あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:18
子供の科学は読んでなかっ..
by kem2017 at 16:39
> オヤジさん オヤジ..
by supernova1987a at 07:38
あぷらなーとさんも、子供..
by オヤジ at 06:19
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:59
藤井旭先生の「星雲星団ガ..
by kem2017 at 21:40
> にゃあさん 設..
by supernova1987a at 02:22
> HIROPONさん ..
by supernova1987a at 23:13
もっと気軽に遊べるソフト..
by にゃあ at 23:01
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 22:58
以前の記事
お気に入りブログ

望遠レンズ自作ごっこ①

★新年あけましておめでとうございます。

長年のブランクを経てブログを開設してから7ヶ月が経過しました。
今年ものんびりと好き勝手なことを綴ります。
まだ、ブログの方向性が定まっていませんが、一応、自然写真関連からは逸脱しないようにするつもりです♪

たどり着いた方の検索ワードを見てみると、
VMC260LやEQ6PROなどの機材名や、比較明コンポジットなどの天体写真技法名が圧倒的に多いですが、天体ネタは停滞気味です。そのうち色々載せるつもりですが・・・。

★惜しいことをしました・・・

仕事納めの12/30の深夜、職場から実家に帰省する途中に夜空を見上げると、ほぼ無風状態で、冬場とは思えないほどシンチレーション(星の瞬き)が少なかったので、「これは、木星を観測したら模様がウジャウジャ写りそう」などと思ったのですが、もはや時間がありませんでした。
翌大晦日は、前日とはうって変わって強風+ドン曇り。

仕方がないので、かねがねやってみたかった
「ケンコーのクローズアップレンズを望遠レンズ代わりにしたらどうなるか?」
をゴソゴソやってみました。

★色々な性能にこだわらなければ望遠レンズの構造は単純で


正確には望遠レンズの定義は
「焦点距離よりもレンズの全長が短いレンズ」
だったかと思います。確かに市販の望遠レンズは焦点距離よりもずいぶんとコンパクトにできているものが多いですね。
ここで一般的な解釈である
「普通のレンズよりも遠くの景色が大きく写るレンズ」
が『望遠レンズ』として考えると、全長を小さくするための技術が不要となるため、レンズ構成が単純で済みそうです。
極端な話、望遠鏡に使われるような対物レンズ1つあれば望遠レンズに転用できます。


★ケンコーのクローズアップレンズは


本来、普通のレンズでマクロ撮影をするため、レンズの先端にフィルターのように装着する凸レンズをクローズアップレンズと呼びます。ちょうど、カメラのレンズに虫眼鏡を覗かせているような状態ですね。あるいは、近くにピントが合わないカメラに老眼鏡をかけさせるというイメージが近いかもしれません。

クローズアップレンズには、凸レンズ1枚構成の通常タイプの他に凹凸2枚を組み合わせて画質を改善したAC(アクロマート)タイプも多く販売されています。当然、色収差の改善が目的でしょうが、クローズアップレンズ単体で見たときの球面収差も改善されているようなので、今回は、このACタイプのクローズアップレンズを素材として、『望遠レンズもどき』を作ってみましょう。1枚数千円で入手できますし、うまくいかなくても本来のマクロ撮影や望遠鏡用のレデューサ代わりに使えますものね♪

★そういえば・・・


昔、ケンコーから「クローズアップ鏡筒セット」なるものが販売されていました。残念ながら今は入手できないようですが、これは、まさにクローズアップレンズを望遠レンズとして転用するためのアイテムでした。


★今は、BORGのパーツがある!


近年、天文マニアやバードウオッチャーに人気のBORGは、天体望遠鏡だけでなく膨大なパーツがあります。

今回は、そのBORGのパーツとクローズアップレンズを組み合わせてみましょう。

用意したパーツ(といっても手元の機材を分解しただけですが)は次の通り

f0346040_18213467.jpg

 7861:M57ヘリコイドLⅢ
 7205:ミニミニドローチューブ
 7603:M57/60延長筒M
 7602:M57/60延長筒S
 5003:カメラマウントニコン用
 7000:カメラマウントホルダーM
 7457:M57→M57AD
 7458:M57→M57ADⅡ

(※数値はパーツの型番)
これらのBORGパーツに、ケンコーのACクローズアップNo4とNo3(ともにフィルター径52mm)を使います。


★目指すのは・・・


 焦点距離:約180mm前後、F値:約3.5前後で、後ボケが軟らかい望遠レンズです。
使うのが所詮アクロマートですから、この際、色収差には目をつぶります。 


以下、続きます♪


# by supernova1987a | 2015-01-01 18:22 | 機材 | Comments(2)

ニコン新旧マクロレンズ比較④

★実際の使用感では・・・

 新タイプ(Gタイプ)のニコン60mmマイクロは、旧タイプに比べて下記の弱点があることが分かりました。
  ①前ボケが汚い (後ボケはきれい)
  ②無限遠撮影時の周辺減光が大きい (近接時は優秀)
  ③前ボケの赤い色ズレが結構大きい (キャプチャーNX2の軸上色収差補正で低減可)


ところで、新旧を比較した際、最も大きな差は、そのフォーカシング機構でしょうね。
新タイプは超音波モーターを搭載していますのでAF・MFともに快適であることはもちろんのこと
それ以上に、IF(内焦式)設計である点が秀逸です。

★実際のシンクロ(ストロボ)撮影では・・・

 焦点深度を稼ぐために絞りを結構絞り込むことが多いのですが、その際、光量不足を補うためにマクロ専用ストロボを愛用しています。
※SU-800コントローラとSB-R200×2機のセットを使用しています。
f0346040_17495874.jpg
 
 その際、レンズの先に装着するスピードライト(ストロボ)は結構な重量なので、筒先がニョキニョキ伸びるタイプのマクロレンズでは、剛性が不安になります。
 ちなみに、下記の写真のように
f0346040_17415192.jpg
旧タイプの60mmマイクロはニョキニョキ伸びるタイプで、新タイプの60mmマイクロは筒先が伸びないIFタイプです。

★恐るべし純正
 普通なら、IFでない点からストロボ併用のマクロ撮影時には旧タイプ60mmマイクロは使えなかったはずなのですが、
なんと、マクロスピードライトのアクセサリとして、旧タイプマイクロ60mm専用のアダプタ(UR-5)があるのです!
通常のレンズのように筒先のフィルター枠に装着するのではなく、ピントリングの先の余白(?)を利用してスピードライトを装着するというアイディア商品。
f0346040_17553390.jpg
これを用いると、ストロボ固定枠と独立してレンズの筒先が動くようになるため、強度に不安はなくなります。
・・・・純正のこだわりってスゴイですね。

★まとめます♪

新旧のニコン60mmマイクロの比較では
 <絞り開放時の先鋭度>
  新:○ 旧:△
 <後ボケ描写>
  新:○ 旧:×
 <前ボケ描写>
  新:× 旧:△
 <フレア>
  新:○ 旧:△
 <軸上色収差>
  新:× 旧:△
 <無限遠周辺光量>
  新:× 旧:○
 <近接時周辺光量>
  新:○ 旧:○
 <シンクロ撮影>
  新:○ 旧:○
 <近年のデジカメとの操作性相性>
  AFカップリングモーター非内蔵デジカメ(D5000とかD3100とか)
  新:○ 旧:×
 <昔のフィルムカメラとの操作性相性>
  電子絞り制御機能無しの一眼レフ(FM2とか、F801とか)
  新:× 旧:○

といったところでしょうか。
性格が異なるため、どちらも捨てきれません♪

注:)あくまで筆者の個人的な感想であり、正確なテストとは言えません。


PS
どうでもいいことですが、ニコンのマクロスピードライトを装着したカメラの姿って、なんとなく
『2代目デスラー艦』みたいに見えませんか?(あ、歳がバレますね・・・)
f0346040_18122634.jpg

# by supernova1987a | 2014-12-21 06:09 | デジカメ | Comments(0)

ニコン新旧マクロレンズ比較③

★前ボケはどうでしょう??

f0346040_16260258.jpg
 それほど大きな差でもないのですが、前ボケになると
今度は逆に旧タイプの方が軟らかいボケのように感じられます。
 また、旧タイプのような、見慣れたパープルフリンジっぽい色ズレとは異なり、ややキツめの赤い色ズレが目立ちます。

★そういえば、同じF値ではあるものの・・・

 新旧どちらもフルサイズ対応の等倍マクロレンズですが、周辺光量を比較してみましょう。

<旧タイプ60mmマイクロ>
f0346040_16313384.jpg
 ※ニコンD610+旧60mmF2.8マイクロ絞り開放 (焦点を無限遠にして、ライトボックスを撮影)
 さすがにフィルム時代の銘レンズ。なかなか豊富な周辺光量です。がんばれば、天体写真にも使えそう♪

<新タイプ60mmマイクロ>
f0346040_16344072.jpg
 ※ニコンD610新60mmF2.8Gマイクロ絞り開放 (焦点を無限遠にして、ライトボックスを撮影)
 あらっ!、これはいけません。完全に四隅が暗く落ち込んでしまってます。
 ちなみにコントラストなどは一切いじくらず、現像ソフト(キャプチャーNX2)の各種補正機能を全て切った状態での比較です。

★簡単に光量を測ってみましょう♪
 ステライメージ6.5で光量分布グラフを描いてみます。

 <焦点位置無限遠での光量比較>

f0346040_16482181.jpg
  ※縦軸のスケールは、RGB各色8bitで処理した、0~255の光量
  ※横軸は画像の対角線上の測定位置

やはり、新タイプは相当に周辺光量が不足していることが分かりますね。


★でも、どうして??


 ところが、変です。実際に実写している時には、それほどまでの周辺減光を感じたことがありません。
 そもそも、近接撮影専用に設計されているマクロレンズを無限遠で評価すること自体がナンセンスですね。

 では、焦点を最近接位置にした場合の光量を比較してみましょうか・・・。

 <焦点位置最近接での光量比較>

f0346040_16565065.jpg
 ※同様の撮影をピントリングを最短距離に固定して実施した際の光量グラフ

・・・・おおお。新タイプ60mmマイクロ、すげぇ!!
旧タイプでは無限遠と最近接とでほとんど周辺光量が変わっていませんが、新タイプはまるで別物のように周辺光量が改善されています!
実写時に周辺光量が気にならない要因は、どうやらこの辺りにあったようです。

要するに、新タイプの60mmマイクロは近接撮影時の周辺光量を優先して設計されている、ということでしょうね♪
そもそもマクロレンズなのですから、当然といえば当然ですが、なんだか感動しました。



あと1回だけ、このネタ続きます♪





# by supernova1987a | 2014-12-19 01:22 | デジカメ | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク