天体写真

ちと難敵にも挑戦してみましょう

★市街地で暗い星雲は
オリオン座大星雲M42や射手座干潟星雲M8は大変明るいので、市街地でも十分撮影が楽しめます。でもせっかくなので、オートガイダーが破損している中、ノータッチガイド+短時間露光のコンポジットでどこまで行けるか、軽く実験してみましょう♪

対象は、IC434、オリオン座の馬頭星雲です。

本当は馬の形の暗黒星雲内のディテールを写したいところですが、機材が不調で、しかも暗い星が見えない立地ですから贅沢は言えません。まあ、その存在が写れば良しとしましょう。

VMC260にレデューサを装着して、IR改造D5000でISO3200のRAW15秒露光でガンガン撮影します。EQ6PROのノータッチガイドでは、どんどん像がずれるでしょうが気にせず行きましょう。

★1カットの画像では
ちと難敵にも挑戦してみましょう_f0346040_23202844.jpg
トーンカーブをいじって持ち上げると・・・・ああ、なんとか下の方にその存在が分かりますね。
M42のすんごい写りに比べるとあまりにも貧弱ですが、この星雲は暗いので、まあそんなものです。

★がんばって40枚コンポジットします
4枚ずつ加算コンポジットした上で、2×2のソフトウェアビニング処理で感度を稼ぎます。これを10セット作っておいて、さらにコンポジットしていきましょう。階調が足らないとノイズやトーンジャンプが発生しそうなので、トーンカーブなどの調整は最小限にとどめることにします。

・・・・さあ、「いでよ!馬頭のシルエットっ!!」
ちと難敵にも挑戦してみましょう_f0346040_23295136.jpg
おお!
いくら15秒露光とは言え、さすがに40枚もコンポジットすれば結構写るものですねえ♪
背景の散光星雲の濃淡や、暗黒星雲の立体感もちょっぴりと見えてきました。

・・・・んんん。

これは、空のきれいな場所に遠征して、たっぷりと露光してみたいものですねぇ。

おっと、その前にコネクタがもげたST-iオートガイダを何とかしなければ・・・・あ~、時間がぁ・・・・。


☆ BY あぷらなーと ☆





名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2014-10-27 06:30 | 天体写真 | Comments(0)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと