機材

デジカメ軍団も出撃準備・・・の準備

★梅雨時の悩みと言えば・・・
蒸し暑くてジメジメした天候が続いています。この季節は、カビとか新しい筒(笑)とかが勝手に生えてくるのが心配ですね。
現在は本業の繁忙期なので天体写真撮影への復帰はお盆休みまでお預けなのですが、それまでに機材にカビが生えると被害甚大なので少し整理整頓をしました。
一般的に、日々使う機材にはカビは生えにくいのですが、長期間寝かした機材は危険です。自動制御の電子防湿庫は良いとして、簡易型の防湿ケースだと気づかぬうちに乾燥剤が死んでいて(通気性が無いことが仇となり)カビの温床になる危険性がありますからねぇ。また、レンズほどデリケートではないにしろ、グリップのゴムなどが湿気で加水分解してベトベト状態になりそうなデジカメも少し心配です。



★カメラ用のレンズを最優先に
望遠鏡の対物レンズと異なり、多数のレンズから構成されるカメラ用レンズは、アクセス不能な部分にカビが生えちゃうことも多くて、こうなると素人の手には負えません。そこで、安心感が高い電子防湿庫にはカメラ用レンズを最優先して格納することにしました。
スペースを確保するために、電子防湿庫の中に鎮座していた(主として天体用の)デジタル一眼レフを防湿庫から、簡易防湿ケースへお引っ越しさせることに。


★防湿ケースの良し悪し?
簡易防湿ケースにも色々ありますが、あぷらなーとがこれまで一番愛用していたのは、ナカバヤシの「キャパティ ドライボックス 27L 」でした。

地元のカメラ店にもたいてい在庫があり、いつでも買えますし、湿度計が付いてきている点が魅力なのですが、自分の使い方とは相性がイマイチだと感じ始めました。
・・・・というのも、乾燥剤が劣化するのが思いの外早い気がするんです。
ところが、あるとき(お目当ての27L版が売り切れで)代用品として買ったナカバヤシの 「キャパティ ドライボックス 20L 」なかなか乾燥剤が劣化しません。しかも、たいていの場合、こちらの方が安いことが多いという・・・(笑)。それ以降、こちらのケースが主力になっています。

実際、上フタをロックする箇所が直交する4方向になっているため、気密性が安定するように感じます。実は先述の27L の方は、個体差により(ロックした後に)上フタを手でギュッギュッと押すとフガフガと空気が漏れることも多いんですが、20Lの方はそういう個体に出会ったことがありません。(オススメです♪

ただ、これ、デジカメ本体を格納するには少々背が高すぎるんですよねぇ。当然、ケースの上部に空き空間が生じることも多いんですが、ケース内に隙間が多くできるということは水蒸気量が多い空気がより多く侵入しうるということで、(相手する空気量が増えるわけですから)乾燥剤の寿命的にあまりよろしく無さそうな気がします。



★今回のチョイスは
というわけで色々と悩んだ結果、電子防湿庫から引っ越しさせるデジカメ軍団を格納するために今回新調した簡易防湿ケースは、

ナカバヤシの 「キャパティ ドライボックス 防湿庫 カメラ保管 11L グレー DB-11L-N」です♪

実際にポチった物を確認してみると、サイズ的にはニコンD7000などの中級一眼レフを格納するのにピッタリの高さ
上フタのロック方法は、不安がのこる27L版と同様なのですが、少なくとも今回ポチった3個体については空気漏れ無し。また3段スタックすることで、下段のケースはより気密性が高まることが期待できますし、そもそも背が低いことでケース内上部に無駄な空間が生じにくいので乾燥剤が長持ちしそうな気配です。

・・・というわけで、さっそく引っ越し作業開始ッ!

ででん!!
f0346040_02303313.jpg
見よ、防湿ケースDB-11L-Nの見事なまでの『ギッシリ感』ッ!!

え?
「D7000×4 D90×1 D5000×4 って、えらく古いデジカメばかりで大丈夫か??」
「ていうか、そもそもニコン機ばかりって・・・正気か?」
ですと?

ふはははは。
あぷらなーとは敬虔なニコン信者
天文ユーザーの多いキヤノン、高感度特性に優れたソニー、改造無しでHαが写るフジやペンタ・・・・などには浮気はせぬのだぁ。

すみません。ホントはうらやましいんですが、軍資金が・・・ね。
それに手持ちの交換レンズ群は全部ニコンマウントなもので、いまさら『改宗』できないんすよ・・・ぐすん。

それに、昔は(天文用途として)キヤノンにボロ負けだったニコンのデジ一眼なんですが、10年前くらいから結構いい線行ってる(と勝手に思ってる)んですよ。
ええ、D90やD5000の世代からは、それ以前とは『別物』という・・・ね。

個人的には、D7000とD90とD5000は十分に天文用途に転用可と思っているので、中古品ばかりを漁ること10年で、これだけ揃えました。
ちなみに、この9台の内4台は天体改造仕様です。最近だと、天体改造済みのD7000やD5000が3万円程度で市場に転がっていますし、とってもリーズナブルなんです。
意外と良く写りますしね♪
f0346040_02575590.jpg
 ※VMC260L+改造D5000によるM42の実写例


さて、これで冷却CMOSカメラは5台、デジタル一眼は(D810Aと合わせて)10台が臨戦態勢に。
今年こそ、昨年未遂に終わった『全艦、マルチ隊形ッ!!』的なアレ、決行してやろう♪


★★★お約束★★★
①ドライボックスの気密性に関しては、個体差はもちろん、内部への物品の詰め込み方や上蓋ロックの掛け方、ゴムパッキンのコンディションなどにより変動します。
②D90以降のニコンが『良く写る』というのは、あくまであぷらなーとの主観です。ニコン以外のデジタル一眼には触れたことが無いため、あくまでD200・D300・D700・D3・D2X・D80・D40・D70Sなどと比べた場合のお話です。
③一般的に新機種ほど性能が高いと思われていますが、この件に関しては(個人的に)懐疑的です。本来、天体写真特性はメーカーさんの想定外でしょうし、ある世代の機種が「偶然に」天体特性が高いだけかもしれないからです。たとえば、D5000よりも新しいD3100はダークノイズがあまりにも盛大に出て難儀しますし、D610はアンプグローが盛大に出て難儀します。
④あぷらなーとは、まず1台買ってみて好みの特性ならば、何年掛けてでもその機種だけを買い増しする主義の人間です。
(多連装化に向けた望遠鏡の買い方も同じですね・・・)
⑤メイン処理ソフトのステライメージ6.5でRAW読み込みを行える世代の機種でないと困るという事情もあります。
⑥計画している『とある目的』のために、「R・G1・G2・Bの各チャンネルに属するピクセルだけを分離する」ことが可能か否かも(個人的には)重要です。
⑦ここでいう『天体写真適性』とは、「ホットピクセルが少ない」「アンプグローが少ない」「縞ノイズが少ない」「偽色が出にくい」などを指します。
⑧いかにセンサー性能が向上しても、ショットノイズは回避できない(来ていない光子は捉えようがない)と解釈していますので、量子効率が1に肉薄してリードアウトノイズが0に近づいた後は、「よりF値が小さなレンズ」で「より画素数が少ないカメラ」を「より多連装化」するのが正しいと勝手に思っています。





Commented by オヤジ at 2019-07-28 07:19 x
カメラ詰め込み過ぎと思いましたが、翌々考えると、カビから空気を絶つ!は、防カビ効果抜群ですね。
まだ、隙間がありますので、にゃあさんご愛用のNANO1を大量投入すれば完璧ですね。(笑)
Commented by kem2017 at 2019-07-28 09:13
誰がどう見ても異常なカメラ群...
ニコン一族ですが、D7000を1台しか持ってません。しかも、ここ数年出番無しっつ~
Commented by にゃあ at 2019-07-28 11:32 x
出荷待ちのカメラかと思いましたが防湿ケースのカメラでしたか……。Cマウントは特に筒が生えやすいので注意ですね。あぁ、Eマウントが生えてきた……。
Commented by 是空 at 2019-07-28 14:44 x
9台ならんだ写真に圧倒された。^^

レフレックスからレスに乗り換えるタイミングなら、マウント縛りは関係ないような気がする。
といって、C社やS社(←2社分)、P社(←こちらも2社分)に浮気を促してるわけではありません。
是非、次の軍拡にzシリーズを!!
Commented by せろお at 2019-07-28 23:03 x
軍資金が・・・ってこれだけ持っていれば、そりゃねぇ・・・
ドライボックスは20Lを2個持っていますが、活用できていません。
整理整頓できない人間なので、機材はバラバラに段ボール箱収納。
何がどこに有るのやら・・・
幸い高地なのでカビさせたことはありません。

昨日、アニメ版のガンダムサンダーボルトを見たせいか、
防湿ケース内のカメラが戦艦に並んだモビルスーツにしか見えません!
私も長年、敬虔なNIKON信者でしたが、
天体用カメラだけはCANONとSONYに浮気しました。
でもレンズはNIKKORしか持っていません!ジーク、NIKON!
Commented by noritos1047 at 2019-07-28 23:05 x
万年初心者にも分かるこういった内容の記事は助かります。私もFマウント一筋の筈だったのですが、長梅雨に油断をしてました所、Zナントカというのも生えてきたようです。
天文機器に繋ぐのにはFマウントは依然便利だし、FとZは当然相性は良いし、まあ良いかという所です。

Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:16
> オヤジさん
ドライボックスの隙間が少ないと乾燥剤が効きやすいというのは、今回はじめて気付きました。
なかなか快適に湿気が取れています。
NANO1の大量投入はご勘弁を・・・破産します(笑)
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:22
> kem2017さん
ええ、ドライボックスにギッシリつまって、まるで幕の内弁当のごとき様相です。
D7000は本当に優秀な機体だと思っています。後継機は色々と出てますが画素数が多すぎるのは嫌いだし、そもそも手持ちのソフトに対応していないことが多いので、総合的に考えてこの世代のニコンが好きです。
まあ、中古価格が爆安だというのも重要なんです。なにしろD810A・1機の軍資金があればD7000やD5000の天体改造中古機が10~15機買えちゃいますしねぇ。
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:25
> にゃあさん
出荷前のカメラ・・・たしかにそう見えますね。
Cマウントの筒はほとんど生えてきていませんが、Fマウントの筒は(中1の頃から生え始めたので)大量に生えてるので、もはやマウント変更ができない状況に陥っています。
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:29
> 是空さん
マウントもそうなんですが、一度使い慣れたカメラがあると、特性の異なるセンサーを入手してしまうと画像処理で四苦八苦するんですよー。
お恥ずかしながら、センサーの特性を調べて画像処理の方法を決めるまで何年も掛かっちゃう人間なので、顔なじみのセンサーを積んだ機種ばかりを買い増しすることにしています。
Zシリーズ・・・・このペースだと、あと10年後くらいに買い漁るかも(笑)。
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:34
> せろおさん
ドライボックス、大量にあります。
昔から井戸やら泉水やらが隣接する旧家だったので湿気がスゴいんですよー。
母屋を解体したときに水源の大部分は埋めたのですが、それでも油断するとすぐにカビが生えたりカメラ表面のゴムがドロドロに溶けちゃったりします。

たしかに、サンダーボルト中に出てくる出撃前のモビルスーツ部隊に見えますねぇ。
安物中古デジタル一眼でも数の暴力で面白い事ができそうです。
ジーク・ニコンッ!!
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 00:36
> noritos1047さん
おお、ついにZマウントが生えてきちゃいましたかー。
この調子だと不滅のFマウントもZマウントに世代交代しちゃうんでしょうかねぇ。
中1の頃からFマウント一筋の私としては、色々と不安が募ります(笑)
Commented by 是空 at 2019-07-29 11:46 x
あぷらなーとさんらしい返信内容に、思わず微笑んでしまった。^^
Commented by supernova1987a at 2019-07-29 22:29
> 是空さん
微笑まれてしまったwww
ちなみに今欲しいのは、同じニコンのミラーレスでも悲運の名機『Nikon1』の方です。
ええと・・・一応4機ほど保有はしてるんですが(笑)
Commented by morito at 2019-07-30 18:44 x
ご無沙汰しております。

防湿ケース 私のは「発泡スチロール 箱」+ シリカゲル です。  
特に不都合もなくコスパいいです。
で、ニコン旧機種 私のD5100も明るい対象なら十分現役。。。
まっ、難しい事はわからないのと、細かい事は気にならない大雑把な性格の為かもですが....

Commented by supernova1987a at 2019-08-01 00:04
> moritoさん
発泡スチロールというのも良さそうですね。
また、シリカゲルは再生できるのでコスパ良いんでしょうね!
D5100はD5000よりも良いセンサー積んでますので、ちょっと羨ましいです。旧機種でも工夫次第でまだまだ現役可能ですよね!
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2019-07-28 06:49 | 機材 | Comments(16)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと