あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> Gさん おお!SI..
by supernova1987a at 10:10
ありがとうございました。..
by G at 09:23
> にゃあさん 先..
by supernova1987a at 00:49
> らっぱさん は..
by supernova1987a at 00:39
> にゃあさん 焦..
by supernova1987a at 00:32
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:23
何気に読み過ごしたのです..
by にゃあ at 09:07
>焦点内外像がちゃんと「..
by らっぱ at 18:50
焦点内外像って、どこで言..
by にゃあ at 17:46
> あの・・・み、皆さん..
by kem2017 at 17:25
以前の記事
お気に入りブログ

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

梅雨明けに備えて

★昨夜は少し晴れましたが・・・
ZWOの冷却CMOSカメラASI1600MC-COOL ですが、まだファーストライトに至っていません。
今夜は月明かりが激しいのでテスト撮影はパス。
代わりに、色々と準備をしてみました。

★小道具①
メインはVMC260Lやカプリ102EDやBORG89EDなのですが、せっかくのマイクロフォーサーズチップですので
カメラ用のレンズも活用したいところですね。
手持ちのニコン用レンズの大半はGタイプレンズなので先日のアダプターだと絞りが操作できません。
・・・というわけで・・・
K&F Conceptsのマウントアダプター(ニコンG→M4/3)です♪
f0346040_22301618.jpeg
アマゾンで2700円ほどの安物ですが意外にもカッチリした作りで驚きました。
目立ったガタもなく、絞りの操作もなかなか快適です。上の写真に写っている銀色のリングを回すとレンズ内の絞り連動レバーが作動するという仕掛けです。
うーむ。これ考えた人、賢いなあ・・・。

f0346040_22343006.jpg
こんな感じでGレンズとASI1600MC-COOLが接続できます。
うん。なかなか格好いいですね♪
f0346040_22353625.jpeg
ニコンのAF-S70-200mmF2.8GⅡと接続すると、フルサイズ換算で140-400mmF2.8相当になりますね。
なんか、短時間露光で星雲がサクサク写せそうです♪

★小道具②
ついでにこんな物も。
f0346040_22395362.jpeg
中一光学のレンズターボⅡです。
こちらは少々高くて19500円でしたが、これはいわゆる「カメラレンズ用のフォーカルレデューサ」なので、焦点距離が0.726倍になった代わりにF値が1段明るくなります。昔はテレコン(フォーカルエクステンダー)はあれどもレデューサーはカメラ用品としては見かけず、天体望遠鏡の世界だけのパーツでしたが、最近は変換アダプターのおかげで一般的になりましたね。
f0346040_22433655.jpeg
シグマのAPS-C用30mmF1.4(初期型)に接続すると、21.8mmに短縮されます。
フルサイズ換算で、43.68mmのF『1.0(!)』相当になりますね。
f0346040_22432955.jpeg
絞り開放から使い物になるかどうかは分かりませんが、なんだか凄そうです♪

ちなみに、こちらのアダプターも作りがしっかりしているのですが、ZWOの接続アダプタと相性が悪いようで、『嫌な』ガタが出ます。
・・・というか、実は相当に深刻なのですが、レンズに少し力を加えると「ペコン」と音がして、わずかにアダプタが下に傾いて微少な隙間が空きます。要するにスケアリングが狂ってしまう訳です。あいにく、『本物の』マイクロフォーサーズカメラを持っていないので、ZWOのリングとレデューサのどちらに原因があるか特定できないのですが、実際の撮影ではパーマセルテープなどで固定してやらないと露光中に「ペコン」と動いてしまうかもしれません。

★三脚台座は(半分)失敗
三脚座の無いレンズで撮影するための、冷却CMOSカメラ本体を保持する三脚台座なのですが、これ、実は2個入手していました。
冷却CMOSカメラの前と後の2カ所に台座をつけて、プレートにがっちり取り付けようと目論んだわけですが、これはちと失敗でした。
この台座は本来、カメラレンズにつける純正台座の代用品としてサードパーティが販売している物では無いかと推測します。
その証拠に、三脚台座本体に「70-200mmF2.8用」と明記されています。
f0346040_23000688.jpeg
純正品に比べてかなり安価なため、全体的にチープな作りが何ともいえない怪しさを醸し出しています。
汚れや傷があったり、クッション代わりの植毛紙がズレていたり・・・と、ここまでは想定内でした。
ところが、深刻だったのが、リングと台座の「直交」が出ていないこと。要するに、三脚に取り付けるとレンズが少し『お辞儀』してしまうんですね。したがって、2個リングをリングを取り付けてもプレートなどに固定できません。
これは痛恨のミスでした。ああ、なるほど、それで星見屋さんのサイトにもアリミゾへの取り付けには木製バンドを推奨と明記されているわけですね。

★とにもかくにも
「月明かりが無い」+「晴天」+「お仕事が休みの前夜」
という条件が来る日が待ち遠しいです。

むう・・・いつになることやら。


by supernova1987a | 2016-07-19 05:17 | 機材 | Comments(8)

ASI1600MC-COOLのダークノイズ

★到着したばかりの新兵器
f0346040_05091325.jpg
ZWOの冷却CMOSカメラ、ASI1600MC-COOLが納品されたので
室内を撮ってみると、予想外に低ノイズで、とても良さそうだったので、早速ダークを撮ってみました。

★室温・約30度でのダークノイズ
f0346040_05583071.jpg
※ASI1600MC-COOL ゲイン:400 撮像温度29.3℃ 露光30秒
 レベル200-20000に切り詰め ノートリミング 縮小

f0346040_06070360.jpg
※上記画像のピクセル等倍トリミング

盛大にホットピクセルが出ていますが、特筆すべきはその「均一さ」です。
画面全体に渡ってとても素直に分布しており、ASI174MC-COOLで泣かされた
「アンプノイズ」や「シマシマノイズ」が見当たりません!!

★-15℃まで冷却したときのダークノイズ
f0346040_06112046.jpg
※ASI1600MC-COOL ゲイン:400 撮像温度-15℃ 露光30秒
 レベル200-20000に切り詰め ノートリミング 縮小

f0346040_06132032.jpg
※上記画像のピクセル等倍トリミング

・・・げげっ!
 ノイズがきれいに取れて、見事なまでに真っ黒けじゃないですか!!
一瞬、データを間違えたのかと思って、何度もプロファイルを見直してしまいました。

★もっとレベルを切り詰めて見ます

思い切って、レベルを200-5000に切り詰めてみます。
ちなみに、ASI174MC-COOLだと、ゲイン200で-15℃に冷却してもこんな感じ↓でした。
f0346040_06421713.jpg


ASI174MC-COOL ゲイン:200 撮像温度-15℃ 露光30秒
 レベル200-20000に切り詰め ノートリミング 縮小

・・・もうね、右下の凄いアンプノイズと画面全体に走るシマシマノイズに泣かされてたわけです。
・・・で、ディザリング代わりにノータッチガイドでわざとノイズをずらしてコンポジットしたり、シルキーピクスでノイズ整列したりしてたんですが・・・・

ASI1600MC-COOLだと、こう↓です!!
f0346040_06190205.jpg
※ASI1600MC-COOL ゲイン:400 撮像温度-15℃ 露光30秒
 レベル200-5000切り詰め ノートリミング 縮小

ああ、なんということ・・・。
アンプノイズがほとんど出ません。シマシマノイズも皆無じゃないですか!!
(レンズをF22に絞ってキャップつけただけの撮像なので、このわずかなムラさえも迷光かもしれません)

・・・・これ、ダーク引きやフラット補正の必要もないかも・・・・
・・・・なんというか、色々ショックです(良い意味で)。

早く、早く天体で実写してみたいっ!!
・・・は、晴れて~!!


by supernova1987a | 2016-07-14 05:18 | 機材 | Comments(8)

ポチってしまった物が・・・・

★梅雨時恒例の・・・・?

天体写真が撮れない時期に蔓延するという、『ポチリヌス菌』ですが(笑)
先日ポチってしまったものが、ついに到着しました。

f0346040_05091325.jpg
ZWO社のASI1600MC-COOL
最新鋭の冷却CMOSカメラです。

マイクロフォーサーズサイズの1600万画素の冷却カメラですが
従来の冷却CCDと比べると圧倒的に安くて、信じられないことに、
およそ10分の1のお値段で手に入ってしまいます。

昨年、200万画素の冷却CMOSカメラASI-174MC-COOLを入手して使ってみたところ、
なかなか良かったので、思い切ってポチりました。

★さすがマイクロフォーサーズチップ
f0346040_05245333.jpg
チップが「でかい」です♪
星見屋さんで購入しましたが、しっかり検品してくれているおかげか、目立った傷やほこりの混入は見られません。

★さらに、いろいろなアイテムを組み合わせると
f0346040_05273471.jpg
本来はCMOSカメラ本体はTネジ接続なのですが、
そこにマイクロフォーサーズ互換アダプタとニコンFマウントアダプタを接続し、ニコンのレンズが使えるようにしました。
心配したガタもほとんどなく、とてもいい感じです♪
さらに、CMOSカメラの外径とピッタリの三脚座も入手して、三脚や赤道儀への搭載も万全♪

上記の写真は、ZWOのカメラにサムヤンのレンズという組み合わせ。
なんとも胡散臭そうで、素敵です。

★とりあえず、室内で試写♪

なにはともあれ、作動するかどうかを早急にチェックする必要がありますが、天気が悪いので
室内を試写してみました。

<ゲインとおおよその感度について>
ニコンD7000と比べてテストしてみたところ、ざっくりと言ってゲイン400でISO1600~3200程度の感度が出ているようです。

<冷却機能について>
SHARP-CAP2.6で制御してみると、外気温30度の状態でも、たった160秒で-15度まで冷えました。
やはり、昔の冷却CCDと比べると圧倒的に操作が楽ですね。

<サムヤン35mmで試写>
f0346040_05431141.jpg
ゲイン400+露光44ms 撮像温度-15℃ ノートリミング

f0346040_05440625.jpg
上記画像のピクセル等倍トリミング
おお?
なんか、とてもノイズが少ないような気がします。若干偽色っぽい乱れが見えますが、シャープさも十分。

ASI174MC-COOLもそこそこ使えるカメラでしたが、
・・・・こ、これ、実は『大当たり』の機種なのでは??

早速、ダークノイズのテストをしてみなければ!!

★★★以下続きます★★★


by supernova1987a | 2016-07-11 05:48 | 機材 | Comments(3)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク