あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
あぷらなーと
文系寄りの元理系(?)
「天体」「マクロ」「実験ごっこ」その他諸々の科学写真が大好きな HN:あぷらなーと が いろんな写真ネタをのんびり語ります。あまり気合い入れすぎると続かないので、「ぼちぼち」いきます。
※コメント大歓迎です♪

生息地:香川
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 08:53
途中邪道で結果王道って、..
by kem2017 at 03:31
> にゃあさん 邪..
by supernova1987a at 01:40
撮影と画像処理。天体写真..
by にゃあ at 01:10
> moritoさん ..
by supernova1987a at 22:08
> にゃあさん い..
by supernova1987a at 22:03
これって、あぷらなーと謹..
by morito at 16:36
こうやって並べてみると、..
by にゃあ at 01:27
> Te Kureさん ..
by supernova1987a at 00:41
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:31
以前の記事
お気に入りブログ

北アメリカ星雲さらに画像処理②

★素材さえ手に入れば長く楽しめるもの
ナローバンド超初心者のあぷらなーととしては、冬場に撮影したバラ星雲に続き、今回ようやく2匹目の3色ナローバンド素材を釣り上げた訳でして、この機会に色々と試して遊んでいます。たぶん色々と『正解』はあるのでしょうが、せっかくですからあえて自力で模索を楽しむことに♪
正直ググりたくなる気持ちを抑えるのは非常に辛い・・・のですが、所詮研究じゃなくて道楽ですからねぇ。


★とりあえずMM-Proの特性を活かす
ま、色々と物議を醸し出したZWOの冷却モノクロCMOSカメラASI1600MMシリーズなのですが、あぷらなーとが保有している3個体の特徴は以下の通り。
 ●MM-COOL1号機
  クールピクセルが結構多い
 ●MM-COOL2号機
  クールピクセルとても少ない
  網目状ノイズがとても多い(チャンネルごとのオフセットが合っていない)
 ●MM-Pro
  クールピクセル・網目状ノイズともにかなり少ない
※あぷらなーと保有のMM系カメラの個体差については下記↓記事中で言及しています。


・・・で、撮影の主力となるHαの撮影任務は、網目状ノイズもクールピクセルも少ない『大当たり個体』であるMM-Proに与えたのですが・・・・。

うーむ。
どうもダークノイズが上手く引けない。
f0346040_00171443.jpg
 ※左はダークを引かずに120コマコンポジットした画像。
 ※右はダークを引いてから120コマコンポジットした画像。

いやー。久々に豪雨のような『縮緬ノイズ』が発生して消せません
ちなみに『縮緬ノイズ』はあぷらなーとの造語ですが、いわゆるホットピクセルやクールピクセルがコンポジット時の撮影対象の動きにともない背景が流れるように残った物を指します。人間の目は「特定方向に揃ってブレた画像は視認されやすい」という特徴があるため(精密にオートガイドした場合のように)点状のノイズよりも線状のノイズの方が気になってしまうのですねぇ。たぶん。

MM-ProはMM-Cool1号機と異なりクールピクセルが非常に少ないので、クールピクセルではなくホットピクセルで縮緬ノイズが生じます。(だから、あぷらなーと渾身の『クールファイル補正法』↓が効かない。)




★この際だから、いろいろと試してみる
これまで結構明るい天体ばかりを撮ってきたので、処理時間が掛かりそうなことからは逃げてきたのですよぉ。しかし、この機に少し試してみよう・・・と。

①コンポジット時にシグマクリップを用いてみる
 本来は宇宙線のダイレクトヒットや人工天体の写野内侵入のような突発的ノイズを消す物と思われますが、ノータッチガイドの場合、輝点ノイズも画面内を動き回るため軽減できるかなぁと画策。
→ダメでした。ノイズよりもシグナルが沢山消えてボロボロになっちゃいました。
 まあ、短時間露光ですから量子的な揺らぎに起因するショットノイズの方が引っかかるのかもですね。

②コンポジット時にアベレージ(平均)ではなくメジアン(中央値)を使ってみる
 これも母集団(輝度分布)の中で異常値が全体に及ぼす影響を軽減するものと思われます。
→ダメでした。やはりノイズよりもシグナルが弱くなります。

その他、ガイドエラー方向が鉛直になるように画像回転してAutoStackert!のカラムノイズ除去を試すとか、ダークファイルのレベルを上げて減算してみるとか、色々と試してみるものの壊滅。やはり、邪道(オートガイドしない+ディザリングしない+長時間露光しない)では王道に近づくことはできないのか・・・・・。



★いや、ちょっと待て!
万策尽きたかと思ったそのとき、前回記事に付いた けむけむさん のコメントを見て「とある疑念」が湧きました。ひょっとして、とんでもない勘違いをしてるのかもしれない・・・と。たしか、『クールファイル補正法』を考案した際「シグナルであるショットノイズを消さないため、ステライメージのホット&クールピクセル除去フィルターはコンポジット前に多用しない方が良いかも」との結論を導いてたと思ってたのですが、そもそもそれはクールピクセルが盛大に出るASI1600MMーCool 1号機でのお話。今回使っているASI1600MM-Proには当てはまらないのでは・・・。しかも、過去のデータを見なおす『クールファイル補正』を用いた際にもホットピクセル除去は併用していたことを思い出しました。



★ホットピクセル除去をコンポジット前に適用してみる
早速やってみます。
閾値は10%でお試し。

すると・・・

ででん!!
f0346040_00195894.jpg
 ※左はダークを引いてから120コマコンポジットした画像
 ※右はダークを引いてからホット除去フィルタを掛け120コマコンポジットした画像。


おお!
縮緬ノイズが完璧に消えたぁ!

なるほど、灯台もと暗し
そもそもASI1600Mm-Pro自体が今回でまだ2回目の投入。その特性なんて理解しちゃいませんでしたし。



★となれば、もっと炙れる!
もう一度処理をやりなおしてみます。
・・・で、前回ヘロヘロになったSAO合成をやり直してみましょう。

すると・・・

ででん!!
f0346040_22510152.jpg
 左:前回の処理 右:今回の処理

おお!
特に変なことをせずとも、暗黒星雲のモクモクとか微妙な色合いの違いが簡単に出せるじゃないかー♪
俄然面白くなってきたぞー。

よし、ではいつものようにシルキーピクスで色を盛ってみるか・・・
f0346040_23161565.jpg

「ふっ。認めたくないものだな、過信ゆえの過ちというものは・・・」


★★★お約束★★★
①カメラ(個体)が変わったら処理方法を見直しましょう(笑)
②クールピクセルが多い個体は『クールファイル補正法』が効きます。
③ASI1600MMシリーズは個体差が大きいのでそれぞれに最適な処理は異なります。


# by supernova1987a | 2018-08-16 23:54 | 天体写真 | Comments(4)

北アメリカ星雲さらに画像処理

★初陣に勝利した『三連装ガチBORG・グランデ』

なんやかんやで苦労しましたが、ようやくファーストライトに成功した『グランデ』ですが・・・

『お楽しみ』はこれから♪

とりあえず、Hα・SⅡ・OⅢの各バンドで撮影した画像を下ごしらえしておけば、それらをどのように組み合わせてカラー化するかは表現者の自由ですものねぇ。


★自然な風合いを求めてみる

ナローバンドで赤い星雲を撮影したとき、最も『自然』に見られるのは「AOO」パレットでしょうね。
今回はこれを発展させて、
 Hα+SⅡを加算平均したもの→Rチャンネルに
 OⅢ→GチャンネルとBチャンネルに
それぞれ充ててみます。

すると・・・

ででん!
f0346040_03282761.jpg
おお。なかなか自然な風合いになりましたなぁ♪


★見慣れたナローっぽい風合いに

次に、前回作製した『OSAリバース』パレット画像と、上記の(SA-O-Oパレット?)を加重平均合成してみます。
すると・・・

でででん!!
f0346040_03312915.jpg
うひゃー。
面白れぇー♪

たかがノータッチガイド60分相当の露光+適当フラットなので縮緬ノイズやムラは残ってるのですが、マスク処理やレイヤー処理無しでこの程度ならいけることを確認。ま、北アメリカ星雲が明るくて大きいのが主要因でしょうが、とりあえず『三連装ガチBORG・グランデ』のファーストライトとしては、上々だろう・・・と自画自賛。

とりあえず『ナロー初心者』のあぷらなーととしては、難しそうな対象は敬遠してメジャーどころを少しずつ攻めていこうかと画策しています。



★最近の稼働兵器推移の差

前にクローズアップレンズ転用対物レンズ+ビームスプリッタで構成された超小型魔道兵器:『にせBORGクローチェデピエトロ』で撮影した北アメリカ星雲AOOを再処理してみた。


f0346040_09102807.jpg
今見るとコイツも(1600円レンズの割には)なかなか良い仕事してるなあ。

うむ。
「真っ当な手法でマイナーな天体を攻める」名手の方々には敵いそうにないので、「邪道な手法でメジャーな天体を攻める」としよう。
まだまだ楽しめそうだ。

★ぼやき★
ああー。しかし、なんでフラットナーの取り付け位置をミスったかなー。それも3本とも(泣)。


# by supernova1987a | 2018-08-15 07:58 | 天体写真 | Comments(8)

『三連装ガチBORG・グランデ』出撃!

★前夜のリベンジを果たすための・・・

せっかく設置した笠井のピラー脚+EQ-6Pro赤道儀のニワトリ拠点ですが、結局セッティングが終わった頃にはどん曇りで泣く泣く撤退。

でも、そんなことは想定の範囲内なのだー。
むしろ、そんなときこそ常設機材の威力が問われるというもの。

なにしろ、鏡筒だけをポンと載せたらセッティングがほぼ完了ですからねー♪


★というわけで『グランデ』出撃っ!!

本日の天候は「薄曇り」なんとか北極星が見える程度で、モヤモヤ。
特に北天は薄雲に遠方のナトリウム灯が反射してオレンジ色に光ってます。

だがしかし、

『三連装ガチBORG・グランデ』+ナローバンドなら星雲を迎撃することが可能かも。

ま、ダメでも貴重なデータは取れるでしょう。

「グランデ、出るっ!!」
f0346040_11153690.jpg
見よ!
BORG89ED+純正レデューサ×三連装+ASI1600MM系のモノクロ冷却カメラ3機+ナローバンドフィルタで、Hα+SⅡ+OⅢを一気撮りするという魔道の兵器の禍々しさ♪。


★攻撃目標:NGC7000っ!

まだ右腕が動かせない病み上がりの身。
負傷すること無く勝ちたいので、メジャーな天体をターゲットに選定せねばなりません。
というわけで、今回は北アメリカ星雲のナローバンド行ってみます。

せっかくですから、今回は徹底的に「邪道:あぷらなーと流」を貫いて戦ってみます

邪道①:3本のうちファインダー付きは1本だけ。
 残りの2本の平行出しは、鏡筒の傾きを目視で確認してアタリをつけるのだー!
邪道②:露光は1コマ30秒の短時間露光。
 各色120コマの連射で60分相当の露光を稼ぐのだー!
邪道③:アライメントは1点のみ。
 下手に極軸のズレを計算した微妙な駆動をされてもかえって邪魔なのだー!
邪道④:ピント出しにバーティノフマスクなどのツールは使わない。
 ライブビューの250%で焦点内外像を目視して、前後から挟み撃ちすれば十分なのだー!
邪道⑤:オートガイドはしない。
 短時間露光の多数枚コンポジットならノータッチガイドで行けるのだー!
邪道⑥:フラット撮影はトレース版で代用。
 メジャーな天体なのであまり強烈な画像処理は無し。よってフラットも大体合えば十分なのだー!
邪道⑦:ステライメージは、あえて6.5を使う。
 コンポジット枚数が多いときは7や8の10倍以上高速に処理できるのだー!
邪道⑧:マスク処理はしない。
 デジタル現像とNikCollectionのHDRである程度炙り出し可能なハズなのだー!
邪道⑨:縮緬ノイズはクールファイル補正法で乗り切る。
 ぴんたんさんのFlatAideProに実装されたので楽勝で処理できるのだー!
邪道⑩:カラー合成は『リバースパレット法』を使う。
 2波長が重なった部分が大きい天体はRGBではなくCMY合成が楽なのだー!
邪道⑪:最終仕上げはシルキーピクス。
 使っている人を見かけないけれど最後の一押しが直感的に可能な良いソフトなのだー!

よーし。これだけ邪道を貫いていれば『自分で戦ってる気』がするぞ♪



★NGC7000攻撃開始♪

前回数時間かかったセッティングを、わずか45分で切り抜け、北アメリカ星雲がPC画面に浮かび上がりました。
うむ。これは勝利の予感♪

各カメラについて
 ●ゲイン300
 ●冷却温度0℃
 ●露光30秒
 ●16bitモノクロFITS
の設定で、120コマずつ連写攻撃。

さらに、ダークフレーム120コマ×3セット、フラットフレーム120コマ×3セット、フラットダーク120コマ×3セットを撮影
f0346040_11453383.jpg
なかなか快調に作業が進みました。


★画像処理、行ってみます

Hα・SⅡ・OⅢの各バンドについて、それぞれ120コマコンポジットしてみると・・・・。
f0346040_11513356.jpg
 ※左から、Hα・SⅡ・OⅢ(各30秒露光×120コマコンポジット)

おお。OⅢもSⅡもちゃんと写ってるではないかー!!

「なんと他愛の無い。鎧袖一触とはこのことかっ!」
(ごめんなさい。ホントは前回、この台詞が使いたかったのに雲にやられて使う機会を逃した・・・という)



★リバースパレット法に持ち込んでみる

いわゆるSAOとかASOなどのように、Hα・SⅡ・OⅢの各画像をRGBに充てる疑似カラー処理がナローバンド撮影の主流ですね。
でも、天邪鬼あぷらなーとは、あえてRGBではなくCMYで合成するという『リバースパレット法』がお気に入り♪

せっかくですから、最後まで『邪道』を貫いてみます。

今回は、『リバースパレット』6種類の内でも特にお気に入りの『OSAリバース』を用いてみます。
OⅢ→シアン、SⅡ→マゼンタ、Hα→イエローにそれぞれ割り当てて疑似カラー化を決行。

すると・・・・

ででん!!
f0346040_12073458.jpg

ふはははは。
三連装砲なら2等星しか見えない市街地の下、たった1時間の露光作業でも十分戦えるではないか!

うむ。
『三連装ガチBORG・グランデ』の初陣は大勝利。
めでたい♪




P.S.
※ホントは、大ポカやらかしてます。
ええと・・・延長チューブとフラットナーの接続順を間違えて周辺部が流れまくってたのでトリミングで逃げたっていう(笑)。

※ちなみに、素直にSAO(ハッブルパレット)使った場合は、こんな感じです。冬にバラ星雲で人生初SAOをやった時に比べてOⅢが良く写ったので、このままでも見応えがありますね。
f0346040_02044357.jpg

# by supernova1987a | 2018-08-14 12:24 | 機材 | Comments(10)


検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク