あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
あぷらなーと
文系寄りの元理系(?)
「天体」「マクロ」「実験ごっこ」その他諸々の科学写真が大好きな HN:あぷらなーと が いろんな写真ネタをのんびり語ります。あまり気合い入れすぎると続かないので、「ぼちぼち」いきます。
※コメント大歓迎です♪

生息地:香川
カテゴリ
最新のコメント
はじめまして。 クロー..
by ゴットハンド at 21:01
> KENさん そ..
by supernova1987a at 10:55
> KENさん こんに..
by supernova1987a at 10:47
こんばんは! 「えっ?..
by KEN at 22:32
> Northpoleさ..
by supernova1987a at 22:58
はじめましてコメントさせ..
by Northpole at 12:32
> ねお丸さん コ..
by supernova1987a at 00:42
こんばんは! 凄い実験..
by ねお丸 at 20:50
> Te Kureさん ..
by supernova1987a at 07:53
追伸; それと改めてAS..
by Te Kure at 17:56
以前の記事
お気に入りブログ

逆襲!?何と戦ってるんだか②

★オリジナル機材の楽しみは・・・

実用性があるかどうかは別として、オリジナル機材の楽しみは、色んな用途に合わせてその形態をチェンジできることですね。
というわけで、『にせBORG』企画第2弾を発動させることに・・・。


★今回セレクトしたパーツは!!

今回は、夜晴れることを期待して、下記のネタを合体してみることにします。
①対物レンズにはACクローズアップレンズNo2を!

このクローズアップレンズは、ディオプトリが2つまり焦点距離が500mmあります。
要するに口径50mmF10のアクロマートですなー。
このレンズ、単独でも結構良い像を結ぶんですが、今回はさらに『味付け』をしてみます。

②接眼部にはオリジナルビームスプリッタ装置を!

あぷらなーとがこの装置を考案・作製してから1年以上が経過しますが、今のところ他に類を見ません。
(単なる自慢。でも実はちょっと寂しい)
メリットとしては、
 ・鏡筒が1本で2本分の働きができる
 ・輝度情報と色情報を同時露光できる
 ・動きや回転を伴う天体でも色ズレが出ない
 ・地上の風景でもパララックスが生じない
といったところでしょうか。

③撮影の方式はOⅢナロー+RGBの同時露光に!

前回の『変態企画』で試したところ、存外にOⅢナロー+RGBの合成がシャープだったので、今回もこの手法を取り入れて、ビームスプリッタに「ASI1600MMM-Pro+OⅢナロー」とASI1600MC-COOLを同時装填してみましょう。

★せっかくですから『広告』も(笑)
ででん!!
f0346040_11205083.jpg
わはははは。
こりゃ禍々しい(笑)
ああ、また『魔界』の扉を開けてしまった。
ちなみに、インチキ製品名を「ルナ・スナイパー」にするか「アルテミス・アーチャー」にするか(どうでもいいところに)悩んだというのは内緒。
f0346040_11271350.jpg
f0346040_11273793.jpg
赤道儀はスカイメモSにビクセンのパーツを組み合わせたものをチョイス。
これなら片手でヒョイヒョイ運べますし、月追尾モードも選べるのがうれしい。
それに、ASI16002台の『赤缶』とのカラーマッチングが素晴らしいので・・・。

そろそろ各パーツの光路長を『体が覚えてきた』ようで、組み上げた直後に月に向けると一発でピントが来ました♪

★ファーストライトは半分失敗

いや、ホントはシャープな月面をゲットしようと企んでいたんですよー。
でも、途中から薄雲が全天に広がっちゃって、MM-Proのピントチェック用画像を撮影しただけで店じまい(涙)
f0346040_11411363.jpg
MCと同時露光を始める前に曇っちゃったので、肝心のORGB合成はできず。
でも、薄雲がかかってて、シーイングも悪い中の月面としてはまずまずかなあ。
なにしろ、今回も1900円前後の激安対物レンズですもんねぇ。
うん。今後の撮影が楽しみ♪

P.S.
「あぷらなーとは赤が好きなのか?」
いえ、ホントは黄色が大好きなんです。
ほら、ニコンって黄色のイメージを多用するし、昔愛用していたカタディオプトリックカセグレン「ミザールのアルテア15」は鏡筒が黄色だし。
ああ、でも近年は「黄色の鏡筒」というと「タカハシのイプシロン」の意味になっちゃいますね。
でも・・・・

ん?・・・なんか荷物が届いたよ?

来た!
(にゃあさんから情報をもらった刹那に無意識に)ヤフオク入札してて、結局落札しちゃった「BORG89ED対物レンズ(絶版の白モデル!)」
ええ、これで『まともな対物レンズ』も3個揃いました!!

右腕の怪我が治ったら、BORG89ED×3本+ビームスプリッタ×2機にASI1600×4機とD810Aを装填して・・・

Hα+OⅢ+SⅡ+Hβ+RGBの5チャンネル同時露光システム
を降臨させるのじゃー!

ええ。手術の後、右腕に握力が戻るまでの間は、三連装『にせBORG』で練習しますとも♪

ふはははは。
全ては計算通り(・・・ホントか??)

by supernova1987a | 2018-06-04 11:58 | 機材考案 | Comments(13)
Commented by Te Kure at 2018-06-04 17:07 x
しかし、しかし!凄いですね〜
狂気の世界にどんどんと・・(笑)
とにかく楽しいです!

ところでいつもの質問中で済みません。(汗)
初心者の私に、赤缶はASIの290と1600のどちらがベターなのでしょうか・・?
C8をポチ済みでCMOSで迷っているのです。
なにとぞご教授を・・(願)
Commented by uto at 2018-06-04 17:44 x
かっこいいネーミングですね~!
それにしても、にゃあさんといい、広告センス、抜群ですね!!
Commented by supernova1987a at 2018-06-04 19:41
> Te Kureさん

赤缶はたくさん種類があるので迷いますね。
どちらも一長一短あるので、好みの問題かも知れません。

例えば、惑星の写野内導入が苦手な方は1600を、まだオートガイダーをお持ちでない方は290を、星雲も撮りたい方は1600を、少しでも計量化を図りたい方は290を、といった具合でしょうか。

ただし、私は290を触ったことが無いので、細かい特性は分かりかねます。昨今、カタログスペック自体が間違えてることもありますし、最後は自分で解析してみないと正体がつかめませんので(笑)
Commented by supernova1987a at 2018-06-04 19:50
> utoさん

楽しんでいただけたら幸いです。
にゃあさんが時折スゴいフェイク広告を創られているので、うらやましくなって作ってみました。

最近インデザインなどのDTPソフトに触ってないので、まさかの花子で作りました。
Commented by Te Kure at 2018-06-04 20:56 x
あぷらなーとさんさん本当に有り難うございます。
私がお世話になっている札幌のアストロショップのご主人も同様のお話でした。
私が何を求めているのかに尽きるのでしょうが、はるか昔にときめいたDSOを自分なりに・・ですね。
あせらずに素直に順番にします。(謝)
Commented by にゃあ at 2018-06-05 00:06 x
あぷらなーとさん、これ欲しかったんですよー!まさにスナイパー。ガンダムのジムが持ってるような。カッコいい!直交しているASIが弾倉みたいですよね。広告がまた少年の心を射るのではないでしょうか。

質問なのですが、ツインカメラで撮影した写真はどうやって位置を合わせるのですか?星雲だと恒星を基準に位置合わせ出来そうなのですが、月や惑星でもうまく行ってくれるのでしょうか?

Utoさん、お褒めの言葉ありがとうございます!
Commented by kem2017 at 2018-06-05 02:16
赤なのか黄色なのか?って、なんか信号機みたいでいいですねぇ(何の話?)
昨夜朝寒くて体調崩して、今夜は夜中蒸し暑くて汗だくで目覚めました... エアコンの季節到来
Commented by supernova1987a at 2018-06-05 06:30
> Te Kureさん

モノクロかカラーか、冷却か非冷却か、ラージチップかスモールチップか・・・・・。悩みは尽きないでしょうが、機材選びは悩んでいる時が一番楽しいですからねぇ。まずは、何か1つ試してみると色々と好みが見えてくるかもしれませんね。ZWOの沼もBORGに負けないほど深いですので、ご注意を(笑)。
Commented by supernova1987a at 2018-06-05 06:38
> にゃあさん

ね!カッコいいでしょう?
今回試してみてわかったのですが、やはり長焦点だけあって、ACNo2はそのままでもかなりシャープで色収差も少なかったです。だから別にナローやビームスプリッター無くても良いんですが、それでは(広告的に)面白くないので(笑)。全く何やってんだか。
Commented by supernova1987a at 2018-06-05 06:48
> kem2017さん
ええ、信号機みたいです。
最近はQHYの『青い缶』も気になってます。
そう言えば、昔は
ミザールのアルテア、タカハシのイプシロン、JSOのシュミカセなどが黄色で、ミザールの12cmニュートン(RS20P版)、ミードの20cmニュートンなどが赤、アストロのラムダシリーズが青でしたねぇ。
Commented by supernova1987a at 2018-06-05 10:54
> にゃあさん
追記です。
LRGB合成時の位置合わせは、オール手動です。
まず回転角を粘り強く調整して、その後、上下左右の位置合わせをサブピクセル単位で行います。合成画面のプレビューを「差の絶対値」にするとズレが見やすくなります。
あまりにもズレが大きい場合は、まず手動で(特徴的な場所に)基準点を打って自動位置合わせを実行し、そこから手動で微調整しても良いと思います。
ただし、2色以上のナローバンド合成の場合は倍率の色収差が発生するので、波長によって像の大きさが異なります。全ての位置合わせの前に、像の大きさを測定して倍率の補正値を計算しておく必要があります。
とにかく、「根気」あるのみです♪

※連装鏡筒で地上の風景を撮影した場合は、鏡筒によってパララックス(視差)が発生してしまうので、立体的な対象物については(ステレオ写真的に写るので)どんなにがんばっても左右方向の位置合わせは(原理的に)不可能となります。今のところ、これを回避する方法は、ビームスプリッタかフリップミラーで単一鏡筒を使用する以外にありません。もし動いている対象については、撮像時間差も致命的なので、ビームスプリッタ「一択」となりますねぇ。
Commented by にゃあ at 2018-06-06 00:39 x
あぷらなーとさん、ありがとうございます。オール手動ですか!まさに根気ですね!差の絶対値は非常に参考になります。めげないようにがんばります!
Commented by supernova1987a at 2018-06-07 09:19
> にゃあさん

LRGBは色々と面倒ですが、それに見合う成果は出ると感じてます。
そもそも人間の目は色情報の位置ズレには鈍感ですので、L画像さえキッチリと撮れればカラー画像は相当に適当でも大丈夫みたいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 長焦点『にせBORG』昼間試写 三連装『にせBORG』昼間試写 >>


検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク