あぷらなーと


あぷらなーとの写真ブログ
by あぷらなーと
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
あぷらなーと
「自然写真大好き」
HNあぷらなーと が

いろんな写真ネタを
のんびり語ります。

気合い入れすぎると
続かないので、
「ぼちぼち」いきます。

生息地:香川・徳島
カテゴリ
最新のコメント
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 00:20
ネオジムと聞いて、プロメ..
by kem2017 at 16:44
> にゃあさん 電..
by supernova1987a at 23:49
> オヤジさん お..
by supernova1987a at 23:45
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 23:43
回転させるのにHDD使う..
by にゃあ at 11:02
3600rpm!!! ..
by オヤジ at 08:52
レベル6は、年寄りの冷水..
by kem2017 at 08:08
> kem2017さん ..
by supernova1987a at 07:09
HDDって分解しちゃいけ..
by kem2017 at 04:15
以前の記事
お気に入りブログ

タグ:ASI1600MM-COOL ( 64 ) タグの人気記事

ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』③

★天気が悪いので・・・

今日は休日でしたが、1日中小雨が降る悪天候。
他にやることも無いので、先日来困っている問題を少し前進させることに。

f0346040_17315191.jpg
どちらもASI1600MM-COOL(Pro版では無くノーマル機)なんですが、ずいぶんと特性が違ってるようで・・・。

ただし、前回は個体差が出ることを全く想定していなかったので、真面目に比較できませんでした。
どうせなら、フィルタやケーブルやPCのポートも条件を揃えて、フラットな光源を撮影して比較したいところ。

と言うわけで・・・


★『秘密兵器』の投入

だいぶ前にポチった『秘密兵器』:LEDトレース台を投入することにします。

本来の用途とは異なりますが、A3サイズの格安フラット光源として転用できそうなので、確保していたアイテムです。

そして今回「ふと閃いて」10年近く長年愛用している「とある道具」に『重要任務』を与えてみることに。
それは・・・


ででん!
f0346040_17412793.jpg
ヤマハの譜面台です
そうそう、これを使うと・・・
f0346040_17432610.jpg
両手が空くので、部活指導でタクト振るときに便利なんだよねー
うんうん♪
・・・って・・・違う!
このブログはあくまで「科学系写真ブログ」。決して「音楽系ブログ」などではありません。

実は、このトレース台と譜面台という
「美術アイテム」と「音楽アイテム」を組み合わせると・・・・・

・・・ででん!
f0346040_17471537.jpg
新兵器、名付けて
『どこでもフラット台』
が完成♪
・・・色々と使い方間違ってますが(笑)


★検証ごっこのため「どこでもフラット台」投入

はじめにお断りしておきますが、譜面台自体はあくまで楽譜の閲覧を想定した構造なのでオーバーウエイトに弱く、下手すると転倒します。
よい子の皆さんは真似しちゃダメです(笑)。

f0346040_18140965.jpg
たかが89mm口径のBORGにA3サイズのフラット光源を持ち出す必要も無いのですが、「ツイン鏡筒のフラット一気撮り」とか「VMC260Lのフラット撮影」とかを想定した構成です。
架台に載せた鏡筒を少し下向きにして譜面台と直交を取れば、なかなか良い感じでフラット撮影できそう。
(・・・あ、実際の撮影では、暗幕で覆うなど一工夫が必要でしょうが)


★『のっぴきならぬ』は再現するか?

さて、今回はフラット撮影を兼ねての比較となりました。
とりあえず『現象』が再現されるか確認してみます。

ゲイン200+0.25秒露光でフラット光源を撮影した16bitFITS画像をそれぞれ100コマコンポジットして比較してみると・・・

f0346040_02070179.jpeg
 ※左:ASI1600MM-COOL1号機 右:ASI1600MM-COOL2号機

・・・うむ。やっぱり差が出ますねぇ。

要するに、
 1号機:クールピクセルがウジャウジャ でも 網目状ノイズは出ない
 2号機:クールピクセルはほとんど出ない でも 網目状ノイズまみれ
という真逆の特性。
こりゃ、全く別機種だと思って処理を考えないとダメみたい。


さてと、そろそろ真面目に『検証ごっこ』して下記の試行に入るとしますか。

A:クールピクセル軽減のためのアイディア
  思いついた5案のうち1案が成功して、2案は失敗。
  残る2案のうち1案は(今回の一件で)潰えたので、最後の1案を実験♪

B:網目状ノイズ軽減のためのアイディア
  思いついた案は3つ。
  1つずつ実験していきますね~♪

よし。
面白くなってきた♪
(いや、決して負け惜しみでは無くて・・・・)


★★★お約束★★★
一連の「検証ごっこ」は、あくまで『ごっこ』であって
その結果の正確性を保証するものではありません。


by supernova1987a | 2017-12-24 19:09 | 機材 | Comments(0)

ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』②

★全く予想外の展開を見せるASI1600MM『2号機』

『フルアーマーBORG』の主要装備として調達したモノクロ冷却CMOSカメラASI1600MM-COOLの2号機の調整のため試運転していた時、あぷらなーとに降りかかってきた『のっぴきならぬ問題』。青天の霹靂とはまさにこのこと(涙)。


全く想定外だったため、まともな検証はできませんが、ここで引き下がっては天リフさんも公認の『ど変態』の名が廃ります。
転んでもタダでは起きたと「思いたくない」のが信条の あぷらなーと ですから、ここは
「想定外に面白そうなネタを手中に収めた!」
と気分一新、楽しむことにいたしましょう♪
前回感じた『違和感』を視覚化するために、少しばかり『検証ごっこ』してみます。


★直感的に『なんか変』を視覚化する

前回感じたMM1号機とMM2号機との差異は、主として下記の3点でした。
 ①1号機に盛大に生じていたクールピクセルが2号機では姿を消した
 ②2号機には「なんか気色悪いノイズ」が出てる
 ③2号機はモノクロ機特有のシャープ感が無い
このうち、②を分かりやすくするために、前回の画像を強拡大してみます。

すると・・・
f0346040_01450505.jpeg
ダークもフラットも引いていない、素のRAW画像(16bitモノクロFITS)を100コマ加算平均コンポジットした画像の強拡大です。
見えますか?
モザイク状のノイズが・・・

ああ、なるほどね。
変だと思ってたんですよ。
最初に感じた『違和感』はモノクロ機なのにディスプレイに表示してみるとモアレが生じていたこと。
これって、絶対に周期的に明滅しているってことなんですよねぇ。
・・・そう。まるでカラー機のベイヤーデータのように・・・。

・・・となれば、すべき『検証ごっこ』は!


★出でよ、愛しのDelphiっ!!

ずいぶん前に「ASI1600MCの謎」シリーズを連載していた時に使ったPASCAL系プログラミング言語Delphiの出番が回ってきたようです。
え?他にも完成された解析ツールは沢山あるですって?
いやいや、今回やりたいのは、モノクロ機であるASI1600MMのFITSファイルを「まるでベイヤー機のように」解析することなんですよー。
だって、上記の画像を見て明らかなように、縦×2+横×2の4ピクセルを単位として周期的に『変なこと』が起こってますもん。

・・・という訳で
Delphi10.1コードネーム「ベルリン」よ
今こそ我が眼前に蘇るがいいっ!!
f0346040_01584476.jpeg
ふふふ。
Delphi復活♪

まあ、去年FITSファイルを『素のまま叩く』ツール作りではずいぶん苦労しましたからねぇ。


そのとき作ったコードを少し修正すれば、今回の目的には事足りるでしょう♪
あ、現在のあぷらなーとは、研究者でも開発者でもなく、文系寄りのオッサンですので、あまり期待しないでください。


★『解析ごっこ』するにあたり、想定したモデル

本来モノクロ機であるASI1600MMは、当然、「画素の種別」なんていう概念そのものがありません。
(カラー機なら、R画素・G画素・B画素に分類できますが・・・)
・・・ですが、前述の通り、どうも「4画素単位で変なことが起きてそう」なので下記のようにピクセルを分類して解析してみます。

f0346040_02074364.jpeg
つまり、モノクロの撮像素子をL1~L4の4つのグループに分類し、それぞれが『まるでカラーベイヤー機の様に』分布しているという仮定です。

だって、格子状の『変なノイズ』を説明しようとすると、こうするしか無いです・・・。



★いざ『解析ごっこ』開始!!

さて、自前の解析ツールでL1~L4各グループごとに、輝度分布がどうなっているのかを見てみましょう。

すると・・・

ででん!!
f0346040_02114011.jpeg
出た!!
あちゃー。
こりゃダメだわ。

L1&L4のグループ(カラー機ならGチャンネル2本に相当)と、L2&L3のグループ(カラー機ならRチャンネルとBチャンネルに相当)とが
全く異なる輝度分布を示してるじゃないか!!

ええと、横軸は素のままの輝度値(リニアスケール)で、縦軸がカウント数(ログスケール)です。

これ、いうなれば『感度が高い素子』と『感度が低い素子』が交互に配置されてるってことで、これじゃいくらコンポジットしても滑らかになる訳が無い!!

★★★12月24日追記★★★★★★★★★★★★★★★★★
解析ミスがありました。撮影時に上下反転出力をしていたことを見逃していました。
上記グラフの素子グループは下記のとおり間違っています。
 L1→L3の誤り L2→L4の誤り L3→L1の誤り L4→L2の誤り
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


え?
「ASI1600MMって、元がカラーデジタル一眼用の撮像素子の転用だし、そんなもんじゃないの?」
ですって?
いやいや、同じ条件で撮影したMM1号機を同様の解析に掛けてみた結果が下記です。

f0346040_02193951.jpeg
ね?
どの素子もキレイに分布が揃ってるでしょ?
・・・というか、モノクロ機なんだから、それが当然


★いやはや、まいったなぁ・・・

大枚はたいて追加購入したASI1600MM-COOL2号機なんだけど、クールピクセルが劇的に減少したのは良いとして、
こんなの補正できるソフト、無いよぉ。

え?
「フラット補正でなんとかならぬか」
ですか?

ええと・・・たぶん無理っす。
輝度分布を見ての通り、比が一定になってるんじゃなくて、差が一定になってる雰囲気なんですよねぇ。
だから、キャリブレーションで除算を用いる従来のフラット補正では無理。

いや、待てよ。
これって、ひょっとしてオフセット調整でなんとかなるかも・・・・。
たしかオフセットのキャリブレーションって減算処理ですよね?

まあ、オフセットノイズの測定で同じ結果が出たら・・・の話ですが。

しかし、まあ
じゃじゃ馬だな、ASI1600MM2号機よ・・・
マジで泣きたくなるわー。

P.S.
まあ、時間が取れたら、色々と真面目に再検証ごっこしてみます。
・・・といいつつ、そろそろ「本業」が激務化するので、しばらくは無理かも(涙)
「Pro」版じゃない方のASI1600MM-COOLで「乾燥剤入れ口が黒いキャップになってて、カメラケースがサービス品でついてきてる」ロットをご愛用の方、皆さんのMMは「変な現象」起こさない良い子ですか??

by supernova1987a | 2017-12-20 02:46 | 機材 | Comments(16)

ASI1600MMの『のっぴきならぬ問題』を見つけてしまった

★『フルアーマーBORG』の出撃準備として・・・

BORG89EDをツイン鏡筒にして、そのうちの1本にはビームスプリッタを装着し、合計3機の冷却CMOSカメラを同時稼働させて「SAOナローを一発撮りしてしまおう」という乱暴な機材、名付けて『フルアーマーBORG』の出撃準備中です。残念ながらASI1600は2台がMMで1台はMCなのですが、OⅢなら(数の多い)G画素が使えるのでMCでも代用になるかと・・・・。

所詮、鏡筒は2本ですのでリアルなトリプル鏡筒には勝てないでしょうが、フィルター交換の手間や波長によるピントズレの補正の手間が省ける分、単なるツイン鏡筒よりは効率は上がるかと目論んだ次第。・・・まあ、CPUで例えると、「実際は2コアだけれど、ハイパースレッディングで3コアに見せかけてる」みたいなもんですかね(笑)。

f0346040_21051039.jpg
★ビームスプリッタには純正のフラットナが使えないので

ここで問題になるのが、ビームスプリッタを積んだことによって、純正のフラットナが使えないことです。
仕方ないので、ケンコーのクローズアップレンズAC3をレデューサ兼フラットナとして各カメラの前に組み込みました。
また、ASI1600MMは新機種「ASI1600MM-Pro」がアナウンスされていましたが、特性が変わっちゃうと色々とめんどそうなので、あえて従来の機種を入手しました。

さらに、ビームスプリッタを積んだことによって(V-Powerに換装しているとはいえ)接眼部に掛かる負担が大きいので、色々と補強を施しました。
f0346040_21105274.jpg
また、サブの鏡筒(MC×1で運用)は標準のヘリコイドでタワミが大きいので、こちらも補強。
さらに使わなくなったCCDカメラを電子ファインダーに仕立てて搭載しました。
f0346040_21133000.jpg
★ファーストライトまでの道のりは遠くて・・・

ここで、サクッとファーストライトに突入すれば楽しいのですが、自作レデューサの成否とか、フィルターの位置の調整とか、そもそもピントが出るのかとか、課題が山積しているので、なかなか実戦投入までの道のりは遠そうです。

というわけで、まずは、2台のASI1600MMが「似たような特性なのかどうか」をチェックするとともに、ビームスプリッタ併用時の弊害が出ないかチェックすることに。

f0346040_21174442.jpg
とりあえず、メイン鏡筒にビームスプリッタと2枚のASI1600MMを装着して、両方ともピントが出せるかどうかをテスト。
補強ステーと補強リングによって接眼部の可動範囲が制限を受けるので、意外と難航しました。

f0346040_21194414.jpg
天気が悪いので、こんな感じで約1km遠方にある鉄塔を撮影してみます。

・・・ところが・・・


★なんだ?この違和感は!

f0346040_21211686.jpg
まずは1コマ撮りです。左がビームスプリッタの直視方向に装着したASI1600MM1号機(元々持っていた物)、右が直交方向に装着したASI1600MM2号機(今回買い足した物)です。さすがに、MCと異なりMMはシャープです。ベイヤー処理が不要なことが大きく効いてきている上に、600mm前後の焦点距離だとシーイングの影響も受けにくいからでしょうね。

・・・でも、ちょっとまってください。
ええと・・・なんだか違和感があります。

2号機の方だけディスプレイで見るとモアレが見えるんです。これがカラー機のベイヤー画像なら分かります。
ディスプレイのナイキスト周波数がベイヤー配列の周波数よりも低い場合はモアレが生じて当然ですので。

でも、これ、モノクロ機ですよ。モアレなんて出ないでしょ普通。

ちと拡大してみます。

f0346040_21273412.jpg
すると今度は2号機のモアレは消えたものの・・・・。
なんというか、やはり違和感が。

ええと、どう言えば良いんでしょう。ちょうど、モノクロ機とカラー機の中間のような「なんだかピリッとしない」画像
それになんだか、変なノイズリダクションを掛けた後のようにボソボソしてます。


★コンポジットして比べてみる

1枚画像だけではショットノイズが支配的なので、カメラの特性が見えてきません。
そこで、それぞれ50コマコンポジットしてみました。もちろん、位置合わせは無しの加算平均処理です。

・・・すると・・・

ええっ!!
f0346040_21332806.jpg
ショットノイズが打ち消された結果、左のMM1号機は「お馴染みの」クールピクセルが明瞭に出てます。
ところが、右のMM2号機にはクールピクセルがほとんど見当たらない!?
その代わり、なんだか不自然な網目模様というか、「荒れ」が一面に広がっていて、とても50コマコンポジットには見えません。
しかも、若干像が甘い。

これ、カメラ内部でなんか『変な』処理されちゃってるんじゃ・・・。


★まさか・・・・

せっかくPro版ではなく従来仕様のASI1600MM-COOLを買い足したのに、これじゃ特性が違いすぎて「やりたかったこと」できないよぉ・・・・。
ああ、もう!

・・・・まさか・・・・・マイナーチェンジで「ピクセルマッピング」されちゃったとか「ノイズ低減処理エンジン」が積まれちゃったとか・・・???
ううー。マジで泣きそうです。(こんなことなら、おとなしくPro版に行ってたよー。)

というわけで(ナローバンド撮影にはさほど影響はしないでしょうが)副産物的に思いついていた『種々の面白い試み』が全てパーかも(涙)


★★★お約束★★★
あくまでも私見です。一般的にはクールピクセルが減るのは良いことです。
また、あぷらなーとはあくまで素人なので、今回の『検証ごっこ』には、多大なるミスが含まれているかもしれません。
なお、正確には、乾燥剤を入れる口のキャップの色など変更点が認められますので、まったくの同一仕様であるという保証自体がなかったわけですが・・・・



by supernova1987a | 2017-12-18 21:58 | 機材 | Comments(14)

トリウムレンズからの放射線を『見る』

★自作霧箱の最終バージョン

ふとしたことから自然放射線(や二次宇宙線)を検出したくなって、ついついのめり込んでしまった自作拡散霧箱ですが・・・
試作11号機を経て
ついに『量産型』の仕様が確定♪

f0346040_00282138.jpg
 ※考え得るあらゆるノウハウを結集した最終バージョン↑(しかも作成経費300円足らずというバツグンの経済性♪)


さらに、「再現性」を確保するため、同じ仕様で5回ほど試作を繰り返し、同等の性能が得られることを確認。
『イベント』で使用するために『ハサミさえあれば小学生でも作れる・マル秘マニュアル』も作製!!
当然、想定される様々な『失敗要因』は全て試して特記済み♪
f0346040_00322983.jpg
小中学生を集めての『特別講義』、間もなく無事決行できそうです♪
「放射線源を一切用いない、安全な放射線実験」なので、
親御さんも安心♪


★試作11号機の『実力』

特に放射線源を用いなくても、自然放射線がバンバン見えます。

f0346040_00373804.jpg
こんな『安全な』放射線強度でも・・・・
冷却CMOSカメラASI1600MM-COOLで撮影すれば
f0346040_01065797.jpg

f0346040_00372276.jpg

このとおり、自然放射線がバンバン写っちゃいます♪

と、まあ、『お仕事』の準備はほぼ完了したので、
ここからは『個人的なお遊び』に移ります。



★秘蔵のコレクションの出番か?

実は、以前kojiro-net5さんからいただいたコメントに触発されて、あるアイテムを入手していたのですよー。

f0346040_00455651.jpg
納品された直後に『なつかし』のセイフティケースに入れて、鍵付き防湿庫に保管してあったこのアイテム。

それは・・・・

f0346040_00481246.jpg
「知る人ぞ知る」ペンタックスの
スーパータクマー55mmF1.8!!
f0346040_00502157.jpg

50年前のレンズにもかかわらず『異常に良く写る』とのウワサ。
その秘密は、レンズ用の光学ガラスに混ぜられた「酸化トリウム」
屈折率が大きく色収差も非常に小さいために少ない枚数でも高性能なレンズが設計可能となるらしいんですね。
ただし酸化トリウムには放射能があるため、当然のことながら現在では製造されていません。


★とりあえず簡易計測すると・・・

f0346040_00573871.jpg
測定器の精度は不明なので、定量的な記述は避けますが、たしかに放射線が出てますね。
(精密な測定環境が無いため、ここで人体に影響が有るか無いかについての言及は避けます。)


★自作霧箱に近づけると・・・・

自然放射線でもクッキリと観察できる『自慢の』自作霧箱11号機の左側からレンズを近づけてみます

・・・すると



ででん!!
f0346040_01012920.jpg
f0346040_11495804.jpg

うわあー
すご・・・・・
『流星群っぽい』を通り越して、こりゃまるで『シャワー』だなー。
要するに薄っぺらいPET樹脂では遮蔽できないレベルの放射線が出てるということですね。
飛跡の形状からするとβ線(電子)が主体のようです。
(ニュートロンだと霧箱で見えないし、ガンマ線は相互作用しにくいし、α線はすぐに遮蔽されてしまうので、当たり前と言えば当たり前ですが)

ちなみに動画↓で見ると、圧巻です。(以下、動画保存用のサブサイトへの直リンクです)



★無用な心配はしたくないので

はい。遊んだあとは、きちんと後片付け(笑)

f0346040_01175156.jpg
薄くても、さすがに鉛はほとんど貫通できないことを確認。
安心して寝ます♪


★★★お約束★★★
現在のあぷらなーとは研究者ではなく「ただのオッサン」なので、
写真に写ってる「マイクロシーベルトらしき数値」に関しての定量的なご質問には一切お答えできません
あしからずご了承ください。

by supernova1987a | 2017-11-27 01:24 | 科学写真 | Comments(12)

フルアーマーBORG発進!?

★なんぞこれ?!
f0346040_21581459.jpg
なんというか、もはやBORGとしての原型をとどめていないという・・・・(笑)
いやいや、いたって真面目に組んだつもりです。


★今回の改良点

①ASI1600MMによる「Hαナローバンド」と「SⅡナローバンド」をビームスプリッターで同時露光
②上記に加えてASI1600MCによる「OⅢナローバンド」も同時露光
③純正ヘリコイドのガタを解消するため接眼部をプレート2枚で強化
④V-POWER接眼部に重量級のスプリッタを搭載しても撓まないようにL字金具2枚で強化
⑤ガイド鏡・暗視野ファインダー・ドットサイトファインダーに加え、CCDカメラによる電子ファインダー搭載


・・・というわけで、
あぷらなーと自慢の「ツインBORGシステム」「ビームスプリッタシステム」まさかの融合!!
まさに『フルアーマー』仕様機♪

ふははは。
これで、晴れ間の少ない今シーズンでも
「通常の三倍」の効率(※)でナローバンド撮影してくれるわ!!

・・・・すみません。
ちと病んでいるようです。



※<注釈>
あくまでカラーカメラ+フィルタホイールを用いてナローバンド撮影する場合と比較した推測値ですが、
本当は「通常の5倍」の撮影効率を見込んでいます
カラーカメラ1機単独の場合、ベイヤー配列の仕様により
 Hαで有効な面積:1/4
 SⅡで有効な面積:1/4
 OⅢで有効な面積:1/2
ですので、どんぶり勘定すると、全露光量を1に揃えるには
Hα×4+SⅡ×4+OⅢ×2 = 10 の撮影時間が必要なところ

今回の「フルアーマー」機では
全画素利用可能なMMはビームスプリッタでの光量損失(分離)、MCは最も画素数の多いG素子を利用してOⅢを単独露光することを考慮に入れて
 Hαの効率:1/1×1/2
 SⅡの効率:1/1×1/2
 OⅢの効率:1/2×1/1
と、全て美しく揃った上で3機同時露光しちゃうので、
たった2の撮影時間で同等の成果が得られると期待。

それにしても、ASI1600×3連装って・・・これじゃ「赤い彗星」ならぬ「赤い変態」ですな(苦笑)

★★★ご注意★★★
モノクロ冷却カメラ+フィルタホイールと比較すると、たかだか1.5倍程度の撮影効率に過ぎません。
・・・が、各波長ごとにピントを固定できること、3波長同時露光により、途中で天候が悪化しても「ある程度の」成果が残る点がメリットです。
そして、まだ詳細は内緒ですが、その他数種類の実験的要素を含んでいます♪


by supernova1987a | 2017-11-20 22:34 | 天体望遠鏡 | Comments(10)

満月に負けない!③

★『難敵』馬頭星雲

いつも、ネット上の素晴らしい作品を見てため息をついている天体があります。
メジャーな割に結構難敵な対象、馬頭星雲です。
これ、すごく苦手なんですよねぇ。

そばに輝星があるし、そもそも暗いし、・・・暗いお空の元で明るい光学系使わないと上手く写せそうにありません。
これまでのチャレンジだと、星雲本体が淡いか盛大な『縮緬ノイズ』が出るかで全て玉砕。


★3つの『新兵器』フル動員でがんばってみる

久しぶりに晴れた先日の日曜日、満月期ではありますが、リベンジしてみることに。
今回は、昨年までと異なりVMC260Lに「3つの新兵器」を投入。

 ①ASI1600MCとMMで同時露光するビームスプリッター
 ②『縮緬ノイズ』を劇的に軽減する『クールファイル補正法』
 ③Hα12nmナローバンドフィルタ

さらに、普段無精して割愛しているポールマスターによる極軸合わせとPHD2によるオートガイドも実施します。

f0346040_14093122.jpg

馬頭初心者としては、あまり欲張らずに
「とりあえず、それっぽく見える」
ことを目標に仕上げてみます。


★撮影の主データ

望遠鏡:VMC260L+自作レデューサ
カメラ:ASI1600MC-COOL + ASI1600MM-COOL
赤道儀:K-ASTEC改造Newアトラクス
ガイド:PHD2+ミニBORG50によるオートガイド
ゲイン:400(MC.MMとも)
冷却:-10度(MC.MMとも)
フィルタ:MCにLPS-D1 MMにHα12nm
露光:30秒(MC.MMとも)
※ドリンクウォーマー転用ヒーターで結露とり

珍しくオートガイドを入れているので本来は露光をもっと伸ばせそうですが、すぐ近くに満月がありますしガイド鏡のたわみやVMCのミラーシフトなどがあるので、いつもの「短時間露光多数枚コンポジット」で行きます。


★1コマ撮りだと・・・

MCとMMの1コマ撮りだとこんな感じです。

f0346040_14182181.jpg
 ※左:MC1コマ撮り 右:MM1コマ撮り

お?
MCだと完全に満月の明かりに埋没している馬頭が、MM+Hαだとうっすらと見えます!!


★120コマコンポジットしてみます

MCはダーク減算とホットピクセル除去を施してコンポジット
MMはそれに加えて『クールファイル補正』を加味してコンポジット
できるだけ『縮緬ノイズ』を押さえ込んでみます。

f0346040_14214984.jpg
 ※左:MC120コマコンポジット 右:MM120コマコンポジット

おお!

MM+Hαの方は、クッキリと馬頭が浮かび上がってきました。
ナローバンド、すげぇ♪


★その他ゴニョゴニョしてLRGB合成

(炙り出しした際に)ある程度ノイジーになる画像の『応急処置』にも慣れてきました。
ステライメージの他にNikCollectionとシルキーピクスを使って、ノイズを『ごまかし』ます。

今回もフラット補正はしていないので、「今後のお楽しみ」

さて、ノイズ処理加工したMMのL画像とMMのRGB画像をLRGB合成してみます。

すると・・・


ででん!
f0346040_14310055.jpg
うむ。
明らかに「自己ベスト」の馬頭星雲ゲットです♪
・・・満月期に(笑)

・・・まあ、ベテラン諸氏から見ると『鼻で笑う』レベルでしょうが、前回作と比べるとその差は歴然
ここは自己満足しておきましょう。

前回の馬頭星雲(2016年8月31日撮影)↓

f0346040_14402157.jpg
 ※VMC260L+純正レデューサ+LPS-P2フィルタ
  ASI1600MC-COOL(-15度) ゲイン200 露光30秒×50枚コンポジット
  (低ゲインなのに『縦縞まみれ』なのは、無理して炙り出してる証拠xx)

さて、新月期に真面目に撮るとどうなるんでしょうなぁ。
わくわく!


by supernova1987a | 2017-11-13 14:46 | 天体写真 | Comments(12)

満月に負けない!②

★満月期でもナローなら!

ナローバンドは「満月期や市街地に強い」らしい。
たしかに、前回画像処理したオリオン座大星雲M42は良い感じで撮影できました。

とは言うものの、暗めの天体でも「そう」なのかなぁ?
などと懐疑的だったので、今回は、少し暗めの天体で試してみることに。

・・・まあ、前回に撮りためてたデータを画像処理しただけなんですが・・・ね。


★あこがれの『シャボン玉』

シャボン玉星雲(バブル星雲)NGC7635。数年前から、これを撮るのに憧れてました。
とは言え『明るい天体専門』の あぷらなーと にとっては、これ結構暗いんですよねぇ・・・。
写ってるんだろうか・・・。

撮影機材は、例の「ヘンテコ」なセット
VMC260L+自作レデューサ+自作ビームスプリッタ に
ASI1600MC-COOL+LPS-D1フィルタ(ゲイン400)
ASI1600MM-COOL+Hα12nmフィルタ(ゲイン400)
の2台の冷却CMOSカメラを接続して同時露光
シャボン玉星雲はM42よりも前に撮ったのでオートガイド無しのノータッチガイドです。

f0346040_08543028.jpg
それにしても、満月の明かりが強烈でしたからねぇ。
ゲイン400の30秒露光の1コマ撮りだと(がんばって炙り出しても)こんな感じ。
f0346040_03515136.jpg
全然『シャボン玉』に見えない(涙)

さて、Hαナローだと、どうなりますか。


★驚異のナローパワー

いや、正直、侮ってました。
Hαナローって(安価な12nmタイプですら)スゴく効きますね。
まあ、下の画像を見てやってください。

左がMC+LPS-D1 ゲイン400・30秒露光×107コマコンポジットで
右がMM+Hα12nm ゲイン400・30秒露光×110コマコンポジットなのですが・・・

f0346040_03552392.jpg
げげっ!
あ、圧倒的じゃないか!

ナローバンド恐るべし

条件が揃うもなにも、そもそも全く同時刻に同じ鏡筒の像をビームスプリッタで2分割してそれぞれのカメラに入射させてますので、「完全に公平」な比較なわけですよ。・・・すみません。使う前から侮ってました。

※Hαの方はMCに比べて圧倒的に低ノイズ(SN比が高い)だったので、最大エントロピー画像復元を掛けています。



★早速L-RGB合成してみる

この2つの画像を合成するには、(素人頭では)主として2つの流儀が考えられます。

①MM+HαをL画像、MCをRGB画像として、LRGB合成する
②MCのRGB画像の内、RチャンネルをMM+Hαの画像にスワップする

双方やってみたのですが、①は解像度が高いものの「発色が浅い」ようです。対して②は「発色がエグい」上にノイジーでした。
仕方ないので①②をブレンドしてみます。(なんか胡散臭いですが、所詮遊びなので・・・)

すると・・・

ででん!
f0346040_04060538.jpg
おお! なかなか良い感じです♪

・・・というわけで、「人生初のシャボン玉」は、まさかの満月期にゲットできちゃいました。

めでたい♪


★★★補足★★★
自作ビームスプリッタは、カラーカメラとモノクロカメラを同時露光できる便利なグッズですが、懸念されていたのが「分厚いガラス塊を通過する際に生じる負の球面収差と色収差」でした。
※幾何光学的にシミュレートした試算結果は下記リンク参照↓

正確な考察では無いのですが、クローズアップレンズを転用した自作レデューサでは不可避な「正の球面収差」がビームスプリッタの「負の球面収差」と相殺する方向に働いており、色収差に関してはナローバンドフィルターの特性から大幅に軽減(というか、事実上消滅)されたことにより、たまたま「良い感じ」のコンディションになった可能性もあります。(VMC260Lとクローズアップレンズの設計データが不明なので、詳細な考察ごっこは不能ですが・・・)
無論、選別した光が長波長であることでシンチレーション(シーイング)の影響が軽減される点と、恒星像が暗くなったことによる「見かけ上のシャープさ」も大きく寄与していると考えられます。

ちなみに、ビームスプリッタの使用により各カメラに入射する光量は1/2になりますので、実質フィルタホイールを使った場合と運用効率は変わりません。
・・・でも、カメラごとにピントの微調整ができるので、楽と言えば楽なんですよねー。今後の展開を考えると♪

by supernova1987a | 2017-11-09 06:32 | 天体写真 | Comments(8)

もう少しリアルなM42に・・・

★昨日のエントリーで

VMC260L+ビームスプリッタ+Hαナローを用いたオリオン座大星雲M42の高解像度画像をアップしたのですが、


さすがに色が不気味だったので(もともとHαをLチャンネルにしたので仕方ないのですが)もうすこしリアルな色調に直したくて再処理することに。

ついでに、画像処理の過程で1カ所(『クールファイル』の演算過程で)ミスっていたので訂正。


★今回の流れ

<撮影>
VMC260L+自作レデューサ+自作ビームスプリッタを用いて
 ASI1600MC-COOL+LPS-D1 ゲイン300・30秒露光×120コマ
 ASI1600MM-COOL+Hα12nm ゲイン300・30秒露光×120コマ
を同時露光

<追尾>
K-ASTEC改造Newアトラクス+ミニBORG50アクロ+PHD2オートガイド

<画像処理>
MMの画像120コマを加算コンポジットしたものをL画像、MCの画像120コマを加算コンポジットしたものをRGB画像としてLRGB合成。(L画像には最大エントロピー画像復元+NikCollectionのHDR&Defineを付加)

『縮緬ノイズ』軽減の秘技『クールファイル補正』↓の運用にもだいぶ慣れてきました。


すると・・・

ででん!
f0346040_00281439.jpg

こういうテイストもアリだなぁ

とても満月期に市街地で、しかもカメラを『冷却するのを忘れちゃった』とは思えない写り♪

よし。今年の冬は、以前いい線まで行って頓挫した『ハッブルに肉薄ごっこ』に再チャレンジするかな?





by supernova1987a | 2017-11-07 06:51 | 天体写真 | Comments(8)

満月に負けない!

★休日の晩に晴れるのは久しぶり

日曜日の夜は久々に晴れでした。
満月付近の月が強烈な光を放っていますが、何か撮らないと気が済みません。

・・・よし。
こうなったら、アレを試そうじゃないか!


★ビームスプリッタ+ナローバンド

「あぷらなーと特製ビームスプリッター」と「Hαナローバンド」の合わせ技で月明かりをなんとかすることにチャレンジします。

f0346040_08460457.jpg
主砲はVMC260L。
これに自作ビームスプリッタ&自作レデューサを介して、「LPS-D1+ASI1600MC-COOL」と「12nmHα+ASI1600MMーCOOL」を同時露光する作戦です。

せっかくなので、1年ぶりとなるオートガイドにも挑戦。(なまじノータッチガイド+短時間露光多数枚コンポになれちゃった身としては、オートガイドが面倒くさいんですよねぇ・・・)ガイド鏡はミニBORG50アクロ(にせBORGの方じゃなくて本物の方)を『コバンザメ方式』で同架します。
f0346040_08551177.jpg
ついでに極軸も、いつもの目視では無くて久しぶりにポールマスターを使います。(実は目視に比べて精度が良いかというと微妙なんだけれど、気持ち的に。)
もちろん、ピント合わせはバーティノフマスクを利用(実は目視で合わせた場合よりも精度が良いかというと微妙なんだけれど、気持ち的に。)

ところが、あれこれ準備しているうちにどんどん夜露が降りてきて鏡筒がビショビショに!
早速ドリンクウオーマーを転用したヒーターでカメラ2台とVMC260Lの副鏡を暖めて結露を防ぎます。
f0346040_08543028.jpg
f0346040_08545437.jpg

★手始めにオリオン座大星雲を♪

明るい星雲は処理が楽ですからね♪

・・・・ところが

・・・えっ!
ま、マズい!!

・・・まさかのポカミスが発覚!

ASI1600MMの方の冷却を忘れてたまま120コマも撮影してしまった。
ああー、久々に慣れないことをしたせいで、他の設定に気を取られてしまったようです。
むう-。センサー温度7.5度かー。
ま、あとでダーク撮り直せばなんとかなるでしょ。



★1コマ撮って出しだと

さて、撮って出しの1コマデータを比較してみます。

<共通データ>
VMC260L+自作レデューサ
ゲイン300・RAW-FITS 露光30秒
K-ASTEC改造newアトラクス+PHD2オートガイド

<差異データ>
ASI1600MC:LPS-D1フィルタ併用 -10度まで冷却
ASI1600MM:Hα12nmフィルタ併用 冷却無し(痛恨のミス)

f0346040_09200229.jpg
 左:MC+LPS-D1 右:MM+Hα (ともに200%表示。画像処理一切無し)

おおっ!
MM+Hαすごくシャープですよ!?
明るさが足りないとかサチって無いとかというレベル「ではない」なー、これ。
やはり、Hαナローだと(補正レンズやレデューサやビームスプリッタの)色収差の影響を回避できる上に、シーイングの影響も受けにくいのかも。



★120コマコンポジットしてみる

早速、MCとMM各120コマのコンポジットに入ります。

f0346040_09293527.jpg
 左:MC+LPS-D1 右:MM+Hα (ともに200%表示。各120コマ加算平均コンポジット)
※MMの方は、ダークの温度が合っていない時点でハンデがあるので、例の『クールファイル補正法』を使って処理してます。

うーむ。
滑らかになった画像でも明らかにMM+Hαはシャープだなぁ。
しかも、この画像の滑らかさは・・・
これはたぶん、ウェーブレットよりも最大エントロピー法が「キマる」パターン!!


★最大エントロピー法で画像復元してみる

惑星撮影で解像感を上げる手法としてはレジスタックスなどのウェーブレットが主流ですが、月面や星雲の場合、条件が良いとウェーブレットよりも最大エントロピー法の方が効くことがあります
上手く行けば、「シャープかつ線が細い」像が得られます。

では、早速やってみましょう。

f0346040_09401093.jpg
 左:MM+Hα120コマコンポジット+デジタル現像 右:左記に加えて最大エントロピー画像復元

うわっ

やっぱり、最大エントロピーが効く!!

恒星の中心が黒く落ちてしまってますが、解像度が格段に上がって、しかもウェーブレットのような不自然さがありません。


★L-RGB合成してみる

最後に、MM+Hαで撮影したモノクロ画像をL、MC+LPS-D1で撮影したカラー画像をRGBとして、L-RGBカラー合成してみましょう。
ついでにNikCollectionで少し調整して整えます。
すると・・・・・

ででん!
f0346040_09484030.jpg
おお、とっても良い感じです♪

うむー。

『ビームスプリッタ+ナロー撮法』なかなか面白いではないかー。

さてと、落ち着いたら、今回初挑戦した「シャボン玉星雲」も処理ってみましょうかねぇ♪

※追記:ナローバンドでシャープに見える一要因として、星雲の光と比べて恒星の光はカットされやすいため、星像が引き締まって見えることも大きいと思います。

by supernova1987a | 2017-11-06 10:01 | 天体写真 | Comments(8)

GIF動画投稿のテスト

★エキサイトブログは好きなんだけど

3年前にブログを始めて以来ずっとエキサイトを使っていて結構お気に入りなんだけど、投稿できる画像が400kBまでという制限が痛いです。

・・・というわけで、そろそろサブサイトの整備に取りかかろうかと・・・


★アカウントだけ登録しているサブサイト

今のところ、サブサイトとしてyahooブログを設置していて、主にyahooブログに残したコメントから飛んでくるお客さんをメインサイトに誘導する入り口にしてるんですが、それだけではもったいないので、

「メインサイトに載せられないサイズの画像置き場」

として使えないか実験。
静止画なら、GANREFにリンク張れば良いだけなんですが、今やりたいのはGID動画。

先日来やっている自作霧箱で捉えた放射線の動画とか、シンチレーションに揺らめく星像とか、ASI174MCのシマシマノイズの様子とか、2MBあれば結構見やすくなるよなぁ・・・と。

★以下、自分用の実験です



うむ。結構見やすいなあ。
簡単なタイムラプスとかも、この手法でアップ可能だなあ。

つぶやき
一応『課金ユーザー』なので、アップロードできる画像サイズの制限を緩めて欲しいなあ、エキサイトさん♪



by supernova1987a | 2017-10-30 01:24 | 科学写真 | Comments(2)


タグ
最新の記事
記事ランキング
ファン
ブログジャンル
画像一覧
外部リンク