あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 03:16
面白い事を次々と楽しそう..
by kem2017 at 02:59
> にゃあさん バ..
by supernova1987a at 02:57
なんと、そういうことでし..
by にゃあ at 02:29
> KENさん 暖..
by supernova1987a at 23:47
こんばんは! まるで映..
by KEN at 23:20
> moritoさん ..
by supernova1987a at 22:08
> オヤジさん よ..
by supernova1987a at 21:47
> にゃあさん ネ..
by supernova1987a at 21:40
ふふふ.... こ..
by morito at 21:22
以前の記事
お気に入りブログ

新年早々「好事魔多し」

★『年越し薔薇』バッチリ成功だぜ!?

・・・と思ったら、好事魔多し
せっかく『フルアーマーBORG』で望んだSAO同時撮影作戦ですが、Hα画像こそ大成功したものの、あとはダメダメでした。


★SⅡを担当したMM2号機の痛恨のポカミス

ビームスプリッタの直交方向に装着したASI1600MMーCool2号機ですが、


『網目状ノイズ』の一件が解決して調子に乗っていたらバチが当たったようです。

本題に入る前に、ちとUSBメモリについてお話しします。

今のところ、ニワトリでも遠征でもノートPCに溜めた撮像データをUSBメモリにバックアップして、そこから画像処理用PCにコピーしているんですが、データ転送用のUSBメモリは主に2種類を愛用しています。

◎主力USBメモリその①
 ソニーのUSM32GQX(高速タイプ32GB)※1個保有
 見た目も格好いいメタルボディのノック式USBメモリです。
 特に読み出し速度は素晴らしく、実測で150~200MB/Sもの爆速で稼働します。
 ただし、当方の環境では画像処理用自作デスクトップPCと相性が悪いようで、転送途中で接続が切れてしまうことも。

◎主力USBメモリその②
 グリーンハウスのピコドライブ L3 32GB GH-UF3LA32G-WH(32GB)※2個保有
 いわゆる格安USBで、どうもネット上での評判が芳しくないのですが、個人的に『隠れた逸品』だと思ってます。
 読み出し速度も十分に高速で、実測で50~100MB/Sを叩き出します。
 ただし、このシリーズの16GB版、これはいただけません
 見かけ上32GB版と全く同じに見えるのですが、実測で5~10MB/Sの劇遅で『まるで別物』です。
 ※32G版を2本、16GB版を3本保有していますが、全てこの差異があります。
 ※なぜか密林でも(肝心の)32GB版だけあまり見かけなくなりましたねぇ。謎です。

このうち、ソニーのUSBを使うときは、万が一のデータ損失に備えて「移動」ではなく「コピー」を心がけていたのですが、今回、あまりに多くのデータを輸送したために頭がこんがらがっている時にまさかの「転送中の接続切れ」。
もちろんWindows側でロールバックが作動するのでファイルが消失するケースは希なのですが、「転送に成功したファイル群」を消さずに「転送に失敗したファイル群」を消してしまうという大ポカ(ヒューマンエラー)をやらかしてしまいました。

・・・というわけでSⅡ画像120コマが消失してしまいました。
上書きする前に気づけば復元処理も不可能では無かったのですが、32GBフルに次のデータを上書きしてしまった後にミスに気づくという・・・。
いやーこんな初歩的なミスは初めてです。せっかく、将来起こるであろうHDDの故障に備えてバックアップ用のNASも配備したのに、それ以前の問題。
やはり、3台のカメラを同時稼働させて一晩に約5000コマ(約160GB)もの画像データを徹夜収集してると、頭がこんがらがってミスしますね。

今後は気をつけます。


★OⅢを担当したMCの失敗

一応、モノクロ版ではなくカラー版のASI1600MC-COOLを使う上での『ハンデ』として、こちらはビームスプリッタを介さずに光を丸々1機に独占させました。しかもベイヤー配列の中でピクセル数が他の色の2倍あるG素子を使うので大丈夫だろうと自信満々だったのですが・・・・。

なんじゃこりゃ?
f0346040_23194272.jpg
なんですか、この巨大な『人魂』は!
せっかくのOⅢ薔薇が台無しやん!
単なるゴーストにしてはでかすぎるなぁ。そもそも輝星なんて視野に入ってないし・・・。

はっ!
バックグラウンドからの微弱な光がナローバンドフィルタに反射して、それが(レデューサ代わりの)クローズアップレンズの凹面によって集光したんじゃないか??
・・・ならば、フラットフレームに再現されるはず!!

・・・で、『どこでもフラット板』を初登板させてゲットしたフラット画像を見てみると・・・
f0346040_23244253.jpg
うむ!
周辺減光とともに『人魂』も再現されたぜ。
良い感じ♪
よし、フラット補正で解決するか?
すると・・・

f0346040_23320998.jpg
ありゃ?

周辺減光が過補正なのは良しとしても、なんか『人魂』の補正が変だよ?
なんか位置がズレてる~!


★というわけで・・・

せっかくの『フルアーマーBORG』で『年越し薔薇でSAO』作戦は、見事に潰えました。(面目ない・・・)
ま、『人魂』の件は、なんとか(対処療法ではなく)原因を探ってはみますが・・・ね。
ちなみに、この『人魂』HαとSⅡでは影も形もないんですよねー。
同じBORG89EDで、しかも(色々と悪さしそうな)ビームスプリッタが『無し』の方でこれが出るとなぁ。

んん?
ええと・・・
同じBORG89EDで・・・
同じレデュ・・・

ああっ!!
装着したレデューサのチョイスを間違えてた!!
HαとSⅡ用カメラの方にはACクローズアップレンズN03の「Pro1Dバージョン」を付けてるのに、OⅢ用カメラの方にだけACクローズアップレンズN03の「ノーマルバージョン」を付けてた・・・・デジタル非対応の安物コーティング仕様だ・・・こりゃ、ゴーストも出るわなー。
とは言え、ここまでの差が出たのは意外だったので、感光する波長の違いも含めて色々と「検証ごっこ」してみます

ふむ!
これで、また「検証ごっこネタ」がひとつ増えたわ。
こりゃ、新年早々、縁起がええのー♪

はい。転んでもタダで起きたと『思いたくない』のが信条ですので・・・(ぐすん)。


P.S.
というわけで、カラー版の『年越し薔薇』のリザルトは無期延期
当面は、『人魂事件』の検証ごっこと、クールピクセル軽減秘策「パートⅡ」として今回密かに試行した、その名も『秘技:くるりんぱ撮法』(バレバレ?)の検証ごっこを中心にブログを更新していこうと思います。

あ、クールピクセル関連では、間もなく(ぴんたんさんがらみで)「驚愕の急展開」をレポートできる見込みです♪


# by supernova1987a | 2018-01-02 23:57 | 天体写真 | Comments(8)

『フルアーマーBORG』で「年越し薔薇」

★たしか以前バラ星雲を撮影したのは・・・

自称「天文ファン」のくせに、よくよく考えてみると、超メジャーな「バラ星雲」を撮影した記憶が一度しかありません
それも、高校生の頃にファミスコ60S+コニカGX3200を使って撮影したきりという・・・。

さて、
フルアーマーBORGの初陣が2回連続で空振りに終わったので、このままでは年が越せぬとばかり、大晦日の夜に「年越し蕎麦」ならぬ「年越し薔薇」を敢行。昼間から夕方に掛けては雨でしたが、23:00頃にようやく晴れ間が出てきました。

★今こそ出でよ!フルアーマーBORGっ!!
f0346040_11271508.jpg
f0346040_11285194.jpg
BORG89EDツインにビームスプリッタを装備して、ZWOの冷却CMOSカメラ・通称『赤缶』を3本も搭載。で、ノートPCも3台出動。
1台目PCで導入、2台目PCはASI1600MMーCOOLを2台トリガー、そして3台目PCでASI1600MC-COOLをトリガーする作戦。

さらに、先日組んだ秘密兵器『どこでもフラット』も投入します。レタリング用のLEDトレース台と譜面台を組み合わせたアヤしさ満点のアイテムです。こちらも実戦投入は今回が初。
f0346040_17471537.jpg
いえ、スカイフラットじゃないので、別に後から家の中でフラットを撮っても良いんですけど、カメラの傾きとかゴミの状態とかが変わるとイヤなので、現場でフラットも撮っちゃうことにしました。


★まん丸な月が邪魔するけれど・・・

うーん。最近満月期しか晴れないなぁ・・・・。
でも大丈夫、そんなこともあろうかと3台のASI1600にはナローバンドフィルタが装填されているのです!

結局、晴れ間を縫って撮影を敢行。いつ雲が通過するか分からなかったので、オートガイドは無し。
潔くノータッチガイドで乗り切ります。
さて、3台のカメラを駆使して撮影したデータは・・・

①ASI1600MM-COOL1号機(ビームスプリッタ併用)
 フィルタ:Hαナロー
 ゲイン:300
 冷却温度-15度
 ライトフレーム:30秒露光×478コマ
 フラットフレーム:360コマ
 フラットダーク:360コマ
 ダークフレーム:360コマ

②ASI1600MM-COOL2号機(ビームスプリッタ併用)
 フィルタ:SⅡナロー
 ゲイン:300
 冷却温度-15度
 ライトフレーム:30秒露光×480コマ
 フラットフレーム:360コマ
 フラットダーク:360コマ
 ダークフレーム:360コマ

②ASI1600MC-COOL(直付け)
 フィルタ:OⅢナロー
 ゲイン:300
 冷却温度-15度
 ライトフレーム:30秒露光×497コマ
 フラットフレーム:360コマ
 フラットダーク:360コマ
 ダークフレーム:360コマ

さて・・・・
収集した画像データ、実に4977コマ(約162GB)・・・これ処理しきれるんかなぁ・・・・。

ま、撮影は晴れた日にしかできないので、曇りの日にのんびり処理することにしますか。
うーむ。これは長く苦しめ楽しめそうだぞ♪


★とりあえず、Hαを処理してみる

なにはともあれ、ちゃんと写ってるのかどうかさえアヤシいので、Hαだけ処理してみることに。

撮って出しの1コマ画像は、がんばって炙り出してもこんな感じでした。

f0346040_11591591.jpg
うーむ。
写ってるなあ・・・写ってるけど厳しそう。ナローバンドとは言え、やっぱ満月期は無謀だったか?

だがしかし
今回はフラットも撮ってることですし、478コマという『数の暴力』で押し切ることにします。
そうそう、MM1号機はクールピクセルがウジャウジャ出るので、『クールファイル補正法』も投入します。

ステライメージ6.5・ステライメージ7・PSCC・シルキーピクス・NikCollectionをフル投入。
もう、気が遠くなるほどの画像処理を経て・・・

ついに・・・・


ででん!!

f0346040_13441724.jpg

おお!
高校生の頃に撮ったバラとはまるで別物(あたりまえか)

やっぱ、ナローバンドってすげえ!

P.S.
ここらへんで力尽きたので、SⅡとOⅢはまた次のお休みに処理します。
実は、OⅢの画像をちょっと見てみたら、何がいけなかったのか「画面中央に巨大な(バラ星雲くらいの大きさの)ゴースト状の光芒」がクッキリ出てて撃沈。・・・こりゃ難儀しそうです。)


# by supernova1987a | 2018-01-01 12:16 | 天体写真 | Comments(7)

2017年の天体写真振り返り

★今夜は年越しニワトリ・・・

『フルアーマーBORG』の出撃は2連続で悪天候にやられて収穫ゼロという燦々たる状況。
このままでは2017年を終えられないので(笑)。
夜から回復するというGPV予報を信じて、「年越しニワトリ」決行。

・・・が、しかし・・・
うわーん。全然雲が切れないよー。
もう、GPVの嘘つきー。
(大抵、悪い予報は当たるんですがねぇ)

・・・というわけで、けむけむさんに習って、にゃあさんのエントリーをパクってみることに。


★2017年の天体写真振り返り

今年は色々と試行錯誤した1年でした。
主な試行は次の4つ

 ①ASI1600MMとMCを同時露光する『ビームスプリッタシステム』の構築
 ②ASI1600MMとMCを同時露光する『ツインBORGシステム』の構築
 ③ASI1600MMの黒点問題を軽減する『クールファイル補正法』の開発
 ④ナローバンドなるものに着手

さらに①~④の合わせワザも画策して、気がつくと1年があっという間に終わりました。
・・・で、収穫(というかテスト撮影に終始しましたが)は!



★「VMC260L+ビームスプリッタ」編

f0346040_21233677.jpg
ASI1600MMとMCを同時露光してL-RGB合成することでオメガ星雲の詳細が写せました♪

f0346040_21252826.jpg
ASI1600MMとMCを同時露光してL-RGB合成することでM33の赤いプチプチを写すことに成功♪

f0346040_21262677.jpg
自転の速い木星もビームスプリッタならL-RGB撮影&合成が楽ちん♪

f0346040_22002576.jpg
固有運動の大きなジョンソン彗星も、ビームスプリッタなら色ズレすることなくL-RGB合成できました♪


f0346040_21272786.jpg
大好きなM42(いったい何千コマ撮ってきたことか・・・)もHαナロー+ビームスプリッタでクッキリ滑らか♪

f0346040_21301589.jpg
あこがれのバブル星雲もHαナロー+ビームスプリッタで初めて撮影に成功♪



★「ツインBORG」編

f0346040_21314066.jpg
たった60mmのBORGでもツインシステムでM31がクッキリ写せました♪

f0346040_21324348.jpg
89ED のツインにHαナローの合わせワザでは、パックマン星雲がキレイに写せました♪



★「89ED+ビームスプリッタ」編
f0346040_21360497.jpg
雲の切れ目からBORG89ED+ビームスプリッタで狙ったお月様。同時露光ならLかRGBのどちらかを撮り損ねることもありませんしね♪



★「番外」編
f0346040_21423977.gif
f0346040_21425971.gif
百均ショップの材料だけを使って霧箱を自作して宇宙線などの自然放射線をASI1600MMで捉えることに成功。
こちらは、しっかり『本業』でも活用できました。

f0346040_21455927.jpg
ケンコーのACクローズアップレンズNo2を対物レンズにして『にせBORG』を制作。キレイなお月様が写せました。



★「超・番外」編

f0346040_21484429.jpg
最近出番が減っていたASI174MC-COOLのグローバルシャッター機能を活用して、コンニャク現象の生じない高速動画撮影に挑戦。
キレイなミルククラウンが歪みなく写せました。

あ、これは天体写真とは関係ないか(笑)


悪天候に泣かされっぱなしの2017年でしたが、あらためて振り返ると色々と撮ったなあ。
しかし、まあ『変態性』の高いネタばっかしだこと。


では、みなさん 2018年もあぷらなーとの『変態』ネタにご期待ください♪
よいお年を!!



# by supernova1987a | 2017-12-31 21:55 | 天体写真 | Comments(6)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク