風景写真

光と影シリーズ続行⑧

上手に処理すればフィルムカメラ時代よりも被写体の明暗差を「なんとか」できるので、デジカメで満月と夜景を撮ることもあります。

★月夜の讃岐富士
f0346040_01225304.jpg
 ※ニコンD700+タムロン28-75mmF2.8

もう少し夜景を持ち上げ(明るくするの意)たかったのですが、もやがかかっていたため断念。
でも、昼間のような青空と夜景の組み合わせは個人的に面白いと思います。

★月光とパゴダ
f0346040_01330981.jpg
 ※ニコンD7000+タムロン17-50mmF2.8

新赴任地の徳島で夜の眉山へ登り、月光をバックにパゴダ塔を撮影。
んんん今イチですねえ。なにしろ周辺の光が複雑で難しい条件。
さらに通い詰めないといい感じには撮れないようです。

☆ By あぷらなーと ☆

Commented by piachan7 at 2014-11-21 23:55
高尾山に行った時、目で見た夜の町がこんな感じでしたが、写真はまっくろけに光テンテンでした。どうやったらこんなに綺麗に写真が撮れるのでしょうか。
Commented by supernova1987a at 2014-11-23 21:59
piacchan7さん
デジタル一眼レフをお使いでしたよね?
三脚にカメラをセットして、
まずは
iso800 絞りF4程度 露出30秒ほど
ホワイトバランス自然光 あたりで
お試しください。
その写り具合を見て露光量を加減すると
お好みの描写が見つかると思いますよ。
ぜひ素敵な夜景写真を楽しんでみてください。
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2014-11-19 07:20 | 風景写真 | Comments(2)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと