あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
オヤジです オヤジAr..
by oyaji_22 at 07:57
> Gさん 私も驚..
by supernova1987a at 04:57
えっ!単体で使えるとは驚..
by G at 08:16
> KENさん こ..
by supernova1987a at 05:46
こんばんは! NikC..
by KEN at 02:10
> にゃあさん ね..
by supernova1987a at 00:38
なんと、単体で動くのです..
by にゃあ at 23:43
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 09:25
>手始めにVisualS..
by kem2017 at 05:39
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 01:40
以前の記事
お気に入りブログ

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

梅雨の楽しみ

★毎日「じめじめ」ですね

この時期は、天体写真、マクロ写真ともに新作が撮れません。
このままではストレスが溜まるので、先日新調+修理した2台の自作PCの動作テストも兼ねて、GWに撮影した干潟星雲の再処理をやってみましょう。


★今回の『素材』は・・・

GWに満濃町で撮影した、いて座の干潟星雲M8です。

・望遠鏡:ビクセンVMC260L+レデューサVMC(1860mmF7.1 相当)
・フィルタ:LPS-P2フィルタ
・カメラ:ニコンD810A
・露光:ISO6400 15秒露光
・赤道儀:ビクセンnewアトラクス(K-ASTEC改造)
・ガイド:ノータッチガイド

はい。いつもの手抜き撮影ですが、この素材、なんと443枚もあります。
料理のし甲斐がありますね♪

ちなみに撮って出しだと、こんな感じです。(キャプチャーNX-DでRAW現像)
f0346040_04015868.jpg
★中心部をトリミングして30度回転すると

今回は、M8の中心部から広がる「まるで炎が立ち上るような」構造を狙います。
トリミングすると、こんな感じです。

f0346040_04052053.jpg
ああ、良く写っていますが、ザラザラですね。大気差による分散で「色ずれ」も発生しています。
これをコンポジットと各種画像処理で仕上げてみます。

★443コマを加算平均コンポジットすると

f0346040_04074412.jpg
おお! さすがに、443コマコンポジット。
完全にノイズが消えて、滑らかになりました♪

問題は、ここからです。今回はPCのリハビリも兼ねていますので、使えるソフトをフル動員でやってみます。

★画像処理、『全部盛り』で♪

ここからの処理は、下記の通りです。
①ステライメージ6.5のRGBカラー合成機能で、大気の分散による色ずれを補正
②ステライメージ6.5のデジタル現像で、階調補正
③いったんL画像とRGB画像に分離
④L画像を2枚に複製
⑤一方のL画像にステライメージ6.5の最大エントロピー画像復元を3段階で実行
⑥他方のL画像にはステライメージ6.5のマルチバンドウエーブレット処理を実行
⑦ノイズ軽減と恒星の引き締めのため、ステライメージ6.5のスターシャープフィルタを実行
⑧スターシャープの弊害で発生する輝点ノイズをホットピクセル除去機能で削除
⑨⑤と⑥を加算平均コンポジットした後、アンシャープマスク処理
⑩L画像とRGB画像をLRGB再合成
⑪ステライメージ6.5のレベル調整をカラーチャンネルごとに実行
⑫できあがった画像をTIFF変換
⑬キャプチャーNX2でブラックポイントとカラーポイントの部分修正
⑭シルキーピクス7でHDR処理+ノイズ低減処理+シャープ処理
⑮シルキーピクス7でフィルムテイスト(今回はコダクローム調)を実行
⑯完成♪

・・・・なんだか、遊んでますが、今回はコレで良しとします。
すると、

f0346040_04202364.jpg
おお、とても良い感じです♪
火山の火口から立ち上る火焔のような複雑な構造が、描写できました。

・・・やっぱり、干潟星雲は面白い。
オリオン座大星雲よりも「料理」しがいがあるかも、ですね。

★梅雨時と言えば・・・

毎日ジメジメで、一向に晴れ間が見えないこの時期ですが、
天文マニアの間では、恐ろしい『病気』である『ポチリヌス菌』ってヤツが猛威を振るうらしいですね。

ええと・・・
ZWOのマイクロフォーサーズ冷却CMOSカメラ「ASI-1600MC-COOL」を、ですね。
その・・・・・。


by supernova1987a | 2016-06-28 04:33 | 天体写真 | Comments(0)

PC2台の耐久テストも兼ねて

★なんやかんやで・・・

結局、主力のデスクトップPC1台を新調したついでに、壊れた1台も上手く修理できたので、2台が手元に残りました。

ちなみに、ありがたいことに
 MSオフィスは2台までインストール可。
 一太郎と花子(好きなんですよ、このソフト)は3台までインストール可。
 シルキーピクスも2台まで可。
そして、ステライメージにいたっては
(同時に起動しないという条件付きで)何台でもインストールできます。
そういえば、10数年前に(私、本職のプログラマではありませんが)仕事で必要になってソフト開発してたときに、自腹で買ったDELPHI(オブジェクトパスカル)のライセンスがコレでしたね。
会社と自宅とモバイルの3台にそれぞれ10万円近いコンパイラを買わされたのでは、元がとれませんものねぇ・・・・。ふと思い出しました。

さて、とりあえず、最低限の主要ソフトはインストールできたので、耐久テストも兼ねて、画像処理をしてみました。


★今回のお題は天体ではなく「ホタル乱舞」・・・・

今年はタイミングが悪く、ホタル撮影をあきらめちゃいました(涙)。
・・・悔しいので、PCのテストがてら、昨年処理途中だった画像を仕上げることにします。


★元画像は、こんな感じです

昨年の6月15日に塩江某所で撮影した画像は、こんな感じでした。
ニコンD610に24mmF5.6、ISO1600の20秒露光のRAWで撮影したものです。
高感度ノイズ補正と長秒時ノイズリダクションはかけていません。
f0346040_23173120.jpg
それほど大量のホタルが飛んでいたわけではないのですが、まずまずの写りです。
なにしろ数十枚連写してますので、好きなだけ比較明コンポジットで重ねられます。

しかし、ホタルの光跡だけではなく、背景をうっすら描写しようとすると、問題が山積です。

上記の画像をピクセル等倍で見てみると・・・・
f0346040_23223779.jpg
背景を暗く落としていれば目立ちませんが、暗部を立ち上げた途端、カラフルなホットピクセルまみれになっちゃいます。
また、全体画像をみても明らかなように、D610の弱点であるアンプノイズ(らしきもの)で下半分が真っ赤っかに・・・。
ニコン純正の現像ソフトは優秀で、アストロノイズリダクションを掛ければ、輝点ノイズはほとんど取れるのですが、アンプノイズはどうしようもありません。

★昨年は、ソフトの仕様で無理でした

天体写真もそうですが、ダークノイズを補正したければ、後からダークファイルを撮影して、減算すれば良いわけです。
・・・が、昨年はステライメージが「6」だったので、D610のRAWファイルが読めず、断念しました。
今年はステライメージの「7」がありますので、真面目に処理してみました。

色々試行錯誤した結果、「下ごしらえ」が重要なようです。(最初、これに気付かず、何度もエラーで落ちました)
まず、ステライメージ7を用いて全てのRAWファイル(ダークも)をベイヤー形式のままFITSファイルに変換しておくのが肝心です。
ダークファイル42枚をベイヤーのまま加算平均コンポジットしてダークファイルにし、先ほどの画像にダーク補正をかけると・・・
f0346040_23351912.jpg
完全ではないですが、輝点ノイズがほとんど目立たなくなりました♪
それになにより、モワモワひろがっていたアンプノイズ(らしきもの)がきれいに消えてスッキリしました。
f0346040_23364815.jpg
これなら、背景を持ち上げてもなんとかなりそうですね。

ただし、背景を重視したトーンにすると肝心のホタルの軌跡が「白っぽく」なっちゃいますので、ホタルを重視したトーンでの処理と、背景を重視したトーンでの処理と2パターンで画像を仕上げて、最後に合体させることにしました。

★63コマコンポジットの結果は・・・

さて、63コマ比較明コンポジットしたホタル主体の画像と、63コマ加算平均コンポジットした背景主体の画像を合体させ、
シルキーピクスで色調調整とシャープ処理。キャプチャーNX2(まだ手放せません)で部分カブリ補正など、微調整・・・・・。

すると!
f0346040_23393765.jpg
おお。とても良い感じです♪

なんとかホタル写真の画像処理について自分なりの「答えらしきもの」が見えてきたので、来年こそはがんばります。

ちなみに、肝心のデスクトップPCの調子ですが、
数時間に及ぶ画像処理の間、一度も落ちることなく2台とも走りきりました。
・・・ああ、今までの悪夢が嘘のよう♪
(こんなことなら、やせ我慢せずに、もっと早く処置するんだった・・・・)


by supernova1987a | 2016-06-20 23:56 | 自然写真 | Comments(0)

ついにメインPCが・・・・

★このままだと間に合いません

先日来調子の悪かった自作PC。
急ぎ後継機を組み上げつつも仕事の関係上週に1回しか作業できないため、完成した後継機にデータを移す作業に難航していました。本業用のデータはバックアップを頻繁に取っているので大丈夫なのですが、趣味のデータがとにかく大変でして、特に写真のデータが巨大化の一途を辿っているので、どうもいけません。MOやCD-Rにバックアップが取れていた時代が懐かしい・・・。

また、各種ソフトの移行も進んでいません。ソフトによっては一度オンラインで登録情報を削除しないとアクティベーションに失敗するものもありますし、メーカーへ電話して別PCへの移行許可を取る必要のあるものもあって頭が痛いです・・・。

このままだと、現PCが壊れるのと新PCのセットアップが完了するのと、どちらが早いかの勝負・・・・だったのですが。

★ついに、死亡

データ移行作業を進めようとPCの電源を入れると、Windowsが起動して数秒後に落ちました。
何度か再起動をしているうちに、ついにBIOS画面すらフリーズするように・・・。
・・・自作Corei7-950機、ついに死亡です。

新PCへのデータの移行が済んだらのんぴり使える部品を使って復活させて楽しもうと目論んでいたのですが、そうもいっていられません。というわけで予定を変更して、急遽復活させることにしました。
・・・毎週恒例の応援部の指導を終えた後(テーピングが甘くて、人差し指の骨を「やっちゃた」ぽいですが、ぐっと我慢して)作業に取りかかりました。
(ああ、年甲斐もなく『片手拳立て』とか、『全力の手刀』とか、して見せるもんじゃないですね、全く。・・・痛いよう・・・。)

★もう、挙動が怪しい部品だらけ

だましだまし使っていたので、とにかくダメっぽい部品「だらけ」です。
なにしろ『死ぬ』直前のエラーログがこんな有様ですので・・・
f0346040_04524219.jpg
だましだまし使ってきたツケが一気に回ってきた感じで、もう笑うしかありません。
エラーメッセージは色々な原因が複合的に作用した結果ですので、ログを解析したところで不良箇所が特定できる気がしません。とりあえず本気でヤバそうなのは下記の項目

①シルキーピクスでバッチ処理するとCPUの温度が85℃を超えてマザーが鳴る
 →CPUのヒートシンクが埃まみれな上に、おそらく熱伝導グリスも劣化してるのでは?
②メモリのエラーが頻発
 →トリプルチャンネルなので3本まとめて交換しないと改善し無さそう
③突然電源が落ちることが多くなった
 →マザーのコンデンサは傷んでなさそうなので、電源が怪しい?
④CMOSが飛ぶ
 →マザーボード上のリチウム電池が弱っているかも
⑤SSDが満杯に近い
 →そろそろ120GBでは限界ですね
⑥USBカードリーダが不安定
 →寿命のようですね

・・・この際、変なところを徹底的に直すことにしました。

★まずは、CPU周りを・・・
f0346040_05043424.jpg
純正のリテールクーラーを外し、パリパリになったグリスを掃除します。

f0346040_05114988.jpg
ヒートシンクのグリスも掃除しましたが、埃まみれになっていたので、流水で掃除してドライヤーで乾燥。

f0346040_05124651.jpg
ピカピカになりました♪

f0346040_05134231.jpg
グリス塗りはあまり得意ではないので、ショートしにくそうなセラミックグリスをチョイス。

・・・CPU周りの補修完了です♪


★メモリは、思い切って・・・

現状はDDR3・1GBの3枚差しなのですが、ゆくゆくはOSをWin10の64bitに換えるつもりなので・・・

f0346040_05171162.jpg
DDR3・4GBの3枚差しに決めました。
・・・しかし、6年間のうちに『恐ろしく』安くなりましたね、DDR3メモリ。

f0346040_05183222.jpg

CPUに続き、メモリ周りも完了♪

★作業を進めつつ、その時間を利用して

システムディスクの引っ越しとバックアップを進めます。

f0346040_05200610.jpg
120GBのSSDから240GBのSSDへシステム丸ごとの引っ越し。
最近は、PCにつながなくてもスタンドアロンでコピーする装置があるので、楽ちんですね。
あっという間にクローン完成です。
次に、2.5インチHDDにシステム丸ごとをコピーします。非常時の起動用バックアップです。

★マザーのバックアップ電池も・・・

まだ生きてる可能性はありますが、今後の憂いを絶つためにコイン電池を交換します。
f0346040_05230134.jpg
電池がまさかの半田づけされていたONKYOノートPCの時と違って、今回は『ちゃんとソケットに』電池が刺さっているので数秒で交換完了。楽勝です♪

★電源も交換

安物ですが、500Wから600Wに交換しました。
SSDや電源やカードリーダーを接続すると・・・

f0346040_05312453.jpg
修理完了っ♪

★問題はここからです

おそるおそる電源を入れます。
・・・これでダメなら、「まさかの」マザーボードかCPUが死んでいることになり、復活は不能ですので、緊張します。

・・・動きました!!

早速、シルキーピクスでD810AのRAWファイル200枚を現像するバッチ処理を走らせてみます。

おおー。(どの作業が功を奏したのか微妙ですが)落ちません!!
室温28℃でのテストですが、CPUフル回転でコア温度もMAX74℃程度に安定。

ちなみに、ステライメージで200枚のコンポジットを行う程度の処理なら
f0346040_05355815.jpg
余裕の57℃。
素敵です♪

★という訳で・・・・

PC復帰記念(というか、復帰検証テストとして作業しただけですが)として、
D810AとBORG89EDで撮影した(まま処理せず放置していた)北アメリカ星雲のデータを仕上げてみます。

BORG89EDに笠井トレーディングの0.8×汎用レデューサ+LPS-D1フィルタ併用
追尾はケンコーEQ6-PRO赤道儀にてノータッチガイド
D810AでISO6400・15秒露光した200コマのデータを画像処理すると・・・

f0346040_05462024.jpg

※RAWファイルをシルキーピクスで現像し、TIFFファイルに変換。
TIFFファイルをステライメージでホット&クールピクセル除去した後、2×2ビニング処理
上記の加工を施した200コマのデータを加算コンポジットした後、
デジタル現像・L画像にアンシャープマスク処理・LRGB再合成処理・周辺減光補正処理・トリミングなど実行

おお、なかなか良い感じです♪

★えっ?

メインPCが復活するなら、
先日新しく作ったcore i5機ってムダでは・・・ですって?
いや、そんなハズは無い・・・・です。たぶん。


by supernova1987a | 2016-06-14 05:52 | 機材 | Comments(0)

今更ながら、デジカメの驚異

★意外な盲点

しばらく封印していた天体観測を復活させて約2年が経過しました。
これまで、ビクセンのVMC260Lや笠井のカプリやトミーのBORGなどを使った『ややマニアックな』天体写真ばかり撮影&処理してきました。
IR改造したD5000やD810Aや冷却CMOSカメラなどを使いながら、多数枚コンポジットなどの威力を思い知った訳ですが、ふと、原点に立ち返ってみようかなあ・・・などと。

いえ、別にたいしたことではないんですが、GWに撮りためていた写真のうち、イーブンオッド法でコンポジットするために固定撮影で連写していた多くの写真データを眺めていて、思ったわけです。

『お気軽一発撮りの写真って、デジタル現像処理でどこまで綺麗になるんだろうか??』

と・・・。


★まずは一発撮りの『撮って出し』

5/1~5/2にかけて満濃まで出かけた割には、どうもモヤモヤした空で、光害の影響もモロに受けていたため、肉眼では天の川が「うっすら」見える程度の空でした。この条件ではガイド撮影しても『真っ白け』にトンでしまうだけだろうと判断し、D610はガイド撮影せず、三脚に載せてひたすら固定撮影の連写し、比較明合成(ORイーブンオッド)用の素材を撮りためておくことにしました。

さて、D610にシグマの20mmF1.8を付けて、絞り開放F1.8・ISO800・15秒露光したものを『撮って出し』してみると・・・・
f0346040_03052878.jpg
フィルムカメラと異なり、低照度相反則不軌が無いデジカメですから、肉眼よりは明るく写ります。
とはいえ、条件が悪いので・・・まあ、こんなものですね。


★この写真を、コンポジットは『無し』で、全力現像してみると

まず、RAWファイルをキャプチャーNX-Dに通して、下ごしらえします。

 ①ホワイトバランスは光害の影響を低減するために蛍光灯に
 ②露出補正機能で1EV増感
 ③アストロノイズリダクションでホットピクセルを除去
 ④TIFFデータで書き出し

次に、TIFFファイルをステライメージで読み込み、以下の処で仕上げます。

 ①2×2のソフトウェアビニング
 ②レベル修正
 ③デジタル現像
 ④画像を複製してL画像とRGB画像に分割
 ⑤L画像にトーン修正とホットピクセル&クールピクセル除去処理
 ⑥L画像に周辺減光補正を軽めに
 ⑦LRGB再合成
 ⑧Labカラー調整処理
 ⑨水平が狂っていたので少しトリミング

すると・・・・・
f0346040_03144219.jpg
うわあ!
コンポジット無しでも、真面目に現像するだけで、
こ、こんなに良くなるのかっ!
自分で処理しておきながら、なんだか狐に化かされたような気分。

いや、これ、フィルム時代なら、満濃のベストコンディションの空であっても、赤道儀で15分とかガイド撮影しないと無理だった・・・はず。
こんなん、反則や~。

・・・ということは、適当にノータッチガイドした20秒露光のコマをコンポジットして画像処理したら?!・・・ごくり。
あーあ、スカイメモでも良いからガイド撮影しておくんだった・・・。
空の状態見て、てっきり「綺麗な星野写真は無理」と決めつけていた、という痛恨のミス。

いつか天体写真を撮ってみたいと思っている皆さん、
上記のような天の川の写真で良ければ、望遠鏡も赤道儀も天体改造カメラも要りません。

今回、あぷらなーとがやったように、
 ・普通の三脚に、広角レンズ付けた一眼レフ載せて
 ・レンズの絞り開放で
 ・感度はISO800~3200程度にして
 ・10~20秒シャッターを開けて
それだけで、すんごい天の川、きっと写っちゃいますから。

※あ、でも難しいのは撮影した後の現像処理の方なんですけどね・・・。


by supernova1987a | 2016-06-07 03:40 | 天体写真 | Comments(2)

メインPCの新調③

★前回のつづきです
f0346040_05252446.jpg
今回のケースは3.5インチベイに全てマウンタがついているので助かります。
まずはSSDをマウントします。

f0346040_05253064.jpg
続いて、HDD2機をマウントします。
どちらも3TBのHDDですが、あえてメーカーは揃えていません。(WDと日立)
一方をデータ書き込み用にして他方をバックアップ専用にするつもりなのですが、同じメーカーだと「同時期に寿命を迎えてクラッシュ」するのが怖いのでそうしたわけです。・・・ま、この辺は好みですよねぇ。あ、ちなみに私、チキンなのでRAIDとか怖くて組めません(笑)。

ちなみに、このケースのマウンタは特殊でして、シリコンゴム状の分厚い『下駄』がねじ穴に刺さっています。たぶん、これで振動を打ち消して消音化するのでしょうね。多少『プルプル』しますが、別に移動用に使うわけではないので、良しとしましょう。あ、ちなみに付属のネジは日立のHDDのねじ穴が浅すぎてうまく固定できませんでしたので、手持ちのゴム製ワッシャーをかましました。

f0346040_05344561.jpg
マウントしたストレージの装着は、上記のようにガシャポンと差し込むだけです。
面白い構造ですね。(マウントがプラスチックなので、若干の不安は残りますが・・・)

f0346040_05361761.jpg
よく冷えるように1段飛ばしで3機のストレージを格納しました。

f0346040_05371875.jpg
光ドライブを装着するには、一度フロントパネルを外してしまう必要がありました。後ろからではなく、前から挿入します。
ある程度差し込んだ段階で、ガチャンと音がして自動的にロックがかかりました。このケースの5インチベイ、なんとネジいらずでした。

f0346040_05392865.jpg
ケースの裏面に配線を這わせるためのスペースがありますので、極力コード類は裏を通すようにしました。ストレージへの配線が非常に楽ちんでした。
この構造はポイント高いですねぇ。

f0346040_05410489.jpg
あっけなく完成しました!!

配線を後ろに飛ばしてますので、マザーボード上の空間がとてもスッキリしています♪
これはエアフロー良さそう♪

★この瞬間は、毎回緊張します・・・

早速、手持ちのキーボードやモニタを接続して、BIOSが立ち上がるかチェックしてみます。

前回書いたとおりフロントパネル関連の極性が不安だらけだったので、正直、電源ボタンを押すのは怖かったです。

f0346040_05453756.jpg
おお!無事に立ち上がりました♪
よかった~。

あら?
最近のASUSはBIOS画面が「派手」になったんですねぇ。
ちょっとビックリ。

ちなみに、今回の制作時間は、途中休憩を含めて約3時間でした。
それにしても、6年間のブランクを感じました。ケーブルの極性とマウンタのネジ長不一致などで1時間ほどロスしましたもの・・・・。

とにもかくにも、ここまで来れば一安心。
あとは、のんびりソフト系のインストールをするだけです。

果たして、もくろみ通り、「シルキーのバッチを走らせ続けても落ちないマシン」になるでしょうか??

★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2016-06-02 06:24 | 機材 | Comments(0)

メインPCの新調②

★買い揃えたパーツは・・・
f0346040_03442032.jpg

ケース:ANTEC P100
マザーボード:ASUS  H170-PRO
電源:オウルテック 650W RA-650S
CPU:core-i5-6600
クーラー:Intel Thermal Solution TS15A
グラボ:無し
メモリ:Transcend DDR4-2133  8GB×2
SSD:SanDisk UltraII 480GB
HDD:WDの3TB+日立の3TB
光ドライブ:ASUSTek DRW-24D5MT
OS:windows10 Pro 64bit

★早速作ってみます

f0346040_04172683.jpg
音が静かなケースとしてそこそこ人気があるらしいですが、ANTECのP100、なかなかにユニークな内部構成ですね。
ほぼ6年間PC自作から遠ざかっていた身としては、電源スペースが下にあったりパッシブダクトが無かったり、マザボの裏に配線を隠すスペースがあったり、それになによりディスクのセットがワンタッチでできたり・・・色々「浦島太郎」です。安いのに、色々と工夫されている面白いケースだと思います。

f0346040_04224651.jpg
まずは電源を取り付けました。ケースの下に吸気口があったので、たぶんこの向きで正解のハズ。
f0346040_04235427.jpg
背面からネジ止めしますが、この部分はあんまり「しっくり」きませんでした。まあいいか。
f0346040_04252807.jpg
マザーボードです。Gigabyteのマザーが面白くて好きだったのですが、今回は個人的「無難そう」な印象を持っているASUSにしました。

f0346040_04273936.jpg
ケースにマザーボードを取り付けます。ケースの寸法に余裕があるので楽ちんですね♪

f0346040_04284997.jpg
CPUとクーラーファンを取り付けます。純正の別売りクーラーですが、ちと、でかいですねぇ。
今回使用しなかったリテールクーラーは今後の補修部品として取っておきましょう♪

f0346040_04304710.jpg
メモリを取り付けます。
マザーボードのマニュアルによれば、2枚差しの場合、1-3番スロットよりも2-4番スロットを使った方が相性が良い(なんで?)そうなので、素直に従います。

f0346040_04331571.jpg
次に、ケースのフロントパネル系統のケーブルをポチポチ挿していくのですが・・・・
あれ??
たしか、この手のケーブルって、たしか、黒くない方の「カラー線」がプラスでしたよねえ?
で、裏返すとソケットにプラスを示す三角マークがついている・・・と。
なのに、このケースのケーブル、黒い線の方に三角マークがついてる!?
え?どっちがプラスなの??
あわててメーカーサイトにアクセスしてのマニュアルを見ると、黒い線がグランドだと明記されています。
じゃあ、三角マークは何なの???

・・・しばらく悩んだ結果、「メーカーが製造時にミスするとしたら、ケーブルの色よりもソケットの向きの方が可能性が大きいのではないか」と勝手に判断して「色を信用する」方針で接続していきます。

f0346040_05195589.jpg
無事(?)、配線が完了しました♪
あとはストレージを装着すれば完成です。

★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2016-06-01 06:05 | 機材 | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク