あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> にゃあさん 電..
by supernova1987a at 23:49
> オヤジさん お..
by supernova1987a at 23:45
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:43
回転させるのにHDD使う..
by にゃあ at 11:02
3600rpm!!! ..
by オヤジ at 08:52
レベル6は、年寄りの冷水..
by kem2017 at 08:08
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 07:09
HDDって分解しちゃいけ..
by kem2017 at 04:15
> にゃあさん 子供の..
by supernova1987a at 03:55
昔のプロペラ戦闘機が積ん..
by にゃあ at 01:19
以前の記事
お気に入りブログ

お盆の反省①

★お盆の休みは・・・
どうも天候に恵まれず、煮え切らない物に・・・。
でも、悪条件下で『神の目』NGC7293を撮影したことで、いくらか収穫がありました。
今後のために覚え書きを・・・

★変なノイズの正体
以前から気になっていたのですが、ノータッチガイド短時間露光による大量コンポジットで「筋状のノイズ」がしばしば出ていました。

↓こんなヤツですね。
f0346040_22081853.jpg
VMC260Lと改造D5000による画像をトリミング

画面の左上から右下にかけて、無数の筋状のイズが走っています。
ずいぶん原因に悩んだんですが、よく見ると、これ、ガイドエラーの方向にピタリと一致しているんですね。

試しに、コンポジット時にガイドエラーを補正しないと
f0346040_22173405.jpg
こんな感じになり、上の画像で見られたノイズが姿を消した代わりに、カメラ起因と思われる水平方向の縞々ノイズと、ガイドエラーによる恒星の光跡が現れます。
また、詳細に見ると195枚もの加算平均コンポジットをしたにもかかわらず、画面全体に輝点ノイズが見られます。

★というわけで、結論
原因不明の筋状のイズの正体は、
IR改造D5000固有のダークノイズが(アストロノイズリダクションでは)除去しきれておらず、
それがコンポジット時の位置ずらし調整の際に筋状に流れて像となったもの。
という結論に達しました。

★一応・・・・
ダーク画像は撮影していたので、ベイヤー段階でステライメージのダーク減算をかけてみたりもしたのですが、完璧にはダークが取り切れず・・・というか、「お気軽な」キャプチャーNX2のアストロノイズリダクションとあんまり差がなかったので、さらなる画像処理は断念。

要するに、今回のような悪条件下で淡い星雲を狙おうとすると、カメラを電子冷却するとか、もっとノイズが少ない機種に替えるとかして、根本的なノイズを減らさないとダメという事ですね。

★というわけで解決策は・・・
空の暗いところで撮影する!!
 (強引な画像処理をしなければノイズは目立ちませんからね)

②これまで避けていた長秒時ノイズリダクションを復活させる??
 (だだし、逆にクールピクセルが発生して悪化するかも・・・です)

③電子冷却カメラなど元々ノイズが少ない機種に替える!!
 (現段階では、ちょっと手が出ませんね・・・)

④真面目にオートガイドする??
 (少なくともコンポジット時の画像ずらし処理は減りますので筋状のイズは消えそうですが、点状のノイズが残るはず)

⑤今計画中の秘策、名付けて『ローテーショナル比較暗コンポジット法』を実行する!!
 (まだ詳細は内緒ですが・・・・って、名称でバレバレですね)

ああ、次に「休み」と「新月」と「晴天」が重なるって、いつの事だろう・・・(泣)



# by supernova1987a | 2015-09-08 05:03 | 天体写真 | Comments(0)

餅は餅屋?その⑤

★笠井トレーディング汎用フラットナー

 第5弾は笠井トレーディングのED屈折用汎用フラットナーです。
f0346040_21521763.jpg
対物側は2インチスリーブ。接眼側はTネジというところは他の商品と共通です。
BORG純正フラットナーが40937円もするのに対して、笠井の汎用フラットナーは18360円と恐ろしく安価です。
さて、相性はどうでしょう??
f0346040_21550952.jpg
※BORG60ED+笠井汎用フラットナー+ニコンD700 ノートリミング

あれ? あまり効果がないみたいです。周辺部がボケたままですね。

f0346040_21563732.jpg
※上:BORG60EDのみ 下:笠井汎用フラットナー併用 画面中心から右端までをトリミング

ああ、よく見ると周辺部のボケが減っています。確かに効果はあるようですが、純正ほどではありません。
ちょうど、素のBORGと純正フラットナーの中間ぐらいでしょうか?

やはり、想定されている屈折望遠鏡よりもBORG60EDの焦点距離が短すぎるOR像面湾曲が大きすぎるようですね。


★バックフォーカスを増やしてみると・・・


純正フラットナーの最大の強みは、使用するマスターレンズに応じてフラットナーの位置を変えられることです。
・・・ということは、笠井の汎用フラットナーもバックフォーカスを大きくすれば像が改善されるかもしれません。
やってみましょう。

汎用フラットナーのTねじに、BORGのTネジ→M57変換リングを接続し、延長チューブ&マウントホルダー&カメラマウントを装着します。さて、もくろみ通り改善されますかどうか・・・。
f0346040_22094253.jpg
※BORG60ED+笠井汎用フラットナー(バックフォーカス調整)+ニコンD700 ノートリミング

おおっ! かなり良くなりましたよ♪
f0346040_22105336.jpg
※上:BORG60EDのみ 中:笠井汎用フラットナー併用 下:さらにバックフォーカス調整

この手法を思いついたのが一度機材を片付けた後だったので、対象物のフレーミングと光線の具合が少々異なりますが、あきらかに改善されています。

★うれしくなってきたので、もう少し撮ってみましょう♪

BORG60EDにバックフォーカスを調整した笠井汎用フラットナーを装着して、もう少し撮影してみます。
f0346040_22175443.jpg
おお、フォーカス面が揃っているのが分かります。(ここで像面湾曲が残っていると、画面の両端では手前にピントが合ってしまうのです)

f0346040_22180078.jpg
ああ、ボケ味もきれい♪ これなら充分実用になりそうです。

・・・・・あとは、実際に天体を撮影してみてどうなるか・・・ですねぇ。(いつになることやら・・・)

P.S.
 笠井の0.8倍汎用レデューサでも同じ事をやってみたのですが、ダメでした。像面を平坦にすると、強烈なコマ収差が出てしまい、ピントは合っているのに像が盛大に流れてしまいました。・・・なかなかうまくいかないものですねえ。餅は餅屋・・・ま、純正品を買っておけば間違いないと言うことですね(笑)
試行錯誤に用いた笠井のレデューサとフラットナーに加え、ケンコーのクローズアップレンズなどを合わせると、BORG純正のマルチレデューサ、買えてましたね。ま、所詮趣味ですから、「色々と遊べた」ので良しと言うことにしておきましょう・・・・。

# by supernova1987a | 2015-08-21 06:50 | 天体望遠鏡 | Comments(0)

餅は餅屋?その④

★BORG純正マルチフラットナー

第4弾は、『本命』のBORG純正の1.08倍フィールドフラットナーです。
f0346040_21324917.jpg
使用する機種の焦点距離に応じて、フラットナーの位置を変えられるようになっています。早速BORG60EDの焦点距離に合わせて、テスト撮影してみます。
f0346040_21343772.jpg
※BORG60ED+純正マルチフラットナー+ニコンD700 ノートリミング

さすがは純正品。画面周辺まで非常に良く写ります。ここまで平坦に写れば、市販の望遠レンズと遜色ないかも。
f0346040_21433393.jpg
※上:BORG60EDのみ 下:純正マルチフラットナー併用 画面中心部から右端までトリミング

像面湾曲により、前ピンになっていた画面周辺部が見事に補正されています。この部品少々お高いのですが、それだけの価値があると言えそうです。いやはや脱帽ですね・・・。

★★★以下続きます★★★


# by supernova1987a | 2015-08-20 06:30 | 天体望遠鏡 | Comments(0)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク