画像処理法解説

CP+2021オンラインセミナーの補足⑤

★そろそろ画像処理の補足記事も終盤です
skywatcherの15cmF5アクロマート+サイトロンQBP+冷却CMOSで市街地から撮影した網状星雲の画像処理についての補足記事、いよいよ大詰めです。

<1コマ画像の処理>


<コンポジット処理>


<ダーク補正処理>


<フラット補正処理>


★前回のラストでは・・・・
ここまで気にする方は、すでに初心者では無いようなきがしますが、とりあえず
<恒星に生じた色ズレ>
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_07094053.jpg
<なぜか消せないダークノイズ>
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_07105245.jpg
この2つの問題点を退治しようというのが今回のテーマです。



★色ズレの原因と対抗策
まず、色ズレの原因ですが、2つの要素があります
①倍率色収差により、赤い像とシアン像の倍率が異なる
②大気の分散や鏡筒の撓みなどにより、赤い像とシアン像の位置が平行にズレる
これらが組み合わさると、一見補正しにくそうな色ズレになります。

<理想像>
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_16165771.jpg

<倍率色収差加味>
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_16172496.jpg

<さらに並進ズレ>
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_16174136.jpg

しかし、これを逆に考えれば
★赤い像とシアン像の倍率を測定して、同じ大きさになるよう補正する
★赤い像とシアン像の位置を測定して、並進ズレを補正する
の2つのプロセスで解消できる可能性があります。




★色ズレの補正処理
注:この処理は、ダーク・フラット補正済みのライトフレームについて、デモザイクとコンポジットが完了した直後に行います。決して、オートストレッチやデジタル現像などやトーンカーブ補正を先に行ってはいけません。(画像のリニアリティが崩れることで、恒星の周囲に黒い三日月状の像が発生します)


①画像処理についてE-1
<チャンネルごとの倍率測定と補正>
コンポジットした直後のライトフレームを開きます。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00053917.jpg
「合成」→「RGB3色分解」を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00071208.jpg
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00081570.jpg
元画像は閉じ、生成されたR/G/B3チャンネルの画像について、「ウィンドウ」→「並べる」を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00115432.jpg
それぞれの画像からできるだけ写野中央に近い基準星を選択しやすくするため、「ウィンドウ」→「画像中央へスクロール」を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00150435.jpg
画面中央に近い星を第一基準星として選択します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00163328.jpg
できるだけ画像の周辺近くにある星を第二基準星にする為、各画像を端までスクロールし、シフトキーを押しながら選択します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00181910.jpg
任意の画像について、右クリックメニューから「基準点設定」を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00210071.jpg
基準星2つの座標が表示されるので、Excelなどに転記します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00221269.jpg
Excelなどを用いて3画像それぞれの基準点間距離を求め、R画像の大きさを正すための補正係数を求めます。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00244566.jpg
R画像について「画像」→「画像解像度」を実行し、求めた補正係数(拡大率)を入力して倍率を補正します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00265157.jpg
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00271115.jpg
再度、画面中央付近の恒星を第一基準星として選択します。第二基準星は指定してはいけません。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00293129.jpg
「合成」→「RGB合成」を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00303314.jpg
各チャンネルに当てる画像名を正しく指定して、合成を実行します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00310592.jpg
完成です。名前を付けて64bitのFITSで保存します。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00341613.jpg
②画像処理についてE-2
<ライトフレームの各種処理>
色ズレ補正済みライトフレームに対して
デジタル現像・オートストレッチ・マトリクス色彩強調・Lab色彩調整・周辺減光補正などを施します。

では、前回の結果と比較してみましょう。
見事に色ズレが解消されました!
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00391587.jpg
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_09350887.jpg
 ※それぞれ、右が色ズレ補正処理後です。

★消えないダークノイズの正体
すみません。ここからは前人未踏のディープな領域に突入します。(要するに独自研究です)
カメラも十分に冷却しダークフレームも十分な枚数(今回は120コマ)コンポジットしたにも関わらず、ダーク減算処理で退治できないホットピクセルがあります。この正体を探るために、該当座標のホットピクセルとそれ以外のホットピクセルにどのような差があるかを自作の解析プログラムで時系列ノイズ解析してみました。その結果、下記のように明るさが平均値付近に分布せずに2値間で振動するという異常なピクセル『酩酊ピクセル』を発見しました。これはASI294MCとASI294MMに多く見られます。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_00531798.jpg
平均値付近がスカスカなのですから、せっかくコンポジットすることで正確な平均値を持たせたダークファイルを減算しても全く当たらない(消せない)わけです。
このノイズを退治するために、存在する全ての『酩酊ピクセル』の座標を特定し、該当する座標のデータをあらかじめ排除する演算『ソフトウェアピクセルマッピング法』を自作画像処理ソフトに実装した結果、うまく退治できたのですが・・・
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_01030480.jpg
さすがに、これではあまりにマニアック過ぎますね。

さて、天体の画像処理における比較的メジャーなノイズ除去手法のひとつとして「シグマクリップ」が上げられます。
これは画像データを解析することにより異常値(統計的外れ値)を弾くものです。
ステライメージにも、このシグマクリップ機能がありますので、今回はそれを用いてみましょう。

操作は簡単で、コンポジットするときに『加算平均σクリッピング』を選択するだけです。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_01094974.jpg
このオプションによりステライメージは各座標の輝度データを時系列統計解析し、異常値(外れ値)を排除してくれます。
本来は画面内に映り込んだ人工衛星などの突発ノイズを排除するための機能ですが、『酩酊ピクセル』の影響を緩和(あくまでも緩和)する効果もあります。
CP+2021オンラインセミナーの補足⑤_f0346040_01151681.jpg
右の画像がシグマクリップを行った画像です。『酩酊ピクセル』による残存ダークノイズが薄れていることが分かります。

ただしシグマクリップには「非常に演算が遅い」という弱点があります。
例えば、今回の120コマコンポジット処理だと、Core i5 7200U搭載のノートPCでも1分33秒で完了するのですが、ここでシグマクリップを用いると36分30秒もかかってしまいました。またメモリの消費量も一気に約50倍になってしまいましたので、ある程度高性能なPCが必要と言えるでしょう。


★最後に・・・
サイトロンQBPフィルタを用いることで、『神様が仕掛けたイタズラ』=「星雲の波長・フィルタが通す波長・古典的アクロマートの色消し波長の三者が偶然一致する」を突き、「山奥でなくても市街地から」「高級アポでなくても格安アクロマートで」星雲を綺麗に写せることを紹介した今回のオンラインセミナーでしたが、いかがだったでしょうか。

初心者の方は、今回のブログ記事で
「なんだか画像処理が難しそう」と感じたかもしれませんが、なにもここまでやらなくても補足記事①のステップ(撮影30秒、画像処理1分)でも結構楽しめることを実感して欲しいと思います。

また、すでにステライメージをお持ちの天文ファンの方は、
マニュアルに書かれていないこれらの詳細な処理手順が何かのお役にたてれば幸いです。

Commented by te kure at 2021-03-26 13:55 x
この章は私にとって新しい知識になります!🙇‍♂️
そして、酩酊ピクセルがシグマクリップである程度対処出来るのは面白かったですね〜
実行するかどうかは別にして・・😅

ご苦労様でした!そして有り難うございました!👏👏(謝)
Commented by supernova1987a at 2021-03-27 05:24
> te kureさん
この色ずれ補正は、ある意味でステライメージの弱点(RGB合成時に2点を基準指定しても倍率補正できない仕様)をカバーするために編み出しました。
最近はこれも面倒くさいので更に高性能な補正プログラムを書いちゃいましたが、ステライメージでも出来るということを紹介したかったので(^^♪
名前
URL
削除用パスワード
by supernova1987a | 2021-03-26 05:58 | 画像処理法解説 | Comments(2)

あぷらなーとの写真ブログ


by あぷらなーと
PVアクセスランキング にほんブログ村