あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
あぷらなーと
文系寄りの元理系(?)
「天体」「マクロ」「実験ごっこ」その他諸々の科学写真が大好きな HN:あぷらなーと が いろんな写真ネタをのんびり語ります。あまり気合い入れすぎると続かないので、「ぼちぼち」いきます。
※コメント大歓迎です♪

生息地:香川
カテゴリ
最新のコメント
> moritoさん ..
by supernova1987a at 01:48
こんばんわ 標準の..
by morito at 23:08
> にゃあさん 本..
by supernova1987a at 05:07
さすが沼学部の教授が取り..
by にゃあ at 02:30
> Te Kureさん ..
by supernova1987a at 00:53
あぷらなーとさん、いつも..
by Te Kure at 17:30
> オヤジさん 出..
by supernova1987a at 07:12
寿限無寿限無五劫のすり切..
by オヤジ at 04:04
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 20:16
exblog は、ログイ..
by kem2017 at 16:40
以前の記事
お気に入りブログ

鮮やかさ優先でバラ星雲を処理してみる

★種明かしは次回ということで・・・

前回のエントリーで、

従来のナローバンド3波長のカラー合成6パターン以外の可能性について言及しましたが、
さらに処理を進めたので、色々なカラーバリエーションをお見せします♪


★バラ星雲で『あの色合い』を出してみる

ナローバンドカラー合成の名手の方は大勢いらっしゃって名作が多数公開されているのですが、その中でもあぷらなーとが憧れていた『色合い』というものがあります。
それは、原色の発色が鮮やかで、それがグラデーションのように推移している『レインボー調』とでも言うべき風合いを実現されている作品です。

ただし、バラ星雲でその『色合い』って見かけませんよね。
恐らく、バラ星雲の場合Hα・SⅡ・OⅢの各領域が結構重なり合ってしまっていて色分離特性(相性)が悪いことが一因かと推測します。
(前回、『なんか補色っぽい』と表現したとおり、パッとしないんですよねぇ・・・)

ならば!
というわけで、前回の(従来のカラバリ6パターン以外の)処理をさらに進めてみました。

すると・・・


ででん!!
f0346040_06360029.jpg
どうでしょう?
けっこう『あのイメージ』に近い風合いのバラになったと思いませんか?
Hαが強い(と期待する)領域が鮮やかな緑で、SⅡが強い(と期待する)領域が鮮やかな赤に描写できました♪
・・・で、その間がグラデーション♪
おそらく、バラをSAO合成する方が目指してるのは実は『この色合い』ではないかと・・・・。

では、前回の画像(立体感優先処理)もきっちり仕上げてみます。

f0346040_06360697.jpg
はい。
前回目指した(意図した)色合いが出せました。
これはモクモクの部分を立体的に目立たせるという趣旨のカラバリですね♪


また、青いバラがお好きなら・・・
f0346040_06461259.jpg
こんなのもアリですかねぇ。

いずれにしても、これらの色合いは、メジャーな3色合成による6パターンのカラーバリエーション↓
f0346040_05471315.jpg
には一切含まれていないのが分かると思います。

あ、ちなみに、Hα・SⅡ・OⅢ以外の画像(LやRGBなど)は一切混ぜていません


★次回のエントリーで

バラ星雲のナローバンド撮影におけるこの手法の有効性について、説明を試みます♪

P.S.
別に、新しい手法を開発したわけではなくて、
Hα・SⅡ・OⅢのカラー合成のバリエーションは6パターンのみではなく
そもそも、12パターンあるよーってオチなので、あまり期待しないでくださいね♪


by supernova1987a | 2018-01-20 07:02 | 天体写真 | Comments(6)
Commented by にゃあ at 2018-01-20 12:17 x
一枚、一枚が丁寧に撮られているので、合成して美しいですね。熱帯魚のネオンテトラとかグッピーを思い起こさせます。種明かしを楽しみにしています!
Commented by オヤジ at 2018-01-20 17:23 x
ナローバンドの合成って、目的が良く解らないチンプンカンプンのオヤジですが、この色なら、好感持てますね。素晴らしいです。(笑)
「アモーレ」の赤いバラもあるんでしょうけど、こういう色のバラも品種改良して欲しいですね。
御免なさい、知識が無くてこんな事しか書けなくて。(頭ボリボリ)
Commented by morito at 2018-01-20 21:22 x
ふふふ....

こぉんなの見せられると軟弱な意思が....

物欲抑制 ポーション飲んでおきます。
Commented by supernova1987a at 2018-01-20 21:40
> にゃあさん

ネオンテトラとは上手いこと言いますね♪
この手法なら、無理に色彩強調しなくても、ででん!と情熱的な薔薇が表現可能です。
ちなみに、びっくりするほど単純な処理ですので、お楽しみに!

※今、何か勘違いしていないか検算中です。
Commented by supernova1987a at 2018-01-20 21:47
> オヤジさん

ようやく、原色ハデハデな色の出し方にたどり着きました。
賛否両論あるでしょうが、従来の6パターンから12パターンに選択肢が増えるのは、嬉しい事ではないかと思ってます。

ちなみに、元宇宙物理屋の立場としては、ナローバンドのカラー合成は、本来、観測結果(波長の分布)を視覚的に訴求する手段に過ぎないと思ってます。
Commented by supernova1987a at 2018-01-20 22:08
> moritoさん


いやいや、
moritoさんの『ナローバンド風』ブロードバンド薔薇を見せられると
逆にナローバンドって要るの?って思わされちゃいますよー。

はっ!
コレが物欲抑制ポーションかっ!(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< ナローバンド撮影の『裏パレット』 立体感優先でバラ星雲を処理してみる >>


検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク