あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> Gさん おお!SI..
by supernova1987a at 10:10
ありがとうございました。..
by G at 09:23
> にゃあさん 先..
by supernova1987a at 00:49
> らっぱさん は..
by supernova1987a at 00:39
> にゃあさん 焦..
by supernova1987a at 00:32
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:23
何気に読み過ごしたのです..
by にゃあ at 09:07
>焦点内外像がちゃんと「..
by らっぱ at 18:50
焦点内外像って、どこで言..
by にゃあ at 17:46
> あの・・・み、皆さん..
by kem2017 at 17:25
以前の記事
お気に入りブログ

タグ:VMC260L ( 84 ) タグの人気記事

ASI174MC-COOLで干潟星雲を撮ってみる♪

★実は色々やっていたのですが・・・

15秒程度の大量コンポジットでノータッチガイド撮影するという、私の「手抜き撮影」スタイルでは、どうもASI174MC-COOLが明るい星雲に向いているような気がしてきました。

もうシーズンが終わってしまいましたが、
オリオン座大星雲M42では、なかなか迫力ある画が撮れました。
そこで夏の星雲の「撮り初め」として、
「夏の星雲の王者」いて座の干潟星雲M8にチャレンジしてみました。

★撮影方法は「いつもの」ヤツです

ビクセンVMC260LにレデューサVMC装着してLPS-P2フィルタを併用します。
ZWOの冷却CMOSカメラASI174MC-COOLは-15℃まで冷却し、ゲイン200で15秒露光します。
追尾は、K-ASTEC改造ニューアトラクス赤道議のノータッチガイドです。
撮像ソフトはSharpCapです。

さて、どうなりますか・・・。

★1コマ元画像
f0346040_23092675.jpg
ノイズでボロボロですが、これ、なかなかいけますよ!
ホットピクセルとアンプノイズはRAW現像前にダークファイル減算で取り除くとして、
横シマノイズも(手抜きノータッチガイドが幸いして)コンポジットの位置あわせ時に相殺軽減できそうです。


★100コマコンポジット

撮像データはすべてRAWファイルで保存していますので、デモザイク前にステライメージでダークファイル減算しておきます。
ダークファイルは事前に設定温度を統一して準備したものを使いました。
(デジタル一眼と異なり、素子温度が記録されるのは便利ですねぇ)
ダーク減算後、RGBデモザイクを行いカラー化し、これを100コマ加算コンポジットします。
デジタル現像でトーンを修正したものを一度L画像とRGB画像に分け、L画像のみにシャープ処理を施してLRGB再合成します。

さて・・・
f0346040_23184365.jpg
おお!とても良い感じです♪
いや、正直これほどとは思ってなかったです。
薄明寸前の撮影だし、シーズンには早いので低空だし、市街地なので透明度も最悪だし、春なのにシーイング悪いし・・・・

それなのに!この写りっ♪
ZWOすげえ。

前回のブログで、ASI174MC-COOLは本来惑星用の・・・などと言いましたが、前言撤回!
やっぱ星雲撮影が面白そうです♪

・・・ただし明るい星雲ならば・・・ですが。



by supernova1987a | 2016-03-23 06:42 | 機材 | Comments(2)

ASI174MC-COOLで木星撮影

★本来冷却CMOSカメラは・・・

本格的な冷却CCDカメラと比べ、驚くほど安価なZWOの冷却CMOSカメラASI174MC-COOLですが、本来はワンショットカラー撮像で惑星写真を撮影するためのカメラなのでしょうね。あくまで「星雲『も』撮れますよ」的な・・・・。がんばって冷却しても一向に消えないアンプノイズとか色々見ていると、そう感じます。

・・・というわけで、
今回は、惑星のテスト撮影、行ってみましょう♪

★まずは接続方法を試行錯誤

ASI174MC-COOLは、これまで使っていたイメージングソース社のCCDカメラDFK21AU618.ASと比べて、画素数が多くチップサイズも大きいです。

●DFK21AU618.AS
 ピクセルサイズ:約11.2μm
 有効画素数:約30万画素
 チップサイズ:約6.3mm
●ASI174MC-COOL 
 ピクセルサイズ:約5.9μm
 有効画素数:約230万画素
 チップサイズ:約13mm

チップ全面をつかって撮像するとコマ落ちがひどそうなので、欲張らずに800×600ピクセルあたりでトリミング出力するとして、
そこそこの大きさに写すためにバーローレンズをかますことにします。
また、視野中心に木星を導入するためにレチクル付きのアイピースとフリップミラーで切り替えることができるようにします。

★まずは、こんな構成に♪
f0346040_22102136.jpg
・ビクセンのフリップミラー
・BORGのTネジ→36.4mm変換リング(7423)×2個
・BORGの直進ヘリコイドS(7315)
・BORGの31.7ミリアイピースホルダー(7317)
・笠井のTリング延長筒
・笠井のアイピースCH-SWA20mm
・笠井の高輝度暗視野照明装置
・笠井のFMC3枚玉2.5×ショートバロー

を組み合わせたものをVMC260Lに接続し、ASI174MC-COOLを装着します。
この組み合わせでアイピース、カメラともにピントがきます。


★テスト撮影・・・のハズが

なんということでしょう。春だというのに、シーイングが悪いです。アイピースで木星を見ても「クラゲのように」ゆらゆらしています。
・・・これ絶対にボケボケの木星しか撮れないですよねぇ・・・(涙)

しかし今日を逃すと、当面休みは取れないので、強引に撮影してみます。
とりあえずゲインを200にして露光は約1/100秒でフレームレート30コマ/秒で、動画撮像してみました。


★元データの1コマ切り出し

SharpCapでRGB24のAVIファイル出力をしてみると、こんな感じです
f0346040_22290577.jpg
 ※VMC260L+笠井2.5倍バーロー+ASI174MC-COOL(-15℃まで冷却)

ああ、なんか『懐かしい』木星像です。
そうそう、フィルム時代の私は確かこんなのしか撮れませんでした。

★レジスタックスで画像処理

次に、比較的質が良さそうなコマ100コマをレジスタックスでスタックさせ、ウエーブレット処理と色ずれ補正をしてみました。
f0346040_22325756.jpg
 ※上記画像の100コマスタック+ウエーブレット処理

おお!
意外に良いではないですか♪

それになんだかDFK21AU618.ASよりも色々と「楽」でした。
ええ、撮像も画像処理も「変な挙動」が起きにくいというか、なんか素直な感じがします。

というわけでASI174MC-COOL、ちゃんと惑星撮影にも使えそうですね♪



by supernova1987a | 2016-03-21 22:38 | 機材 | Comments(5)

冷却CMOSカメラ③

★冷却CMOSカメラファーストライト

f0346040_01304405.jpg
アトラクスの『病気』が治ったので、待望の冷却CMOSカメラでのファーストライトです!!


★冷却CMOSカメラで一発撮り

まずは、「いつもの」オリオン座大星雲M42を15秒露光で「撮って出し」です。
f0346040_02584534.jpg
※ZWO ASI-174MC-COOL  + ビクセンVMC260L + レデューサVMC + LPS-P2
K-ASTEC改造ニューアトラクス ノータッチガイド 15秒露光 撮像温度-15℃
 
おおお!!
いい感じです。昔、30万画素の冷却CCDを初めて使ったときのような感動があります。
たった15秒露光の一発撮り・撮って出しですから全然明るさが足りてませんが、トラペジウム周辺のモクモク感が素敵です。
解像感も十分高いですね♪

★60枚コンポジットなど画像処理

今回は、

①SharpCaptureで、RAWデータをベイヤー配列のままモノクロFITSファイルに出力
②ステライメージでベイヤーデータのままダークファイルを減算
③ステライメージでRGBデモザイク処理
④ステライメージで加算平均コンポジット
⑤ステライメージでレベル調整+トーンカーブ修正
⑥輝度データをレジスタックスでウエーブレット処理
⑦LRGB再合成処理
⑧フォトショップエレメントでトーン修正

という流れです。
f0346040_03083686.jpg
※同上データを画像処理

おお!
とてもいい感じです。


懸念していた変なノイズも気になりません。冷却の効果絶大のようです♪

★最後に失敗作を・・・

実は、最初、静止画データではなく
「動画データをはき出させて、レジスタックスでスタック一発で済めば楽だなあ」
などと考えていたのですが、画像処理の融通が利かなくて失敗しました。
ついでに、外気温が0℃近くだったので無精して冷却もせず・・・。

f0346040_03175384.jpg
りょうけん座の子持ち銀河M51ですが、いやはや、ランダムノイズまみれ+ホットピクセルまみれ+アンプノイズまみれ・・・で悲惨です。

・・・・が、腕のディテールなどポテンシャルは感じられます。
いつか、まじめに撮ることにします。



by supernova1987a | 2016-02-11 06:54 | 天体写真 | Comments(4)

冷却CMOSカメラ②

★念願の冷却CMOSカメラが届いたのに・・・

f0346040_01265900.jpg
いざ撮影しようとしたら、愛用の赤道儀 ビクセン ニューアトラクス(K-ASTEC改造版)が「変」です。
赤緯モーターが度々停止して使い物にならなくなっちゃいました。
挙動をよく観察すると、どうも、ある一定の角度赤経方向に赤道議を回すと赤緯モーターが制御不能になっているようです。

自動導入途中に望遠鏡がある方向に向いたとたん、
「グググ、ガラガラガラ、ズガガ、パタン!」
という世にも恐ろしい音を発して赤緯だけモーターが停止します。

一瞬、ギアに何かが挟まったか部品が破損したのかと思い、慌てて赤緯モーターハウジングを開けて挙動を観察しましたが、おかしなところはありません。
f0346040_02362894.jpg
しかし、何度やってもモーターが止まります。
しかも奇妙なことに、クランプをフリーにして手動で赤経方向に赤道議を回しても、なぜか赤緯モーターが止まるのです。

・・・赤緯モータのくせに、なんで赤経方向の運動に左右されるんだ?!

・・・しばらく頭を抱えていましたが、ふと、赤道議のロータリー接点が怪しいのではないかとの仮説に基づき、
接点を清掃することにしました。

f0346040_02385447.jpg
 ※ニューアトラクスの配線は、途中からロータリー接点を介して接続されています。EQ6PROなどのように赤緯体にケーブルを挿さなくて済むところが素敵です・・・・・が。

f0346040_02413924.jpg
※これがロータリー接点。ちなみに私はあまりメカに強くないので、簡単な分解作業でも要所要所でデジカメで写真を撮る癖があります。この接点とか、あとでどっちが右のブラシか分からなくなると「終わり」ですので・・・。

f0346040_02442861.jpg
※接点のブラシを丁寧に掃除し、内部の接点を清掃しました。本来ならメーカー送りで解決なのですが、「改造」しちゃってるが故の弱みですね(笑)。
その後、赤経軸を何回も回転させて馴染ませました。(おまじない程度ですが・・・)

★さて復活なるか?

・・・冷や汗ものでした。
ええ、こんな単純な掃除で、何事もなく正常駆動するようになりました。
うーん。こうしてみるとクラシカルな配線のEQ6PROが、かえって安全に見えてきちゃいますねえ・・・。

さて、いよいよ冷却CMOSカメラ ZWO ASI-174MC-COOLのファーストライトに挑戦です!

以下 続きます。

by supernova1987a | 2016-02-10 06:15 | 天体写真 | Comments(0)

冷却CMOSカメラ①

★『本命の』D810Aと『真逆』の方向性

無事にファーストライトを終えたD810Aですが、今後は色々な被写体を撮影していくつもりです。
ただ、次の点がどうしても苦しいですねぇ。

○画像ファイルがあまりにも巨大
○画像処理がとても大変
○フルサイズに対応した機材が少ない

まあ、仕方ないので、のんびり付き合っていくことにしましょう。

★軽いファイルサイズでドカンと写すには・・・

レデューサ装着のVMC260Lはフルサイズをカバーしていません。
また、素のVMC260LだとD810Aのフォーマットをほぼカバーしますが、よく見るとサジッタル方向(円周方向)に星像が伸びてしまいます。
また、改造D5000でAPS-Cフォーマットに慣れすぎたので、星雲のクローズアップなどでもっと焦点距離がほしくなっちゃいます。
まあ、トリミングすれば済む話なのですが、いかんせんファイルサイズが大きいので処理が大変です。

★そんなわけで、逆方向を行く秘密兵器を・・・
f0346040_01265900.jpg
ZWOから新発売のASI174MC-COOL
いわゆる「冷却CCD」ならぬ「冷却CMOS」です。実は、D810Aよりも先に発注していたのですが、なかなか入荷せずずいぶんと待ちました。ただし初回限定の特価セールのため少々お安くなっていました。(ネット上では、まだユーザーを見かけませんね。『初物』は怖いので皆さん『様子見』でしょうか・・・?)

f0346040_01311725.jpg
フォーマットサイズは1/1.2インチですので、ニコワンよりも少し小さい程度ですね。
同じ焦点距離のレンズ(や望遠鏡)を使った場合、フルサイズと比べておよそ3倍に焦点距離が伸びたような写真が撮れそうです。

画素数は今時珍しく『たった』230万画素ですが、特筆すべき機能が装備されています。
本機種の前身であるASI174MC(ノーマルタイプ)は、月や惑星などを動画で撮影してレジスタックスなどでスタッキング処理するための、いわゆる『惑星カメラ』ですが、今回の新製品は型番に「COOL」とあるとおり、なんと「電子冷却装置」が組み込まれているのです。

一般に、CCDやCMOSには、いわゆるダークノイズと呼ばれるオフセットがあって天体写真の際には大変邪魔になります。このノイズを低減させる最も簡単な方法は撮像素子を冷却することです。熱心な天文家は冷却CCDと呼ばれる天体専用の冷却カメラを使われていますが、いかんせん、とても高価な上に結構巨大なのです。一般的なデジカメがCCDからCMOSに取って代わられたように、いつかCCDではなくCMOSの冷却カメラが安く出ないかなあ、とずっと期待していました。

★VMC260Lへの取り付けで悪戦苦闘

結構悩みました。
 ①VMC260Lにレデューサをつけて使いたい
 ②レデューサからCMOSまでの距離が長くなりすぎるのはまずそう
 ③LPS-P2フィルタも併用したい
・・・これらを満足させるために「あーでもない」「こーでもない」と手持ちのパーツをとっかえひっかえ試行錯誤。
結局、今回もBORGのパーツ群に頼りました。

f0346040_01312424.jpg
 ※かなり複雑な組み合わせです(笑)

★いざ、ファーストライト・・・のハズが

 メジャーなメーカー製のカメラと異なりサポートは最小限。マニュアルすら存在しません。基本的には自己責任で試行錯誤すべき機種ですね。
のっけから、制御用のソフトのインストールでコケました。(FireCaputureが日本語Windowsにインストールできないという、例のヤツですね。)

しばし情報集めにネットをさまよい、起動用のバッチファイルの中身を少し書き換えることで無事インストール成功。・・・見つけた人すごいなあ。
ただし、どうも自分がやりたいことができないソフト(あくまで動画を撮影して画像処理することを前提としたソフトです)だったので、結局、SharpCaptureに乗り換えました。(冷却機能を制御できた上で、静止画のRAWファイルを自動でガンガン吐き出し続けるソフトが欲しかったのです。)

いざ、テスト撮影だー!

と思ったのもつかの間。
ここまできて、まさかのアトラクスが死亡!?

以下続きます。

by supernova1987a | 2016-02-09 06:13 | 機材 | Comments(0)

D810Aによるオリオン座大星雲

1/10に事実上のファーストライトを行ったニコンD810Aですが、
オリオン座大星雲M42の画像処理をやり直してみました。

★先日の画像処理は「やっつけ仕事」だったので・・・

とりあえず、「使い物になる」ことは分かったので、
もう少しだけ、真面目に画像処理して見ました。

※撮影データは、
ビクセンVMC260L直焦点(3000mmF11.4相当)+ニコンD810A +LPS-P2フィルタ
K-ASTEC改造ニューアトラクス赤道儀ノータッチガイド
ISO6400・15秒露出40枚+ISO12800・15秒露出37枚

※画像処理ソフトは
キャプチャーNX-D ステライメージ フォトショップエレメント

です。

★D810A一発撮り画像「撮って出し」
f0346040_00330064.jpg
※ISO12800の15秒露出一発撮りでここまで写りました。光害地であることを考えると悪くありません。

★D810A一発撮り画像「キャプチャーNX-Dで画像処理」
f0346040_00345640.jpg
※ようやくNX-Dの操作にも慣れてきました。上記の画像を処理したものです。
ホットピクセルはアストロノイズリダクションできれいに消せました♪
かなり明瞭に星雲があぶり出せましたが、いかんせんISO12800ですから、ザラザラです。


★D810A画像「77枚コンポジットなど処理後」
f0346040_00385705.jpg
※77枚のコンポジットを行い、ビニング処理とLRGB分解再合成処理を施します。
また、若干のアンシャープマスキングをかけています。
いつもとは異なり、星雲周辺部まであぶり出すことを優先したため、中心部が飛んでしまいましたが、まあ良いでしょう♪

★一発撮りと77枚コンポジットの比較

もともとノイズの少ないD810Aですが、さすがに光害地で強い画像処理をかけてしまうとノイズでボロボロです。
それを救うのがコンポジットですが、「一発撮り」と「77枚コンポジット画像」を比較してみます。

f0346040_01045044.jpg
やはりコンポジットの威力は絶大ですね。
短時間露光のコンポジットでこれだけ写せるとなると、オートガイダーの出番は当面無いかもしれません。
(私が不精者なだけですが・・・)

さて・・・・あとは、
ステライメージを早く7にバージョンアップしてベイヤーデータを直接叩けるようにしないと、ですね。



by supernova1987a | 2016-02-02 06:24 | 天体写真 | Comments(0)

M42画像処理まとめ

Toみなさま
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

★2015年の試行錯誤の暫定結論は・・・

色々と試行錯誤した結果、星雲撮影の自分なりの手法は次のやり方がベストのようです。
①VMC260Lはレデューサ無しで使う
②IR改造D5000はISO3200で20秒前後の露光を与える
③短時間露光のためニューアトラクスはノータッチガイドとする
④L画像はRAWのままステライメージでダーク除去する
⑤コンポジットする前にL画像をRAW段階でビニングする
⑥コンポジットしたL画像にレジスタックスでウエーブレット処理する
⑦RGB画像はビニングせずに現像し、コンポジット後にビニングする
⑧LRGB合成する
⑨フォトショップエレメンツやキャプチャーNX2で仕上げる

・・・といったところでしょうか。

★主要処理工程ごとの画像変遷
オリオン座大星雲M42を用いて画像処理の結果をまとめます。

※全てビクセンVMC260L(3000mmF11.4相当)直焦点
 ニコンD5000 ISO3200・20秒露光
 K-ASTEC改造ニューアトラクス赤道儀ノータッチガイド
 LPS-P2フィルタ使用
 中央部をピクセル等倍トリミング

○無改造D5000の一発撮り
f0346040_10554506.jpg

○改造D5000の一発撮り
f0346040_10574714.jpg

○144枚コンポジット
f0346040_10581124.jpg

○レジスタックス処理後LRGB合成
f0346040_10582485.jpg
★昔から不思議だったのは・・・

いったい、このオリオン座大星雲はどんな立体構造をしているんだろう?というのが疑問だったのですが、
星雲星団の生成過程については、私、素人なので難しいことは分かりませんが、専門家によると、どうもM42の構造は

球形に広がったガスの中でトラペジウム付近から衝撃波が広がり、球の『天井』に『穴』が開いた結果、内部が見えている

というものらしいですね。

・・・そういわれてみると、この画像、
まるで滝壺のようにトラペジウム付近が凹んでいるようにも見えますね。錯覚かな??
f0346040_11194483.jpg




by supernova1987a | 2016-01-01 11:22 | 天体写真 | Comments(0)

レジスタックスの効果

★次の撮影チャンスは・・・
 これからしばらくお仕事が忙しいのですが、
1/9からの新月期に、少々お休みが取れそうな気配。
そのときに備えて、画像処理の練習を継続しています♪

★M42の画像処理で分かったこと

VMC260L直焦点(レデューサ無しのF11.4)の場合、IR改造D5000なら・・・

ISO3200の20秒露光の多数枚コンポジットでノータッチガイド可能。
輝度情報(L画像)は、ベイヤーデータのままステライメージでダーク減算し、ビニングしたのちコンポジットが良好
③カラー情報(RGB画像)は、キャプチャーNX2の通常現像からのコンポジットの後ビニングでもOK
L画像の解像度を上げるには、レジスタックスのウエーブレット処理が良好
⑤最後にLRGB合成した後、トーンを多少修正

といった処理がベストのようです。(あくまで私の撮影スタイルの場合)

★レジスタックスの効果

10月に撮影したオリオン座大星雲M42について、通常現像してコンポジットしたものと、L画像にレジスタックスのウエーブレットを掛けたものをピクセル等倍で比較してみます。
f0346040_00281492.jpg
 ※上画像:通常処理 下画像:レジスタックス処理
 (いずれも、VMC260L+IR改造D5000 ISO3200 20秒露光×144コマのコンポジット)

・・・うーむ。やっぱり、レジスタックスすごいなあ。ため息が出る♪
もっと早く気づけば良かった・・・。

惑星の撮影では日頃レジスタックスのお世話になっていながら、これまでなぜ星雲に使わなかったのかというと・・・
実は何度か試してみたことはあったのですが、「元素材」が悪かったのですね。
どうも10枚や20枚コンポジットしたくらいでは、レジスタックスに掛けても無駄のようです。
(本来数百~数千コマのスタッキングをした素材に対してのウエーブレットを想定しているのでしょうから当然と言えば当然です)
星雲の場合、少なくとも100枚以上コンポジットして、全くノイズが感じられないほどの元画像を作っておくことが肝要なようですね。

★よく考えてみれば・・・

VMC260L+D5000の場合、フルサイズ換算で約4500mm相当の超望遠撮影をしているわけですから、赤道儀のピリオディックモーションや極軸設定エラーはもちろんのこと、そもそもシンチレーション(大気の揺らぎ)の影響で『ボケボケの像』にならざるを得ないのは当然ですね。

なにしろ、D5000の撮像素子だと、計算上1ピクセルあたりの角度がたった0.378秒(約1万分の1度)しかありませんので、2×2ビニングしたとしても1画素あたり0.756秒(約5000分の1度)となります。ちなみに日本における平均的なシンチレーション値である3秒角と比較すると、完璧なオートガイドを行ったとしても約16ピクセル(4×4)程度に拡散した『ピンぼけ像』しか得られないことが分かります。実際には、これに望遠鏡の回折に起因するレイリーリミット条件が加わりますので、さらにぼやけた像を撮影していることになります。

その限界を突破するのがレジスタックスのウエーブレット!ということでしょうね♪

え?星雲撮影におけるウエーブレット処理の各種パラメータ(設定項目がたくさんあって大変ですよね?)の最適値ですか?
あ、それは、まだ『企業秘密』ということで・・・。

★いっそのこと

D5000よりも高画素のデジカメ投入も検討したのですが、上記のような理由で、正直1000万画素でもオーバースペックのような気がしています。
いっそのこと高感度で低ノイズな「200万画素程度」のデジカメがあったらいいのになあ・・・
・・・などと、『次の手』を思案中♪


by supernova1987a | 2015-12-22 01:22 | 天体写真 | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡に迫る試み②


★オリオン座大星雲の『名所』

オリオン座大星雲M42は巨大なので、さらにその一部を拡大すると興味深い部分(いわゆる『名所』)があります。
ハッブル宇宙望遠鏡による撮影においても、この『名所』を集めた作品が公開されています。
f0346040_00593165.jpg
提供:NASA

さすが、ハッブル望遠鏡。もう、「どこがどこだか分からない」くらいの迫力ですね。
確か、公開されたのは2006年だったでしょうか。当時は相当な衝撃を受けたものです。

★やってみよう!!

レジスタックスのおかげで私も随分解像度を上げることに成功したので、自前のM42画像を用いて、マネしてみました。
いえ、単に前回の作品をトリミングして、色調を整えるだけの作業です。
f0346040_01060596.jpg
※VMC260L+IR改造D5000+LPS-P2による撮影 ISO3200の20秒露光×144コマコンポジット
(コンポジットはステライメージ、ウェーブレットはレジスタックスを使用)

一カ所だけ写野外だったので探し当てれませんでしたが、残りの5カ所はバッチリ該当箇所をトリミングできました。
今回は、なかなか良い感じでハッブル望遠鏡に迫れたなあ・・・などと自画自賛。

・・・ノイズとか色々出てますが、所詮「お遊び」なので良いでしょう♪



by supernova1987a | 2015-12-10 02:51 | 天体写真 | Comments(0)

ハッブル宇宙望遠鏡に迫る試み①

本業が忙しくて、1ヶ月ほど時間が全くとれませんでしたが・・・・

★いつかは、この写真に迫りたい・・・

その明るさと大きさから、容易に写せるオリオン座大星雲M42ですが、プロの研究者の方々が撮影すると流石に「すさまじい」もので、たとえばHST(ハッブル宇宙望遠鏡)で撮影してNASAが公開している作例では

f0346040_14250092.jpg
※提供:NASA 
元データ:http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2006/01/image/i/format/web_print/

・・・・このように、M42の部分拡大だといわれても、もはや「何が何だか分からない」ほど圧倒的に高解像度です。巨大な望遠鏡を地球大気の影響がない宇宙空間で運用したのですから当たり前なのですが、いつかはこの写真に「迫って」みたい、などと妄想しておりました。

 9~10月にM42ばかり撮影していたおかげで、だいぶデータもたまり、画像処理にも慣れてきましたので、かねてから気になっていたことを試してみることにしました。

★惑星写真の世界では

従来とても無理だと思われていた惑星の高解像度写真をアマチュアが撮影するための秘密兵器として、フリーソフトのRegistaxが注目されてずいぶんと年月が経ち、いまや月惑星画像処理の定番ソフトとなっています。

レジスタックスでは、動画撮影した惑星画像をスタッキングと呼ばれる処理で平均化し、その後ウェーブレットと呼ばれるシャープ処理を行うことで飛躍的に解像度を高めています。

そこで、この手法を星雲に転用すれば解像度を上げられないか・・・・と目論んだわけです。
ただし、元画像が大きいためスタッキングは難しそうです。また経験上、よほどなめらかな画像でない限りウェーブレット処理は有効ではないので、以前撮影したM42の画像を144枚コンポジットしたものを元画像として、L画像のみレジスタックスで処理してみました。

★レジスタックス処理前
f0346040_14423413.jpg
 ※VMC260L(レデューサなし)直焦点+D5000(IR改造) ISO3200 露光20秒 144コマコンポジット

だいぶ画像処理には慣れてきたので、ただひたすら「なめらかさ」を追求して処理しました。
これをL画像に変換してレジスタックスでウェーブレット処理を施すことにします。

★レジスタックス処理後

L画像にウェーブレット処理をかけたのち、LRGB再合成してみました。
(ホントはこの過程で、各種パラメータの設定について何度も何度も試行錯誤したのですが、割愛♪)
f0346040_14482989.jpg
※同上データをレジスタックス6でウェーブレット処理

おおお!
拡大表示するまでもなく、圧倒的に解像度が上がりましたよ!
いい感じです。

あ、ようやく、ハッブルの写真の場所が「見えて」きましたね♪
トリミングして比べてみます。

●ハッブルの写真
f0346040_14250092.jpg
●今回の写真のトリミング+色調整
f0346040_15075493.jpg
うんうん。
かなり「迫れた」でしょ?!

それになにより、かねがね写したかった、恒星風と星雲が衝突した際に発生したと思われる「アーク状の衝撃波面」がうっすらとですが確認できることがうれしいです。
f0346040_15204773.jpg
※なんとか分かる程度ですが、ハッブルの写真と見比べると、ノイズや偽解像ではなく、確かに写っていることが分かります。
そういえば、以前から上記画面の左下の星が上方向に「にじんでしまう」なあ・・・などと思っていたのですが、コレが正体だったんですね♪

え?
「ハッブル望遠鏡には まだまだ負けてるぞ」
ですって?
いやいや、そこは、その・・・
ハッブル望遠鏡は、お値段が我がVMC260Lの実に『20万倍』なんですから、同じようにはいきませんよぉ(笑)。

逆に言うと、20万分の1の経費でこれなら大健闘かと♪

★それにしても・・・

レジスタックス、すげぇ!!

さて、1月には少しまとまったお休みが取れそうなのですが、何を狙おうか・・・?(わくわく)


by supernova1987a | 2015-12-07 15:40 | 天体写真 | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク