デジカメ

ニコンデジタル一眼ノイズ比較①

★夏のスケジュールを組んでみると・・・

今年の8月の出勤予定を組んでみると、
なんと
新月期を含む5連休が取れちゃうことが発覚!

わあ!天体観測の大チャンス到来です♪
天候と月齢にやられたGWのリベンジ果たせそう!

★というわけで・・・・

そうなると、もう1台IR改造デジカメが欲しくなりますねぇ。
もちろん、新規で1台買う予算はないので手持ちのカメラを改造することになります。
では、どいつを改造しようか?

いや、実は今使っている改造D5000が大変好感触だったので、勢い余って中古のD5000を買い増ししちゃったのですが、念のため、本当に他の機種よりも「使えそう」かどうかをテストしておかないと不安なわけでして・・・。

★今回のテストは下記の通り

予算の関係で、大半が中古で手に入れた機種ばかりですが、天の邪鬼な(?)あぷらなーとは、オールニコンです。
(※一般的には、天体写真撮影に向いているのは、ニコンよりもキヤノンとされています。)

 ニコンD5000・・・本命
 ニコンD7000
 ニコンD90
 ニコンD3100
 ニコンD300
 ニコンD700・・・フルサイズなので改造する気はありませんが
 ニコンD40・・・すでに改造済みですが比較用として

このうち、私がよく使うISO1600~3200の30秒露光でダークノイズが少ないものが採用です。

●自分なりの先入観での「予想」は、
<ダークノイズが少ない順に>
 ①D700  2008年発売・フルサイズ1210万画素
 ②D3100 2010年発売・APS-C1420万画素 
 ③D7000 2010年発売・APS-C1620万画素
 ④D5000 2009年発売・APS-C1230万画素
 ⑤D90   2008年発売・APS-C1230万画素
 ⑥D300  2007年発売・APS-C1230万画素
 ⑦D40   2006年発売・APS-C610万画素

★では、実際に比較撮影スタートです

 気温25度の室内で、夜間、ボディキャップを閉めたまま30秒露光を行いダークノイズを比較します。ISOは3200(D40はHi-1)ファイル形式はRAWで、ノイズリダクションは全て切ります。
天体写真は強めの画像処理を加えるので、今回も撮影したRAWを補正なしで現像し、レベル調整で階調を「0~1024」に切り詰めてみます。

★本命のD5000
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00105091.jpg
 やっぱ、なかなか良いですね。・・・これ、隠れた名機かも、です♪

★対抗馬のD3100
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00143064.jpg
 ああっ、これはいけません。全体的にランダムなノイズが載っている上に、横シマが多数出てしまってます。
 比較的新しい機種で、画素数もそれなりなので、正直、大変期待していたのですが、エントリー機なのでそれなりの設計なのでしょうかね?
 

★これが良ければ悩むD7000
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00172478.jpg
 ああ、D5000よりもちょっぴり良さそうです。D3100よりも画素数が多いのに、D3100とは比較にならないほど低ノイズです・・・が、日中写真の主力機なので、もったいなくて改造に出す勇気が・・・。

★密かに期待のD90
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00191480.jpg
 おお、これも良いですね♪ 改造候補です。

★まさかのD300
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00203485.jpg
 ああ、やっぱり。ノイズまみれ+横シマまみれで、使い物になりません。さすがに古すぎましたかね。一見D90と同様の素子スペックなのに、D90はどんなマジックを使っているのでしょうね?

★別格のD700
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00253459.jpg
かつて、D3と並んで「高感度番長」の名を欲しいままにした機種だけに、別格ですね。さすがフルサイズ。

★かつての名機D40
ニコンデジタル一眼ノイズ比較①_f0346040_00263730.jpg
 いかに600万画素のCCD機と言えども、元々ISO感度設定メニューが1600までしか無い機種ですので、拡張Hi-1ではボロボロですね。
・・・砂嵐みたい。

 ★★★以下続きます★★★

タグ:
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2015-06-09 06:44 | デジカメ | Comments(0)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと