機材考案

悪路魔筒(ギルガメッシュ)爆誕!

★邪悪な物を召還!
f0346040_21341819.jpg
いやー。さすがに販売店様(スコーピオさん)も「正気か?!」と思われたかもしれません。
ケンコーの大口径アクロマートSE120、まあ2本お買い上げなら「双眼望遠鏡作るのかな?」で済むのですが、3本ですよ3本!
※1本『遠征生え』させた後に2本追加発注という・・・。

★「夏の星雲祭り」で無双するための魔道兵器
・・・というわけで、前回のエントリーで過去のHP記事をサルベージしていたんですが、その中でさんざん「アクロマートの悪口」とか「F値が小さいことの弊害」とかを書いておいたんですね。・・・でも、これは大いなるミスリードでして・・・・・。


ふはははは。
今こそ出でよ。わが魔道兵器よ!

ででん!!
f0346040_21405175.jpg
常識破りの邪悪な魔道兵器。
「12cmアクロマート+自作レデューサ+ナローバンドフィルタ+モノクロ冷却CMOSカメラ」の 三連装砲ッ!!

f0346040_21430883.jpg
もうね、「口径の暴力」×「数の暴力」×「フィルタの暴力」×「デジタルの暴力」
の四重奏でFSQとかRASAとかの高級機材を力技でねじ伏せようという無謀な企画。

ついに現前化♪

うむ、ガチの巡洋艦クラスの三連装砲、
『悪路魔筒(ギルガメッシュ)』
と命名しよう。


★勝算はあるのか?
あ~あ、無茶しやがって・・・。
と冷笑している皆様方、これ意外にマジなんですよ。
いつぞやの・・・
f0346040_21505843.jpg
クローズアップレンズを対物レンズに転用したアクロマート三連装ネタも、実は今回の『ギルガメッシュ』のミニチュアモデルみたいな物でして、本当は90mmアクロマートを中継ぎとして登場させる予定だったんですが、試しに買ってみた格安屈折が色々とアレだったもので・・・

泣く泣く連装化中止。
代わりに、三連装ガチBORG89『グランデ』を発進させたのですが、

まあ、こちらは「写って当然」の高級路線。
ちと『あぷらなーとの芸風』に合致しません。

かといって、ビームスプリッタで変態性を加えてみても・・・

ものすごく良く写るものの、光量不足の感は否めないわけでして・・・・。

こうなると、できるだけチープな大口径アクロマートの多連装化で光量を稼ぎつつ「Hα+SⅡ+OⅢ」の同時露光で運用時間の飛躍的な短縮しかないなぁ・・・と目論んだ訳です。

光量的には口径:208mm 焦点距離:500mm F:2.4 に相当する訳ですから、うまく運用すれば、無敵のRASA8とかに戦いを挑めるかもしれません。
少なくともフルアーマーBORGの4倍の撮影速度を実現できるのは間違いありませんので。


え?
盛大な色収差はどうするのだ?
ですと?

はははは
そんなもの
「通さなければ、どうということはない」
のですよ。

3本ともナローバンドフィルタ内蔵ですから、色収差の影響はありません。


★「清水の舞台からダイブ」を決意させたもの

とは言え、尋常ならざる暴挙であることは必定。
さすがのあぷらなーとも、「いきなり三本買ってゲキチン」は怖いのですよ。

・・・で、1本だけ買ってみてHαでテスト運用してみた結果・・・
f0346040_22064986.jpeg
む、むちゃくちゃ良く写るじゃないかッ!!

という訳で、ダイブしました。

さて、栄えあるファーストライトは・・・・・
梅雨明けかなぁ・・・ぐすん。


★★★お約束★★★
①3本のSE120に個体差があるかどうかは未調査です
②色収差をカットしたとしても球面収差の影響は残ります。F8くらいなら無視できるのは分かりますが、F5だとハルチング解どおりではまともな像が出せないので、なんらかの変則的設計が予想され、それ故に特性は全くの未知です。興味のある方も早まってはなりません。
③デフォルトの接眼部には寸法上の問題があって、よほどうまく考えないとケラレや口径損失が危惧されます。ただし、元々が眼視専用のような筒なので文句を言っても始まりません。
④思うところあって、もっとも重要なHαを担当させる筒のみ笠井のV-Powerクレイフォードに換装してあります。
⑤自作のレデューサとしてケンコーのPro1D-ACNo3を内蔵しています。同じNo3でも通常のACタイプだとコーティングの相性により、盛大なゴーストが発生します。
⑥周辺像は乱れますが、もともとマイクロフォーサーズのASI1600シリーズを用いますので、APS-Cやフルサイズに比べ、影響は少ないと判断しています。
⑦強度や操作性に問題のある接眼部を改善するためのM56-M57変換アダプタがBORGから発売されていましたが、すでに生産中止になっています。(私は鏡筒より先に、こちらのパーツを入手するのに必死でした。)


Commented by noritos1047 at 2019-06-23 22:59 x
いよいよ本領発揮ですね。ハルチング解ってな〜にってところですが、あぷらなーとさんの事ですから、梅雨明けにはみんなビックリのモコモコ写真を見せてくれるに違いありません。
邪道といっても物理の法則から逃れられませんから、その辺りをしっかり学んで、実践されてきた方にしか出来ない事だと思います。
梅雨明けが楽しみです。
Commented by supernova1987a at 2019-06-23 23:19
> noritos1047さん
いよいよ、実戦準備までこぎ着けました。
経験上、ゴースト的にはOⅢ関連が鬼門、フラット的にはSⅡ界隈が鬼門なんですが、そこはそれ、気合いと工夫で乗り切りたいものです。

拙ブログは、あほネタと専門ネタが無作為に混じって出てくるので少々危険です。
ちなみに、ハルチング解は、素人でもガラスなどのスペックを代入するだけでアクロマートが設計できてしまうという神公式↓なんですが・・・
https://apranat.exblog.jp/28567701/
さすがにSE120のスペックは常識外れすぎて、この公式が使えないんです。
よって、現物を見てみないと性能推測すら不可能・・・というお話でした。

Commented by りっくん at 2019-06-24 04:54 x
愚問かもしれませんが、ファインダーの3連装砲は必要なんでしょうか?
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 05:26
> りっくんさん

>ファインダーの3連装
ああ、痛いところを突いてきますねぇ。結論から行くと3本のファインダーは『必須アイテム』です。

もともと重量オーバーすれすれなので、フルアーマーBORGの時のようにガチガチ補強ができていません・・・というか何も補強してません。ですから、ガイドマウント部分や鏡筒バンド部分や接眼部それぞれで撓みが発生します。鏡筒全体が向いている方向が変わると各筒の撓み方向が生もののように変化しますので、撮影対象を変える毎に各筒の中心合わせをしないとダメなんです。その際にファインダーがあると作業が捗ります。

ちなみに、オフアキではなくガイドスコープを用いたガイド撮影だと、高精度のオートガイダーを用いていても微妙に像がズレていくことに悩む方は多いと思いますが、その現象と同じことが3本の鏡筒間で生じているようなものですね。
Commented by オヤジ at 2019-06-24 06:33 x
難しいことは、パスですが、一番最初の画像は、地上から見ると、悪魔の3つ目が見えそうですね。
何故か、あぷらなーとさんのお目目に似ているとか。(笑)
重装備の三連装も、ここまでくると、もう誰にも止められそうにありませんね。(汗)
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 07:25
> オヤジさん

とりあえず大きな夢の実現に近づきました。
とにかく低コストであることが今回の目玉でして、3本合わせて11万円程度ですから通常の10cm級EDアポ1本分、またはビームスプリッタ装置1個分ですね。

これでバリバリ写れば痛快なんですが・・・・さて??
Commented by えあ at 2019-06-24 08:02 x
とうとう組み上がりましたね。実写楽しみにしてます。
それにしても魔法陣はで自作とは、すばらし!
Commented by HIROPON at 2019-06-24 11:48 x
ついに「色相開裂する三連の魔鏡(トライ・アクロマート)」と「光輝通す聖別の硝子(ナローバンドフィルター)」、「霜冷氷結の真紅筒(冷却CMOSカメラ)」を組み合わせたシステムの爆誕ですね(@Fate風味w)。夏は良さげな被写体がてんこ盛りなので、成果が楽しみです。

ところでこれ、カメラを制御するPCってどうしてるんでしたっけ?カメラに合わせて3台?
Commented by にゃあ at 2019-06-24 13:23 x
アイキャッチに爆笑しました!遠征生えした1本に加えて、さらに2本ですか...きっとそれは、残像ですね(笑)しかし、かなり本気なプロジェクトですね。アクロマートが欲しくなってきたじゃないですか。あ、なんちゃって望遠鏡があったような...
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 14:11
> えあさん
ありがとうございます!
Twitterでは呟きましたが、魔法陣に刻まれた呪文めいたゴシック文字は「あぷらなーとの変態望遠鏡」です。決して怪しい呪いではありませんが、コレを見た方は寝てる間にニョキニョキ鏡筒が生えてくるらしいのでお気を付けください♪
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 14:20
> HIROPONさん
うひー。さすがHIROPONさん、センスありすぎ。
お腹がよじれますよー。
あ「平坦なるや増輝の玉(クローズアップレンズレデューサ)」も内蔵してますね。
中2病満載のSF小説書いてた中学時代を思い出してテンションが上がります(笑)

さてカメラ制御ですが、今のところ屋内のメインデスクトップと有線LANでリモートデスクトップ接続したcore-i5ノート2台(うち1台がカメラ2機担当)でテスト運用しています。フルアーマーBORGと異なり『たった』3台のカメラ制御なので楽勝です。
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 14:30
> にゃあさん

皆さんにも悪路魔筒(アクロマート)病が伝染するように、変態霊力を込めた魔法陣です。
うっかり1本生やしてしまうと、後からもれなく2本生えてくるという超常現象を発現させます。ただし周囲の人間は残像だと思っているので気づきません。

なんちゃって望遠鏡もあと2本生えてくるかもしれませんよ?
Commented by タカsi at 2019-06-24 17:21 x
こんにちは。
四重奏システム、もうビックリです(笑)
大口径3本だと、システム重量も結構いきますよね!?
この夏にはツインをどうにか組んでみたい、なんて考えていましたが、トリプルとか、もう異次元です^^;
位置合わせだけでも大変そうに思うのですが、フルアーマーに比べれば、朝飯前なんでしょうか^^
Commented by supernova1987a at 2019-06-24 18:40
> タカsiさん
こんにちは。
とうとう重量級の新兵器を組み上げてしまいました。
位置合わせについてですが、フルアーマーは構成部品が多いだけに初期設定が大変なんですが最初頑張っておけば、あとは無調整でもなんとかなるんです。一方、SE120は補強改造していないことと、そもそもの重量が大きいため、撮影対象を変える毎に位置合わせのやり直しが必須なようです。でも、下手にお金を掛けてしまうとコンセプトが変わっちゃいますし・・・。とにかくあとは実写あるのみです。
Commented by せろお at 2019-06-24 21:52 x
ノイエジールが、ネオジオングⅡになってもうた・・・
自分は小型化への道を進むことにしました。
赤くない赤猫がそのうち届きます(笑)
届いてもいつ使うのやら・・・
そして50-101mmのAPO鏡筒を何本も持っていてどうするんだ?
反射鏡筒も入れると10本越えてます・・・
Commented by supernova1987a at 2019-06-25 00:06
> せろおさん
私も一時MILTOL部隊を編成して小型化の道を進んでいたハズなんですが、いつのまにか大艦巨砲主義に足を踏み入れちゃいました。でもノイエジールより総額は安いんですよねぇ・・・・まあ、怪我してた右腕が治ってくるにしたがって持てる筒が大きくなってきただけなのかもしれませんが・・・。
「赤くない赤猫」良いですねぇ!
完成度高そうなのでいきなり実戦投入できそうですし。

さて、望遠鏡は次々生えてきますから仕方ありませんね。私も焦点距離600mmの屈折だけで8本になっちゃいましたし・・・。
色々な筒を総動員して一気に夏の星雲どもを殲滅する作戦とか、いかがでしょう??
Commented by kem2017 at 2019-06-25 00:26
マビノギの使徒ギルガシを思い出しました (^o^)

ってのは、置いといて、たった3台のカメラなので、是非、ディザリングで同期取って欲しいなぁ~。ワクワク。
Commented by supernova1987a at 2019-06-25 01:00
> kem2017さん
なんか、このラスボスチックな邪悪さが良いでしょー。
ただ天気が悪いので、実戦投入はまだ先になりそうです。

ディザリング・・・・。いや実はすでに重量制限ギリギリで、もはやM-Genすら載せる余裕が無いんです。かと言ってオフアキとか搭載すると接眼部が撓むので(1本式なら撓みごとガイドできて良いんですが、多連装式だと周囲の鏡筒に悪影響が・・・)。
とりあえず、短時間露光の多数枚コンポジットで乗り切る予定です。そもそもフルアーマーBORG89の4倍の集光力がありますので、30秒露光もすれば十分でしょうしバックグラウンドも明るくなるのでダーク減算時のマイナス値も回避できそう。・・・となると、恐らく縮緬ノイズは完璧に退治できるので、オートガイドもディザも不要かと・・・♪
さて、目論見通り上手く写るでしょうか??
Commented by kem2017 at 2019-06-25 09:35
フフフ...語るに落ちたな。
うぬの邪悪な多連装の弱点はガイド出来ない事ッ! 必殺ッガイド落としッ!
(白土三平調)

ワハハハハ、術を編みだした時は、破られることを見越しておくものよッ!
見よッ 必殺ガイド落とし返しッ!!

ウヌヌ、やるな。しかし、これはどうかな?
必殺ッ ガイド落とし返し騙しッ!!!

{以下、繰り返し}
Commented by 是空 at 2019-06-25 16:11 x
>勝算はあるか?
って、もう勝ったも同然でしょう。^^
気になるのは赤道儀かな?
上物の総重量が20㎏近くありそう。
Commented by supernova1987a at 2019-06-26 00:32
> kem2017さん
うひー!
コレは世に言う千日手ッ。早く攻撃しないと共倒れに。

でも大丈夫。
「現状でギルガメッシュの性能は100%出せます」
「オートガイダーが付いていないようだが?」
「あんなもの飾りです。えらい人にはそれが分からんのですよ。」

まぁ、気合いで勝負ですなぁ。



Commented by supernova1987a at 2019-06-26 00:40
> 是空さん

一応最低限の装備にしたので、およそ15kg強といったところでしょうか。比較的軽量なのはチープ鏡筒の強みかもしれません。

ドローチューブのクランプネジの渋さとか、ラックピニオンハンドルの感触さとか、3本揃えたからこそ分かる個体差もありますが、対物レンズ的にはハズレは引かなかったみたいです。青緑色の光線に対する収差特性が少々アレなんですが、なんとか実戦投入できそうです。
Commented by REW at 2019-06-26 12:05 x
 この前のコメントの返信に書かれていた「大口径アクロマートによる星雲撮影」ってこれだったんですね。スゴイですね。
 惑星撮影で同じようにやっている人がいました。
https://tenkyo.net/kaiho/pdf/2017_11/03toukou-3takeuchi.pdf

 発表を聞いたのですが、こちらの撮影システム名は「キングギドラ」だそうで。
Commented by supernova1987a at 2019-06-27 01:02
> REWさん
うわー。
惑星撮影でトリプルとは思いもよりませんでした。
「キングギドラ」とはセンスあるネーミングですねぇ。レポートもよく分かる内容で勉強になりました。

一応、ネタ的に怪しい機材全てに愛称を付けていっているのですが、元ネタに統一感がありません(汗)。
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2019-06-23 22:21 | 機材考案 | Comments(24)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと