自然写真

マクロ『ごっこ』シリーズ①

★その昔・・・
子供の頃、生物学者を目指していた時がありました。
 小学1年生の時はコオロギ
 小学2年生の時はテントウムシ
 小学3年生の時はナミアゲハ
・・・・年間で1テーマを決めて必死で自由研究していた懐かしい思い出。

高校生になり宇宙物理への道を決めてからも、ジャンクレンズを組み合わせては、怪しい「マクロレンズもどき」を自作して
昆虫や草花のマクロ撮影に没頭していた時期があります。

その当時、コニカの200mm望遠レンズのマウントをヤスリで整形してニコンの一眼レフに無理矢理取り付け、さらにレンズの先に引き伸ばし機用のレンズを取り付けてクローズアップレンズの代わりにするという荒技で撮影したのがこちら。

 ★華
f0346040_05413123.jpeg
※ニコンFG-20+コニカ200mmF4+Eラッキー75mm SR100ネガ ストロボ使用

この1カットのために1時間以上を費やして撮影に成功した 百日草の花の「どアップ」 なのですが、結構「すごみ」のある写りで、当時お気に入りの1枚でした。あまりにうれしくて月刊写真誌のコンテストに応募し、佳作をいただいたのも古き良き思い出♪

社会人になってデジカメと本格的なマクロレンズを手に入れてからは、いかんせんサクッと撮影できてしまうのが災いして、あまり1カットに時間をかけなくなりました。・・・ダメですね。

というわけで、来春からは真面目にマクロ撮影に取り組もうという決意の下、手元のマクロ写真をいくつか紹介していきます♪

 ★つぼみ
f0346040_05504713.jpg
 ※ニコンD7000+ニコンVR105mmF2.8G→F45 ストロボ使用

ニコンのVR105mmマイクロレンズは絞り開放ではやや甘い像に感じられますが少し絞ると本当に良く写ります。
それに何よりマクロ用のストロボで光を稼げるの上に、「ちゃんと写ったかどうか」がすぐに確認できるのがデジカメのいいところですね。
その分、なんだか手を抜いてしまいますが、それでも昔の写真に比べると桁外れにシャープです♪



Commented by piachan7 at 2014-12-07 22:01
植物ってけっこう毛深いのにびっくり。さすがマクロ!
Commented by supernova1987a at 2014-12-07 23:38
piachan7さん
植物、マクロで撮ると確かに毛深いですね。
でも、たいてい『飴細工』的というか独特の透明感があって、
多分、虫さんから見ると美味しそうに映ってるのではないか、
などと妄想しちゃいます♪
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2014-12-03 06:28 | 自然写真 | Comments(2)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと