あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
文系寄りの元理系(?)
「天体」「マクロ」「実験ごっこ」その他諸々の科学写真が大好きな HN:あぷらなーと が いろんな写真ネタをのんびり語ります。あまり気合い入れすぎると続かないので、「ぼちぼち」いきます。
※コメント大歓迎です♪

生息地:香川
カテゴリ
最新のコメント
相変わらず秀逸な記事を量..
by kem2017 at 07:59
わぁー、これがカラーシフ..
by にゃあ at 03:07
> Samさん ありが..
by supernova1987a at 22:46
縮麺ノイズ完全制覇ですね..
by Sam at 22:07
> ゴットハンドさん ..
by supernova1987a at 20:41
美しい~。ノイズの”ノ”..
by ゴットハンド at 20:20
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 18:28
お見事! サッポロポテ..
by kem2017 at 16:48
> Te Kureさん ..
by supernova1987a at 13:53
ツィートを拝見して慌てて..
by Te Kure at 09:19
以前の記事
お気に入りブログ

初心に返ってみる♪

★『ど変態・魔道』から一瞬だけ脱却する

どうも最近、『光害チョッパー』だの『メカニカルPEC』だの『にせBORG』だの『変態ネタ』が増えすぎました。
このままでは、沼にハマるどころか完全に魔道に墜ちてしまうので、いったん冷却します。
いや、カメラをじゃなくて、頭を(笑)。

ところで
コレどうやって撮ったか分かります?
f0346040_13500616.jpg
 「ん? これだけ天の川のモクモクが写ってるから、赤道儀でガイド撮影だよなー。」
 「あれ? でも地上の木々のシルエットがブレていないじゃないか。」 
 「・・・ということは、いわゆる『新星景』かー。」
 「特殊なマスク処理とか、しました?」

残念。全部ハズレです(笑)
 
自宅のメインPCのHDDがパンパンになってきたので、写真の元データを圧縮してNASにでも移そうかと試行錯誤中、2016年に撮影した天の川の写真が出てきたので再処理してみました。


★当日の撮影機材一式公開

まずは、当日の撮影機材一式をお見せしましょう。


ででん!
f0346040_14004145.jpg
・ニコンD610(無改造)ボディ
・シグマ20mmF1.8アスフェリカル(初期型)
・純正リモートコード
・ベルボンの三脚

たった、これだけ!



★撮影データ公開

・感度:ISO800
・絞り:F2.8
・露出:20秒
・ノイズ低減:なし
・ダークファイル:なし
・出力形式:RAW
・撮影枚数:1枚

 ・・・です。
ホントにそれだけ!

ちなみに、撮って出し』だとこんな感じです
f0346040_14073582.jpg
一応プチ遠征したときの画像ですが透明度はあまり良くなく、あきらかに光害の影響を受けてますね。(色からしてナトリウム灯系?)

でも、ある程度の画像処理でここまであぶり出せるものなのですねー。
f0346040_14184711.jpg
ええ、まあ、ステライメージ・シルキーピクス・NikCollectionの3種類のソフトを行き来しましたので、その過程は『変態的』かもしれませんが、こと機材に関しては

・普通のデジタル一眼で
・普通のレンズで
・普通の三脚で
・赤道儀とかのマニアグッズなしで

そこそこキレイな天の川が撮影できちゃうと言うことですね。

この事実、知らない人も多いんじゃないかなー。
もっともっと初心者の方には天体写真にチャレンジしてもらいたいものです。
だってー、フィルム時代とは、そもそも環境が違うのですよ。
以前書いた内容(昔と違って近年の天文はお金がかかりすぎる、云々)↓と矛盾するかも知れませんが、

要は『高望み』さえしなければ、昔よりも容易に天体写真が撮れるということでしょうねぇ。
赤道儀や改造カメラが無くても、「今の時代なら」簡単に天の川が写せる可能性があるのですから。

・・・しかし「星野写真に赤道儀が不要になる時代」がすぐそこまで来ているような気がするのは、なんか寂しい

だって・・・せっかくポチったボクのスカイメモTの立場が・・・・orz
f0346040_19532781.jpg
はっ!
危うく俗世の風に毒されるところだったわ。
見よ。赤道儀を使えば「さらにその先」があるのだ!

ででん!
f0346040_14551894.jpg
 ※D5000(改造)+シグマ30mmF1.4(初期型)絞りF4 ISO1600 30sec×48コマ スカイメモNSノータッチガイド 
 ※撮影は昨年のGW

ふははは!
赤道儀によるガイド撮影と48枚コンポジットの威力を思い知るがいい!



★というわけで
新兵器スカイメモTが(『メカニカルPEC』の実験は上手くいったものの)思いの外重量バランスに敏感で、ちょっとバランスが崩れるとフリーズ(安全回路がはたらくみたい)する上にスマホかタブレットが無いと「1倍速恒星時駆動すらできない」という『謎仕様』にイジメられて不機嫌になっちゃったあぷらなーとの戯れ言でした。

いや、『メカニカルPEC』の部品にするためだけに大枚はたいた訳じゃないんだからー。

by supernova1987a | 2018-05-05 14:58 | 天体写真 | Comments(13)
Commented by kem2017 at 2018-05-05 15:43
固定で天の川を綺麗に撮ってみたいと、やってみても残念な写真になった事しかありません...
うううう~ん...
Commented by supernova1987a at 2018-05-05 16:01
> kem2017さん

薄暗い星雲や銀河を炙り出せるなら、ボンヤリ写った天の川の場合でも結構強引な処理で炙り出せるのだと思いますが、固定で一発撮りだとノイズを低減する処理を入れないとボロボロになっちゃうのも事実だし、往々にして広角レンズは望遠鏡の直焦点よりも周辺減光がキツいので、ある意味DSOよりも難しいのかも・・・。
Commented by にゃあ at 2018-05-05 18:00 x
一般的な装備でも、もずくか海ぶどうみたいな黒い帯を炙り出せるのですね。夏になったらやってみますーというか、過去写真があったような。JPGだけど。。。
Commented by supernova1987a at 2018-05-05 19:00
> にゃあさん

なんだか、マニアックな機材用の画像処理技術が向上しているのに、一般的な機材で撮影した画像に適用しないともったいない話だなぁ・・・と。ただし、『もずく』は優秀なレンズを用いて、しっかりと露光を稼いで、慎重に画像処理しないと迫力は出ませんね。
ともあれ、再処理してみて1コマ固定撮影でも結構な絵が出来上がることは分かりました。
月が細くなったら、ぜひ遊んでみてください。
Commented by HUQ at 2018-05-05 19:48 x
固定撮影でズレていく周辺星像をσクリップで点像に抽出してくれるソフトを使って大量の固定撮影をコンポジットすると…ででんっ!
http://photohito.com/photo/6348162/

クッソ明るい望遠鏡なら固定撮影でも…でででんっ!
http://photohito.com/photo/7138600/
Commented by morito at 2018-05-05 20:26 x
こんばんわ

スカイメモTにそんな制約があるのですかぁ!?

バランス崩すと脱*調するってのは、私の自前改赤道儀ではよくありますが....

>スマホかタブレットが無いと「1倍速恒星時駆動すらできない」

これはぁ....
物理スイッチの無い機器って。。。そ*れ*はぁぁぁて感じですね。

投稿させないぜ! に捕まってリトライ中。
どこなんだろ。。。

取り合えず前半部分
Commented by supernova1987a at 2018-05-05 20:39
> HUQさん

ああ、HUQ先生の前では、私の変態性などゴミのようなものでございまして・・・(笑)
改めて拝見しました。
とにかく、スゴすぎる!!
コレ、データを隠しちゃうと誰も撮影方法当てられませんよ~。

しかし、まあ、望遠鏡の直焦点で『固定撮影』しようと思いつくとは・・・ド変・・・もとい、素晴らしい冒険心ですなぁ。とても勝てる気がしない・・・orz
Commented by morito at 2018-05-05 20:41 x
引っ掛かってるのは後半か....
さて、どこだぁ??

さて、固定撮影天の川

キットレンズでもバッチリ写りますよね!



数カット撮ってICEで繋げる。よくやります。
Commented by morito at 2018-05-05 20:42 x
三回目。意地になっちゃいました。

既に御存じかも...ですが。

固定撮影から新星景 半自動で作ってくれるこいつ↓使うと

画像処理未経験な方でも それなりのが簡単にできちゃいます。
https://sites.google.com/site/sequatorglobal/
Commented by supernova1987a at 2018-05-05 20:44
> moritoさん

マニュアルにも明記されている現象で、インジケーターが点滅して「異常」を知らせてくれます。このときWIFI接続も切れちゃって、最初から接続しなおして設定しないといけないという・・・・。たぶんスカイメモTは「初心者向け」じゃなくて「上級者向け」のような気がしてきました。だって、初心者さんだと、たぶん何が起こってんだか意味不明・・・。

※この件については、根本原因とその打開策を考察したので、そのうち♪

PS
エキサイトブログ、時々コメント欄がおかしくなることがあります。
ブログ主の操作も受け付けなくなるときがあるので、読者さんサイドの問題ではないと思います。
Commented by supernova1987a at 2018-05-05 20:50
> moritoさん

ウワサには聞いていましたが、スゴいですね。
ペンタのアストロトレーサーといい、ご紹介頂いたソフトといい、
この分だと、本当にポータブル赤道儀が不要になる日がやってきそうですねぇ。
Commented by Sam at 2018-05-05 23:12 x
天の川ですが、意外に標準レンズでいけるのはもしかしたらそれほど知られていないのかもしれませんね。
例えば
http://hoshizolove.blog.jp/archives/24607711.html
に載せてある細長い画像は、娘がEOS X7のダブルレンズキットに付属の標準レンズ、全然明るくないf4.5で、本当に普通の安い三脚に載せて撮っただけのものを、画像処理だけは私がしたものです。もともと娘の自由研究の表紙に飾る目的で作ったもので、手を抜いているところもあり、全然すごい画像ではないですが、初めて天の川に挑戦するならそこそこ満足できるくらいにはなるかと思います。
ただ、やはり画像処理の「私が」というのが問題で、娘にあの過程をやらせるのは流石に酷かと思います。
この処理の過程が、ある程度説明とかされて簡単に扱えるようになったら、天の川を気軽にやってみようという人も増えるのではと思いますがどうでしょうか?
Commented by supernova1987a at 2018-05-06 00:15
> Samさん
コメントありがとうございます。
娘さんの作品、素敵ですね♪
(以前拝見したときに、自由研究のレベルの高さに愕然として、自分が中学生のころの研究ノートと見比べちゃいましたよー)

いわゆる現代用語としての標準レンズ(標準ズーム)は、結構よく写りますよね。
流星写真を撮影するときには、それこそデジタル一眼レフ10台を全機出撃させるのですが、単焦点レンズの数が足りないので標準ズームも使ってます。
もちろん、周辺減光やコマ収差やゴーストなど弱点も多いですが、そもそも最も数が出る(売れる)レンズなだけに、コストパフォーマンスが異常に高いですものね。

おっしゃるように、画像処理の部分は障壁になりますが、初心者の方にも天の川撮影にチャレンジしてもらいたいものですね。とにかく、固定撮影の経験が無くて周囲に相談できるマニアもいない完全初心者の方が(訳も分からずいきなり)ポータブル赤道儀を買って挫折することだけは避けたいものです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 短焦点版『にせBORG50S』... 『メカニカルPEC』開発プロジ... >>


検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク