あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あぷらなーと
文系寄りの元理系(?)
「天体」「マクロ」「実験ごっこ」その他諸々の科学写真が大好きな HN:あぷらなーと が いろんな写真ネタをのんびり語ります。あまり気合い入れすぎると続かないので、「ぼちぼち」いきます。
※コメント大歓迎です♪

生息地:香川
カテゴリ
最新のコメント
相変わらず秀逸な記事を量..
by kem2017 at 07:59
わぁー、これがカラーシフ..
by にゃあ at 03:07
> Samさん ありが..
by supernova1987a at 22:46
縮麺ノイズ完全制覇ですね..
by Sam at 22:07
> ゴットハンドさん ..
by supernova1987a at 20:41
美しい~。ノイズの”ノ”..
by ゴットハンド at 20:20
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 18:28
お見事! サッポロポテ..
by kem2017 at 16:48
> Te Kureさん ..
by supernova1987a at 13:53
ツィートを拝見して慌てて..
by Te Kure at 09:19
以前の記事
お気に入りブログ

『にせBORG』の作り方

※ご注意※ 久々にヘビのように長い記事です。
(いつか誰かが必要とした時のために書き記した禁断の魔道書)


★『誰得だよ?』とはいうものの
いや、決して、な・・・『仲間』を増やしたい訳じゃないんだからねっ
とりあえずファーストライトに成功した『三連装にせBORG:ナローハンター』ですが、実はこのために新規購入した部品はほとんど無いんですね。大半のパーツは既存の機材をバラして調達した物。
・・・ということは、毎回出撃前に、膨大なBORGパーツが詰まった自称『宝箱』からパーツをゴソゴソ引っ張り出して組み立てるわけですなぁ。

今後、いざと言うときに組み立て方や調整のキモを忘れると被害甚大(通常の3倍!)なので、ここらで組み立て方を(自分のために)まとめておこうかと



★まずは必要パーツ一覧
えっ?
「自分用のメモのくせに、パーツ一覧から?」
ですと?
いやー、ほら、ひょっとしたら『悪い病気』が感染して「うむ。私も作ってみるか。」ってなる方がいるかも知れないじゃないですかー。

と言うわけで、数え切れないほどの試行錯誤の末にたどりついた『最終解』をご紹介しましょう。

ちなみに『別解』は、にゃあさん↓あたりがお詳しそうですよ(笑)。

※何度拝見してもにゃあさんの○○ゴスティーニ風『広告』、面白すぎ♪


・・・さて、行きますよぉ♪


ででん!!

<あぷらなーと流『にせBORG』制作パーツリスト>
f0346040_18465770.jpg
★左列前から
 ①ケンコーACクローズアップレンズNo4
  ※ACタイプ以外は不可。ACタイプでもNo3は不可。
 ②BORG(7508)2インチホルダーS
  ※(7500)M6キャップネジ×2でねじ穴を塞いでおくこと
  ※延長筒単独での転用は不可(レンズが付かない)
  (7458)+(7457)の追加が必要
 ③BORG純正フード(ディスコン)
  ※普通の延長筒や52mm径カメラレンズ用フードで代用可
★左から2番目の列前から
 ④BORG(7603)M57/M60延長筒S
 ⑤BORG(7761)M57ヘリコイドDXⅡ
 ⑥BORG(7509)2インチホルダーL
  ※(7500)M6キャップネジ×2でねじ穴を塞いでおくこと
  ※(7604)M57/M60延長筒Lで転用可
★左から3番目の列前から
 ⑦BORG(7504)2インチホルダーSⅡ
  ※他にも色々と代用品は考えられる
 ⑧M57互換の接写リング
  例えば、SODIAL マクロ撮影エクステンションチューブ(ニコン用)
  ※下記リンク参照(ニコン用以外はM57ではないので不可)
  純正の延長チューブでも可だが、できれば細かく長さが変えられる方が吉
 ⑨BORG(7108)マルチフラットナー1.08×DG
  ※ほとんどの対物レンズに適応しちゃう魔法のパーツ(お高いけど)
★左から4番目の列前から
 ⑩BORG(7352)M57回転装置DX
  ※無くても良いが多連装なら写野合わせに便利
 ⑪⑫BORG(7065)マルチバンド60
  薄めの鏡筒バンドなら何でも可
★右端
 ⑬INOPONアルカスイスクイックプレート
 ※同様のものなら何でも可

というわけで、合計13個のパーツで作ります。
ええと・・・総額は・・・計算しちゃダメ、絶対!(笑)


★対物部の組み立て
まずは、①と②を接続します。
f0346040_19403620.jpg
次に③を接続します。
f0346040_19415488.jpg
※純正フードはすでに販売中止されています。
単なるM57延長チューブでも代用となります。
また、ミニBORG50や45をお持ちの方は、そのフードが合致します。

これで対物部が完成しました♪



★鏡筒部の組み立て
④⑥⑤の順に接続します。
f0346040_19452136.jpg
f0346040_19463405.jpg
⑨フラットナーの調整可能範囲いっぱいまで引き出します
f0346040_19492447.jpg
ここでは300mm対物レンズ用の位置になっていますが、あとでバックフォーカスの調整で250mmに適応させます。
ヘリコイドに⑨フラットナーを接続します。
f0346040_19510528.jpg
これで鏡筒部が完成しました♪



★接眼部の組み立て
⑩⑧⑦の順に接続します。
f0346040_19541159.jpg
f0346040_19545643.jpg
これで接眼部が完成しました♪


★鏡筒バンドの取り付け
鏡筒部に⑪⑫を接続します。
実は、鏡筒バンドは
 1:鏡筒を保持する
 2:ヘリコイドのガタを防止する
 3:ヘリコイドのストッパーとして機能する
以上3つの重要な役割を持たせています。
特に多連装式望遠鏡の場合、露光中に撓みが出ると手に負えませんので。
※似たような役目を持つパーツがK-ASTECさんあたりから販売されていますね。

まず、ヘリコイドをいっぱいに伸ばして、それと干渉しないように⑪鏡筒バンドを仮止めします
f0346040_20011628.jpg
次に反対側に⑫鏡筒バンドを装着します。
f0346040_20045717.jpg

★鏡筒部・接眼部・プレートの接続

まずは鏡筒部と接眼部を合体します
f0346040_20345833.jpg

⑪鏡筒バンドにプレートを取り付けます。
f0346040_20081546.jpg
⑫鏡筒バンドにプレートを接続します
この際、2インチフォルダーの口より後ろにプレートがはみ出さないように気をつけないとカメラと干渉します。
また鏡筒バンドのねじ穴破損を防ぐため、鏡筒バンドは軽く締めた状態でプレートを取り付ける必要があります。
f0346040_20362274.jpg
さらに、鏡筒バンドの上面ねじ穴とM57回転装置の固定ネジの位置を一致させておくと、カメラの回転角合わせ楽になります。
f0346040_20403991.jpg


★対物部の合体
対物部・鏡筒部・接眼部を合体します
f0346040_20412908.jpg
これで『にせBORG』本体が完成しました♪
f0346040_20424475.jpg
なかなか精悍でカッコいい・・・と思うのはあぷらなーとだけ?


★冷却CMOSカメラの接続
あぷらなーとの場合、ナローバンドフィルタは、あらかじめ冷却CMOSカメラのスリーブ内に固定してあります。
ホコリの侵入防止とオペレーションミスの防止のためです。
f0346040_20451438.jpg
では接眼部にカメラを装填します。
この際、カメラ全面とスリーブの間にスキマができないように注意します。
f0346040_20462041.jpg
次に、回転装置を用いてカメラの『水平だし』を行います。
ASI1600シリーズはカメラ本体に乾燥剤ユニット装着用のキャップがあるので、それを目印にして鏡筒バンドのねじ穴→回転装置ネジ→キャップが一直線になるように調整しています。
f0346040_20474454.jpg
これで『にせBORG』完成です!
f0346040_20500454.jpg
f0346040_20503438.jpg
冷却CMOSカメラを取り付けるとカッコよさが増しますね♪
慣れれば3分で組み立て可能です。
あとは、片手でつかんでアルカスイス台座へ装着するだけ!
f0346040_20521448.jpg
ちなみに、ピントを合わせるときは、必ず⑪鏡筒バンド(前側)のロックを緩める必要があります。
このロックがヘリコイドのクランプを兼ねているからです。逆に、ヘリコイド自体のクランプネジは締める必要はありません。

おしまい♪

よし、これで遠征先で『作り方』忘れてもこのページを見れば大丈夫だなぁ(笑)



★さて・・・と
これにて『三連装・にせBORG:ナローハンター』の開発プロジェクトもめでたく終了
お次は、どのプロジェクトに手をだすかな??

ちなみに以前公言した「2018年にやりたいことリスト」は・・・
①「クローズアップレンズ転用の望遠鏡」を『4連装』にしてナローバンド撮影。
②『フルアーマーBORG』のテスト撮影。
③『3板式CMOSカメラ』を構築して遊んでみる。
④簡易分光望遠鏡を作り「自宅周辺の光害」のスペクトルを測定してみる。
⑤トリウムレンズを放射線源にして「突発的ホットピクセル」の正体に迫ってみる。
⑥グローバルシャッターを用いて、夜空全体がフリッカー現象を起こしているか調べてみる。
⑦『光害チョッパー装置』の設計に入る?
⑧シンクロトロン輻射を起こしている星雲の偏光状態を調べてみる。
⑨簡易的なハルトマンテストで手持ちの機材の収差曲線を描いてみる。
⑩オフアキシスガイダーならぬ『オンアキシスガイダー』のテスト運用開始。
⑪8ヶ月計画で『アマチュアの壁を越えてみるごっこ』プロジェクト始動。

うーん。我ながら『魔道書の目次』みたいに邪悪なリストだなぁ。
でも、若干の内容変更はあったものの、半分以上はやっつけたぞ・・・。



え?
「あれ以後、光害チョッパーが進展していないが?」
「完成した三板式の実写結果はどうしたのだ?」
「メカニカルPECとかいう物も開発中と聞いたが・・・」
「秘策くるりんぱ撮法って取り組んでなかったか?」
「スペクトロヘリオグラフの構築はどこ行った?」
「すばる並みの流星弁別能力の件は?」
ですと?

うえーん・・・難航してますぅ(笑)


by supernova1987a | 2018-09-06 07:51 | 機材考案 | Comments(12)
Commented by にゃあ at 2018-09-06 08:22 x
なんですかーこーれーはー(笑)三蔵法師が天竺に求めた経典でしょうか。かの正法眼蔵でしょうか。やっぱり魔道の書でしょうか。見てはいけないエントリーナンバーワンですよ。みなさん、これは見てはいけませんー。あぁまた魔道に墜ちてしまうー(叫)
Commented by HUQ at 2018-09-06 09:11 x
円環の理。
Commented by supernova1987a at 2018-09-06 09:12
> にゃあさん

ああ、もう見ちゃいましたか『魔道の書』。
ええと、沼に墜ちない唯一の方法は・・・そ、総額を計算してみることです!

・・・『贅沢三昧』版ではなく『コスパ重視』の経典を書いてみるつもりではあるのですが、キモとなるパーツがもう販売されてないんですよねぇ。
Commented by supernova1987a at 2018-09-06 09:15
> HUQさん

おお、まどマギネタが行ける方がいらっしゃいましたかー(笑)。
まさに円環の理・・・・いや、BORG信者が必ず陥るという『リング地獄』??
Commented by HUQ at 2018-09-06 09:51 x
そしてどれか噛み込んで外れなくなるんですよこれが。

ところで冷却×3の電源ってどうしてらっしゃいます?
家からコンセントですか?
Commented by supernova1987a at 2018-09-06 10:31
> HUQさん

あるあるですね。・・・で外れなくなってエイヤともう一つリングをポチったつもりが微妙に違うパーツだったりして。

ちなみに、冷却カメラの電源はスゴイバッテリー1つでまかなってます。3台駆動でも数時間は持ちます。でも近日中にコンセントに切り替え予定です。
Commented by HUQ at 2018-09-06 10:34 x
あるあるですね~同じのポチろうとしたら廃盤になってたりも。

おー凄いバッテリー1つで3台駆動できるんですね。
私は1台しかないのに冬は一晩保たず困ってます。
こんなのぽちっちゃいました。
http://amzn.asia/d/5ugJ4no
Commented by supernova1987a at 2018-09-07 01:06
> HUQさん

ホントに。
特に多連装だと、廃盤パーツが生じると大パニック!
遠征時のバッテリーだと、近年は結露防止ヒーター用の電源確保に難儀してます。

PS. せっかく貼っていただいたリンク先、コピペしてもうまく飛びません(泣)。当方の環境のせいかな?
Commented by HUQ at 2018-09-07 05:03 x
こっちならいけるかな?
https://www.amazon.co.jp/dp/B075CFHRJ8/ref=cm_sw_r_cp_ep_dp_hCgKBbRK6387R
なんでも冬期0℃を下回ると勝手にサスペンドに落ちるらしいですw
Commented by supernova1987a at 2018-09-07 08:30
> HUQさん

ありがとうございます。
読めました!

なるほど、150,000mAhということは555Whの容量ってことですよね?
すげえ。スゴイバッテリーの 2倍のパワーかぁ!
むむむ。私が遠征時にPC稼働用に使っているAnkerの434Whのヤツよりも強いとは。

低温下の動作に関しては 、保温ケースとかで改善するとかだと良いのですがねぇ。
Commented by HUQ at 2018-09-07 11:10 x
電力が余るようなら、夜露ヒーターを巻いてやろうかと…w
文字通り自家発電。
Commented by supernova1987a at 2018-09-08 10:32
> HUQさん

たしかに、その容量ならヒーターまで電力回せそう!
コスパも優秀ですねぇ。
名前
URL
削除用パスワード
<< 『ガチBORG』 VS 『にせ... 三連装『にせBORG』出撃③ >>


検索
タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク