドを試してみました。これにビクセンのアリ型プレートを接続して、三脚につけたアリミゾに乗せてバランスをとることにしました。この鏡筒バンドは不思議な構造で、一般的なバンドと異なり「開閉」できません。固定用ネジを緩めた状態でギリギリ鏡筒が回転できるような寸法に作られており、固定ネジを締めるとバンド内側に貼り付けている植毛紙(?)を通してテンションがかかり固定されるという仕組みです。賛否両論でしょうが、私は悪くないと思っています。ちなみに本来はネジ1本止めですが、精神安定上、オプションの止めネジを追加しています。

★接眼部はちょっと豪勢に・・・
f0346040_00271774.jpg
手持ちの笠井トレーディング製V-POWER接眼部(最近はBORGからも発売されていますね)を取り付けて、写真撮影にも使えるようにしました。公称では耐荷重15kgだそうですが、確かにクレイドードとは思えないほどガッシリしています。それに延長筒を取り付けて双眼装置を接続すると、ちょうど上記写真の状態で無限遠が出ました。さすがに正立プリズムをかますと無限遠が出ませんでしたので、そのうち、短い鏡筒に変えるかもしれません。(また『BORG沼』・・・・)
f0346040_00474964.jpg
V-POWER接眼部にはビクセン互換ファインダー台座を取り付けてあるので、そこに笠井のガイド鏡支持脚を使って、ファインダー代わりのミニBORG50アクロを取り付けました。それにしても、笠井の部品は無骨で「男っぽい」ですね。

★あいにく天気が悪いのですが
遠くの鉄塔に光っているランプなどを観察して、特に不具合がないことを確かめ、まずは一安心♪
4月の部活では(体に渇を入れるために)部員たちと一緒にハードなテク練(振り付け練習のこと)をこなしたので、たぶん重たい機材運びも大丈夫でしょう。(部活のオンシーズンとオフシーズンでウエストが15cmほど上下動する私って、いったい・・・・・)
さて、GWは晴れるかなぁ??


by supernova1987a | 2016-04-26 06:43 | 機材 | Comments(0)

ミルククラウンに時代の進歩を感じて・・・

★高校生の頃
一時期、ミルククラウンの撮影に悪戦苦闘していたことがありました。
色々と試行錯誤した結果、編み出したノウハウは次の通り

 ①フィルムケースの上下に小さな穴を空け、その中にミルクを入れる
 ②フィルムケースの上の穴にピンを刺し、滴下間隔を調整する
 ③受け皿は平たいものを用いて、できるだけ少量のミルクを張る
 ④部屋は真っ暗にし、バルブであらかじめシャッターを開いておき、手動でストロボを照射した後シャッターを閉じる
 ⑤クラウンに立体感を持たせるために、ストロボの光はクラウンの斜め後方から当てる

実は特に大切なのは③でして、受け皿のミルクは少ないほど好結果が得られるのですが、これに気づくのに随分時間がかかりましたっけ・・・・。
また、撮影のタイミングは実質ストロボを照射することで調整するのですが、こればかりは「勘」と「運」ですね。
撮影機材はニコンのFG20に50mmF1.8レンズと中間リング。それにサンパックの安物ストロボでした。もちろん、撮影はネガフィルムです。

・・・とにかく、初めてきれいなミルククラウンが撮れたときは感激したものです。

★時代は変わって・・・
今はデジカメの時代。
ISO感度も好きなように上げられますし、高速連射も思いのまま。
さらに、お手軽なLED照明もありますので、思いの外簡単にミルククラウンが撮れそうです。
そこで、久しぶりににミルククラウンを撮影してみたくなりました。

★というわけでやってみました
1秒間に60コマの超高速連射が可能なニコン1V3にマウントアダプターをかましてマイクロ40mmを装着します。前述の①と②はそのままですが、ここは現代風にLEDで光量を稼いで普通に高速連射でシャッターを切ってみます。
f0346040_00432380.jpg
撮影風景はこんな感じです♪

★現代風お手軽撮影によるミルククラウン
ニコン1V3+マイクロ40mmF2.8 絞りF8 絞り優先オート ISO3200
f0346040_00445635.jpg
着水の瞬間です。ちとブレていますが、お手軽撮影なので仕方ありません。
f0346040_00464797.jpg
きれいに開いたミルククラウン。美しいですねぇ。
※本当は、もう少し「突起」が長く出て欲しいのですが、たぶんミルクの量が多すぎるか、滴下高度が低すぎたかと・・・。
f0346040_00545251.jpg
「角」を残してクラウンが低くなり、次の球が落下してきます。
f0346040_00560350.jpg
菊の文様のような独特な形状の中、2滴目のミルクにより小さなクラウンが開いています。
f0346040_00570991.jpg
全体に広がっていきます。

★しかし、まあ・・・
驚きました。試行錯誤するまでもなく、一発で撮影できちゃいました。
・・・なんとあっけない・・・。

もう少し照明を明るくして絞りを絞り込むことと、滴下高度の最適化、そして受け皿にたまるミルクの量の調整を工夫すれば、もっと美しいクラウンが撮れそうですが、とにかく撮影機材の進歩に脱帽です。


by supernova1987a | 2016-04-19 06:28 | 科学写真 | Comments(2)

春ですね♪

★すっかり暖かくなりました

しばらく、お恥ずかしいサムヤンネタを書き連ねたので、お口直しに「お花の写真」なぞ・・・。

そういえば、昔から一番好きな色は「黄色」でした。
ミザールのアルテア15の黄色い鏡筒は大好きでしたし、ニコンのイメージカラー(?)の黄色も素敵です。
・・・というわけで(?)
今回は実家の黄色いお花を撮影してみました。

★サンシュユをマクロ撮影
f0346040_23013667.jpg

  ※ニコンD810A+ニコンマイクロ105mmF2.8G マクロスピードライトで2灯ライティング


★ブルビネラをマクロ撮影
f0346040_22581824.jpg
  ※ニコンD610+ニコンマイクロ60mmF2.8G マクロスピードライトで2灯ライティング

・・・ほとんど原型を止めていないほどの拡大ですが、まあ、こういう表現も悪くない・・・かな?
これから日を追うごとにいろんな花が咲いてきますねぇ。
楽しみです♪


by supernova1987a | 2016-04-14 06:50 | 自然写真 | Comments(2)

サムヤン14mmF2.8現状復帰作戦②

片ボケ修理に失敗したサムヤン14mmF2.8の現状復帰作戦の続きです

★絞りが作動しなくなった件

・・・この原因に苦戦しました。
実はこの復帰行程こそが、「マウントを先に外す」と不能だったわけです。
さて、色々な部分を穴が開くほど注視して、絞りの動作には2点のポイントがあることが分かりました。

絞り動作復帰のポイント①
f0346040_21195625.jpg
写真の上にあるピンを写真の下部に見えるV字状のカムの凹みに正しく入れないと絞りリングと絞りが連動しないことが分かりました。
ただし、この作業は、銀色のマウント部と前述の黒い部品を分解しないと作業不能です。
f0346040_21225535.jpg
この状態なら容易にピンとカムの位置調整ができます。
さっそく、復帰させます。


絞り動作復帰のポイント②

ニコンのマニュアルレンズは電子絞りではなくメカニカル絞りなので、ボディ側の動作によって絞りが作動しなければなりません。それを担っているのが
f0346040_21273914.jpg
写真中の○で囲んだ部分にある小さなレバーらしいことが分かりました。
さらに、このレバーを動かしているのは、
f0346040_21300892.jpg
この金具のようです。

実際にはポイント①とポイント②の作業を同時に行うことになります。
各レバーやカムは「動くように」作られているので位置あわせが少々やっかいなのですがが、先述のように銀のマウントから黒い部品を外しておけば、なんとか作業が可能でした。
f0346040_21352196.jpg

★カメラに装着してみます

おお!
ちゃんと絞りが動作します。
カメラとの信号通信も正常のようです。
カメラ側からコマンドダイアルで制御しても手動で絞りリングを動作しても、正常に絞りが動きました。
・・・もちろん、クリック感ありです。

★あまりにもうれしすぎて

・・・ええと、白状すると、カメラ用レンズの分解は、大昔(高校生の頃に)コニカのヘキサノン200mmF4を無理矢理ニコンのFG20に装着するという暴挙を行った時以来のことでして、もう内部の仕組みとか「ちんぷんかんぷん」でした。

・・・・え?肝心の片ボケはどうするのかって?

いや、細かいこと(細かくないけど)気にしなければ、ちゃんと写りますよぉ。
f0346040_22341509.jpg
   ※ニコンD610+サムヤン14mmF2.8 絞り開放

これとか、
f0346040_22435011.jpg
 ※ニコンD610+サムヤン14mmF2.8 F5.6

これとか・・・ね(やせ我慢)。

ま、要するに、ゴミにならなくて良かったね♪
ということで、めでたし・めでたし♪


(お約束)
本ブログの記事を参考に、レンズに手を加えた場合、被害を被っても責任はとれません・・・です。
当然、メーカー保証も無くなるでしょうし、あくまで「自己責任」というわけで・・・。


by supernova1987a | 2016-04-13 06:15 | 機材 | Comments(0)

サムヤン14mmF2.8現状復帰作戦①

★スケアリング調整失敗の上、破壊・・・

現状復帰すら失敗し、絞りリングが作動しなくなったサムヤン14mmですが、原因を探ることにします。

★そもそもの失敗は・・・
色々考えて、そもそもミスしたのは、いきなりマウントを外したことにあることが判明しました。
f0346040_21023802.jpg
銀色のマウント本体を止めているネジを外せば、上の写真のように簡単にマウントが外れるのですが、これだと電気信号伝達用のリボンがついたままですし、なによりも後述するレバーやピンとカムの組み合わせ調整が不能なわけですね。

★推測される『正しい』分解手順は・・・
どうやら、下の写真のように、マウントを外す前に、連動接点がついている部品を外すのが正解のようです。
f0346040_21063226.jpg
すると、こんな感じで黒い部品が外れて作業しやすくなります。
f0346040_21071759.jpg
さて、作業を続けましょうか・・・


★絞りリングのクリック感が無くなった件

・・・いやあ、組み立て途中で「イヤな感触」があって絞りリングが外れたんですよねぇ
f0346040_20584306.jpg
リングをよく見ると、多数のミゾが刻まれていることが分かります。
おそらく、ここにボールが当たり、クリック感をもたらしているのだと推測されます。
そして、ボールがあったと推測されるのは、下記の写真の○印の部分・・・
f0346040_21100325.jpg
小さな穴にスプリングが装着されていることが分かりますね。
しかし、肝心のボールはどこに消えてしまったのでしょう??
「お約束」の「本体を振ってみる」をやってみても「カラカラ」音がしません。
まさかの「ボール紛失」勃発のようです。

★部屋の中を決死の捜索!

まあ、スプリングについていたボールでしょうから、絞りリングが外れた瞬間に「飛んだ」のでしょうねぇ。
目を皿のようにして部屋のカーペットの上を這いずり回ると・・・・
f0346040_21125223.jpg
ありました!!

なんという、不幸中の幸い!
少しコツ(絞りリングのミゾ側からボールを内側に押しつけるようにして嵌めるという動作)が必要でしたが、これで絞りリングのクリック感は取り戻せました♪


★★以下続きます★★

(お約束)
本ブログの記事を参考に、レンズに手を加えた場合、被害を被っても責任はとれません・・・です。
当然、メーカー保証も無くなるでしょうし、あくまで「自己責任」というわけで・・・。

by supernova1987a | 2016-04-12 06:55 | 機材 | Comments(6)

サムヤン14mmF2.8修理「大」失敗!

★まずはお約束の・・・

ええと・・・
本ブログの記事を参考に、レンズに手を加えた場合、被害を被っても責任はとれません・・・です。
当然、メーカー保証も無くなるでしょうし、あくまで「自己責任」というわけで・・・。

★期待の新兵器となるほずの・・・

f0346040_20292274.jpg
サムヤン14mmF2.8なのですが、見事に「ハズレ玉」を引いてしまいまして・・・
もう、すさまじいほどの片ボケで、とても星座撮影に使えませんでした。

★諸般の事情で返品交換期間は過ぎてましたので

こうなったら、ネットで収集した先人のお知恵を拝借してスケアリング調整を試みるしかありません。
もっとも、私のサムヤンはいわゆる「後期型」で、絞り連動ピンに加えて電子接点も装備されているニコン用『P型』レンズです。このタイプの分解を試みた方は見あたりませんでしたので、うまくいけばブログのいいネタにもなりますし元理系の血が騒ぎます・・・わくわく!

ちなみに過去の経験から、分解するときは、1工程ごとにデジカメで写真を撮ることにしています。
・・・組み立て直してみると「ネジが1本余った」などというヘマを回避するためです♪

・・・というわけで・・・
f0346040_20350381.jpg
マウントを外してスケアリング用にアルミホイルセットし、その枚数を変えながら試写する
という作戦を決行しました。

★その結果・・・・

はい。
ブログのタイトル通り、「大」失敗でした。

●失敗①
 アルミホイルの枚数が少ないと、スケアリングを補正しきれませんでした。
 かといって枚数を増やすと、マウント周りの構造物との角度が変わりすぎるため、カメラに装着できなくなりました。

ようするに、自前で修理できる程度の軽微なスケアリングズレではなく、大幅なズレがあったということですね。
むう、残念。

★片ボケしたまま活用法を探る・・・ハズが

・・・と、まあ、ここまでは想定内の失敗です。
もともと『自己責任』で『遊んだ』訳ですし、それがイヤなら「ちゃんとした」メーカーのレンズを買えばいいわけです。
・・・ところが、問題はここからです。

泣く泣くアルミホイルを撤去して組み立て直してみると・・・・

●失敗②
 絞りリングのクリック感が無くなりました!

●失敗③
 絞りリングを操作しても絞りが動きません!

要するに、現状復帰すら失敗したわけでして、このままではサムヤンがゴミになってしまいます。

★せめて現状復帰を!!

・・・というわけで、改悪どころか「破壊」してしまった感の強いサムヤン14mmですが、このままゴミにしてしまうのは残念すぎて気が収まりません。
なんとかして改悪の原因を調べることにします。
むろん、ネット上の情報はありませんので、うまくいけば、良いネタになるかも・・・・。

★以下続きます★


by supernova1987a | 2016-04-11 20:53 | 機材 | Comments(2)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク